女一人で地球散歩

2016年11月6日よりスタート!!!本能のままに!地球散歩へ行ってきます:)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バス移動

2017-02-13 07:20:07 | Zambia🇿🇲

放置してますが生きてます。
今は憧れのガラパコス諸島のサンクリストバル島にいます。
身体が今までにない程の黒さになってます。


1/20
楽しかった二泊三日のキャンプツアーの翌日。

今日は移動の日だ。

目指すはザンビア


位置的にはボツワナの上になる。





当初はザンビアに行かずにボツワナに行くつもりであった。
目的はボツワナでのサファリだ。


ケニア、タンザニアのサファリと比べるとそこまで知名度はないが、ボツワナにはサファリに適した公園がいくつかある。

中でも世界一の象の密集地と言われる「チョベ国立公園」。
ここに行きたくてボツワナに行くつもりであった。
しかしナミビアからボツワナへの交通手段はほとんどと言っていいほどない。
なのでヒッチハイクが主流らしい。


さすがに1人で、しかもアフリカでヒッチハイクをする勇気は無く、どうしたものかと考えていた。
旅の先輩に相談したところ、ザンビアとボツワナの国境付近に泊まり、そこから日帰りでチョベに行く方法があることを教えてもらった。

ザンビアとボツワナの国境付近にある街がリビングストンというところだ。
リビングストンからはビクトリアの滝にも行ける。

というわけで、次の目的地はザンビアのリビングストンになった。

リビングストンに決めたのはもう一つ理由があった。
砂漠ツアーから一緒の韓国人の二人組も、リビングストンに行くらしいのだ。

今更ながら彼らの名前を。
パー氏とリーだ。
パー氏はなんと60歳。
とてもタフで頼りになる、まるで父親のような存在だ。
リーは同い年の29歳。
見た目はいかついが、とても優しいジェントルマンだ。

三人でタクシーに乗り込み、バス停を目指す。

今回のバスはインターケープというアフリカのバス会社だ。
アフリカでは有名なバス会社らしく、多くのバスが出ている。





オフィスの周り。
リーが撮ってきた。





バスは午後3時発。

バス乗車。


ウィントフックからリビングストンまでは約1300キロ。
到着は翌日の午前11時の予定らしい。
つまり20時間バスだ。

乗客は欧米人、我々アジア人はごくわずかで、ほとんどは黒人の人たちで占めていた。


バスは度々休憩を挟む。

1度目の休憩でサンドイッチを購入する。

深夜にも何度か休憩をし、その都度こった体をほぐした。

明け方にバスはザンビアとの国境付近に到着。
ザンビアはVISAが必要になるため、代金の$50を支払い、入国手続きを済ませた。
$50って結構なお値段よね…

ナミビアからザンビアに入国する際、余ったナミビアドルをザンビアの通貨、クワチャに両替した。


というわけで、16カ国目、ザンビア!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同じ地球とは思えない場所 | トップ | いざ!サファリへ!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Zambia🇿🇲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。