麻箒(あさほうき)ここの雑記帖

山口県産|京都市棲息|本・歌・歴史ラブ|「元うつ病です」と言っても信じてもらえないほど元気になった管理人の徒然ブログです

【2016_36】『はてしない物語』の効能

2016年10月29日 16時07分05秒 | つぶやきではない、普通の記事
※文庫版ではなく、単行本の話です。


まず、遠くから見ただけで、装丁だけでその本だとわかる。

ページを開けば間違いない。

文字の色で「どっちの話」かわかる。


電車の中、遠い席、『はてしない物語』を開いている女の子がいる。

ずっと読んでいる。

頭を上げずにずっと。

あの子は、今きっと、本の中にいる。
何て羨ましい。

普段の私なら、本をずっと読んでいる子供さんを見かけたら、きっと心配する。

「ずっと下を向いているけど、酔わないかな」
「乗り過ごしたりしないかな、大丈夫かな」

けれど、その赤い表紙の本を持っている人は、誰でも、羨ましい。

その赤い本の世界にいっていることが羨ましい。

『はてしない物語』は、いつでも私をただの、醜くて、ある意味健気な、本の虫にしてしまう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月26日(水)のつぶやき | トップ | 10月29日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやきではない、普通の記事」カテゴリの最新記事