生産技術科の一日

設計・製図・加工・制御・・・メカニカルエンジニア達の記録。現在名・・・メカニカルエンジニア科

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイコンカー Ver3 今週の成果

2008年06月28日 | マイコンカー

必要なすべての部品(ギヤ、Eリング、シャフト、ベアリング)が揃ったところで、最終仕様Ver3の製作に入った今週の成果です。

1週間の成果としてはしょぼいですが、今週から技能検定に向けての練習に取り組んでいるため、車の製作に時間を避けないという事情もあります。

さらに、回路とプログラムを担当するコンピュータ制御科でも今週いろいろなトラブルに見舞われたようで、ノイズの影響で突然動作しなくなったり暴走してしまったり、これまでの試行錯誤の中で受けたダメージで車体の先端部がガタガタになったことによるステアリングレスポンスの悪化で、まともに走行できなくなったりなどなど・・・悪夢の一週間だったようです。でも、そのおかげでトラブルの対処法をマスターできたようです。生みの苦しみといったところでしょうか。

来週から7月です。ピッチを上げていきたいところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライントレースカー Ver3

2008年06月23日 | マイコンカー

いよいよ、大会出場に向けたVer3試作車の製作に入ります。

製作台数は2台で、仕様を変えたtype1とtype2を作る予定です。

シャーシは共通でVer2と大きな違いはありませんが、大胆な肉抜きで軽量化としなりを持たせています。(ちょっとやり過ぎか・・・汗)

 

頼んでいる部品もそろそろ揃うので、何とか今週中(6月中)に作り上げ最終調整に進みたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライントレースカー

2008年06月21日 | マイコンカー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライントレースカー Ver2.5 その2

2008年06月19日 | マイコンカー

車体に変な挙動がないかを確認しながら徐々にペースアップし、これが今日のベスト走行です。

今回からコースも変更し直線、コーナーに加え2ヶ所のクランクが追加されました。

今後いくつかの改良を施したVer3の車体の製作と、大会に向けた走行プログラムのセッティングを煮詰めていく予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライントレースカー Ver2.5 初走行

2008年06月19日 | マイコンカー

Ver2の試作車に小変更を施したVer2.5が完成し、さっそくコースの試走を行いました。

まずは、ウォーミングアップをかねたチョー安全運転な初走行の模様です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライントレースカーVer2  その4 試走

2008年06月06日 | マイコンカー

ついに今日2号車が組み上がりコースの試走を行ないました。

制御系担当のS先生いわく、1号車と比べ走行時とくにコーナーリングでの車体の安定性が高く絶対スピードも明らかに速いとのこと。

最初は恐る恐る走行を開始しましたが、徐々にペースアップして最終的には秒速3.7メートルのセッティングまで試しました。

ライントレースカーにはド素人の私には、これが速いのか判断できませんがS先生によると試作2号車としては極めて上々の結果だとのこと。

まだ、いくつかの改善点と未セッティングの部分があるので、それを3号車に反映し上位入賞を狙えるマシンを作りたいと思っている次第です。

よぉーし、やる気がでてきたどぉ〜。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライントレースカー Ver2  その3

2008年06月05日 | マイコンカー

昨日紹介したアルミシャーシむき出しのボディに電子基盤が搭載され、さらに完成に一歩近づきました。

最低地上高さは前輪ギヤボックス付近の5ミリ、中央電池ボックス付近は約9ミリです。指が入りません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライントレースカー Ver2 仮組み

2008年06月04日 | マイコンカー

ライントレースカーの試作2号車のメカ部品がひと通り完成したので、さっそく仮組みしてみました。

 

となりの1号機と比べるとグッと足を踏ん張って獲物を狙う動物のような迫力を感じます。

生産技術科の仕事はここまでで、残った基盤の配線と先端センサー部の接続等についてはコンピュータ制御科に引継ぎとなります。

試走がとっても楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライントレースカー Ver2

2008年06月03日 | マイコンカー

8月末の大会出場を目指し、第2号試作車の製作に取り掛かっています。

Ver2では、これまでの経験を踏まえてシャーシ、ホイール、ギアボックスの新規設計とステアリング制御部の改造、電池ボックスのレイアウト変更などにより、軽量化、低重心化、ホイールベースの最適化などを行なっています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加