生産技術科の一日

設計・製図・加工・制御・・・メカニカルエンジニア達の記録。現在名・・・メカニカルエンジニア科

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メリーゴーランド 問題点と対策

2006年05月24日 | Weblog

仮組みで動作させたところ、四つの問題点が見つかり、メンバー全員で緊急ミーティングを行ないました。写真はそのときにリーダーが板書した対策図?です。いろいろなアイディアが出るものの、まだ見当はずれのものも多いような・・・。何事も経験経験。

1時間弱のミーティングの結果最終案がまとまり、昨日から早速加工班と図面変更班に分かれ作業に入ったところです。

何とか今週中に対策部品の加工を終え、来週早々(今月中)の完成を目指したいと思っています。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

下の写真の動画版です。

2006年05月22日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリーゴーランドの製作 4

2006年05月22日 | Weblog
パーツの加工が一通りおわり、仮組みした状態です。
この状態で動作させたところ、次々と問題点が続出。メンバーを招集し、早速緊急ミーティングの開始となった。バーチャルカンパニーの最も重要な部分なのが、問題点の洗い出しとその対策を全員でリアルタイムに行うことである。
このようなことを繰り返しながら、レベルアップしていくのでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修最終日

2006年05月21日 | Weblog
難削材と先端素材の加工技術をテーマにした研修の最終日です。
この研修は10名の定員に対して今回12名が参加しています。私以外は、皆さん企業の方で、製造をはじめ生産技術や開発など様々なセクションの人たちが集まっていました。
セラミックスをはじめとする特殊素材を、安定して加工成型する技術が世界に対する競争力になり、その先端技術を発展させるノウハウや技能が日本国内でのアドバンテージになるのでしょう。

トロコイド切削による高硬度材切削
060520_1511~01.JPG

ヘリカル切削による高硬度切削
060520_1511~02.JPG
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただいま研修中 2

2006年05月20日 | Weblog

2日目の研修が昨日行われました。
研修は午前2.5h、午後3.5hの6時間で、講義4時間、実験2時間という感じでしょうか。講師は狩野勝吉先生で、三菱マテリアルの技術顧問と産業技術総合研究所に所属し全国を飛び回っているようです。豊富な加工データを基にした話は説得力があり、多くのヒントがちりばめられています。

2日目の内容は難削材の基本戦略とトラブル対策で、これはS45Cをはじめとした一般鋼材の加工にも十分通用する貴重な内容でした。実験はエンドミル切削の倒れ現象の検証とステンレス鋼の微細穴加工でした。
微細穴加工
(ライトの当たっている部分に0.35ミリの微細穴が開いています。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芽が出てきました

2006年05月19日 | Weblog
 生産技術科の一期生が昨年の11月に植えた球根(カサブランカ)の芽が出てきました。
 10個の球根を植えるのに幅500mm長さ2000mm深さ500mmほど掘り、当校の樹木の枯葉を腐葉土にしたものをリヤカーに山盛り一杯入れました。芽が出ているのは8本です。????実は雑草を取っていた管理人の一人が、地中にあった芽を一つ誤って切ってしまいました。もう一本は理由は不明です。修了生に花を見せられないのは残念ですが、咲きましたらここに写真を載せて見てもらいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただいま研修中

2006年05月19日 | Weblog

5月18日から3日間、幕張にある高度ポリテクセンターで専門的な研修を受けています。
今回の研修のテーマは 難削材・先端材料切削/プロフェッショナル養成講座 で金型用鋼や各種工具鋼などの高硬度鋼とセラミックスなどの付加価値の高い新素材の切削加工に関する知識を習得しようというものです。

現在学校の加工実習では、S45C・SS400の鋼材が中心で、その他はアルミや銅合金などです。最近金型関係への就職が増えており、かたい材料の知識と切削経験が必要になっている。というのが受講のきっかけでした。

初日の昨日は、難削材の基本特性と切削抵抗を調べる切削実験を行いました。さらに、おまけとして切りくずの燃焼実験も行いました。3種の材質で行いましたが、チタン合金が白炎をあげ瞬間的に燃え上がったのは驚きでした。無人運転中に発火し油性の切削油に引火したら大変なことになります。
060518_1446~01.JPG 
060518_1455~01.JPG
060518_1455~02.JPG

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリーゴーランドの製作 3

2006年05月17日 | Weblog


ワイヤーカットで切り出した、メリーゴーランドを上下動作する部品を三本ロールにかけて曲げているところです。右のロールの間から入れて、斜め上方から抜け出てきます。左のロールの位置を上下動させることによりアールの曲率を変えることが出来ます。なんともアナログチックな機械?です。

IMG_4620.jpg

組み立てるとこんな感じになります。
だんだん形になってきました。

IMG_4623.jpg



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリーゴーランドの製作 2

2006年05月16日 | Weblog

無題1.JPG

メリーゴーランドを上下動するためのカム溝部品をワイヤーカットで切り出しているところです。これをロールにかけて曲げ、昨日紹介した部品の溝にはめ込み完成となります。

無題.JPG

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリーゴーランドの製作

2006年05月15日 | Weblog

Bグループが取り組んでいるメリーゴーランドの製作風景です。

 IMG_4608.JPG

直径240ミリ、厚さ2ミリのアルミ板です。端面上を円周方向に幅2ミリ、深さ1ミリのみぞ加工を旋盤でやっているところです。
成型した生爪でチャッキングしていますが、ワークが薄くシナリやビビリが発生するためボルトで2枚重ねて加工しています。
それにしてもデリケートな加工です。
IMG_4604.JPG


コメント
この記事をはてなブックマークに追加