生産技術科の一日

設計・製図・加工・制御・・・メカニカルエンジニア達の記録。現在名・・・メカニカルエンジニア科

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

技能照査 完了

2009年02月26日 | Weblog

月曜日に2名、火曜と水曜にそれぞれ1名ずつが実技課題の本試験を行いました。

標準時間は5時間でしたが、最短者で4時間20分、最長者は4時間45分でした。

寸法精度も、ほぼ満足できるできですが、中ぐりバイトの仕上げ面でビビリが目立つのは、いただけないところです。

修了まであと半月。訓練のほうも仕上げの工程に入ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

技能照査 自己採点

2009年02月22日 | Weblog

A君と、K君が、それぞれ2回分の練習を終え、各部の寸法を測定しているところです。公差範囲内なら減点無しですが、外れるに従って減点が増えていき、0.1ミリ以上だと最大減点となります。

寸法以外にも、ねじやテーパーのはめ合いや全体の出来栄え、作業時間による減点などもあります。

二人は、標準時間をクリアできているので、あとは寸法精度の問題です。月曜に本試験を行う予定です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エレベータ コントロールパネル完成

2009年02月20日 | バーチャルカンパニー

エレベータのコントロールパネルが、ようやく完成しました。

左の上から電源オンオフレバー、その表示ランプ、非常停止ボタン、中列がマニュアルモード時のフロアー選択ボタンと表示ランプ、右列がマニュアルとオートの切り替えレバー、四角のボタンがオート運転のスタート、ストップボタンという配列です。

はじめは、テプラのシールを貼る予定でしたが、せっかく作るのだからということで彫り込むことになりました。彫刻用のカッターがないので、面取りカッターで代用しましたが、先端が90度のため、わずかな切込みで線が太くなってしまいます。これは、0.05ミリの切込みで行ないました。

プログラムはAutocadとGetglyphとNCVCを組み合わせて作りました。Autocad以外はフリーソフトです。DXFファイルを読み書きできるCADソフトなら(できない方が珍しい)何でもできると思います。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

技能照査 実技課題

2009年02月19日 | Weblog

右の部品は、全て旋盤加工で作ります。ねじ、テーパ、溝入れ、段付きなど旋盤作業の基本要素が含まれています。難易度は技能検定の2級と3級の間くらいで、作業時間はおよそ2時間程度でしょうか。

相手の左部品は、旋盤加工で段とテーパの穴を仕上げ、フライスで四面を落とし一辺を55ミリの箱型にします。その後マシニングセンタで下穴をあけ、最後に手仕上げとしてハンドタップでM8のねじを立てます。

標準作業時間は5時間ですが、早い生徒だと4時間30分くらいで作ってしまいます。私が担当した中の最速タイムは3時間50分でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

技能照査の季節

2009年02月18日 | Weblog

今年も、いよいよこの時期がやってきました。生産技術科2年間の集大成となる技能照査の季節です。

 技能照査とは職業能力開発促進法第21条に規定され、訓練の修了時に行われるもので、職業訓練において習得すべき技能および知識を有するかどうかを判定するため、各職種について行なわれる照査(試験)のことです。

合格者には技能士補という称号が与えられ、将来2級または3級技能検定試験を受検する際には学科試験が免除されるという特典があります。

 生産技術科の技能照査は学科と実技があり、学科は全ての科目から100問、実技は旋盤、フライス、マシニングセンタ、手仕上げの総合的な技能を必要とする課題となっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エレベータ 2月10日まで

2009年02月11日 | マイコンカー

月、火の2日間でできたこと・・
電装作業(コンパネ材への電装部品取り付けと配線作業)とスイッチボックス作成。

 スイッチボックスに取り付けた電源オンオフの角型スイッチと、丸ボタンのフロアー選択ボタンと表示ランプです。後は2つのセレクタースイッチと非常停止ボタンを追加すれば完成となります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エレベーター 今週の成果

2009年02月06日 | バーチャルカンパニー

スクリュー式はすんなりと組み上がりましたが、あとの2台が大混乱。図面のミスや加工のミスが重なり、その修復に1週間を要してしまいましたが、なんとかここまでたどり着きました。

アルミチャンネル材を使ったコントロールパネルの切削をやっているK君。両側面を削り長さを出しています。

コンパネ材にタッピングビスでシーケンサーやリレーを取り付けるT君。

コンパネ上にレイアウトされた制御部品。右からシーケンサー、端子台、リレー、ブレーカースイッチです。

左が穴あけ前のアルミチャンネル材で、右がコントロールパネルの各種スイッチ、ボタン、ランプ類のレイアウトです。

 一番先に出来上がったスクリュー式を回路に仮付けして動作確認しているところです。うまく動作してくれました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加