女一人で地球散歩

2016年11月6日よりスタート!!!本能のままに!地球散歩へ行ってきます:)

あらゆる色の世界を楽しむ

2016-11-30 16:57:45 | Norway🇳🇴
11/28

Tromso発10時のバスに乗るため、宿を9時前に出発した。
薄暗い住宅街の中を、降ったばかりの雪を踏みしめながら歩く。



向かいには街並みの灯りが見える。
家々の灯りが湖に反射し、おとぎ話のような光景だった。
寒空の中の街の灯りは、なんとも暖かく見えるものである。


最大の難関である急斜面。
ここで何度も滑った。
もちろん今日も滑った。




雪だるまが作ってあった。
雪だるまのデザインは国によって違うのだろうか。ノルウェーの雪だるまはまつ毛重視らしい。そしてなぜか頭の上に鳥。

斬新だ…

思わずパシャり。



無事にバス停に着き、バスに乗り込んだ。


ここから4時間半のバスの旅だ。
バスにはトイレも付いているので安心。

窓から外の景色を眺める。
水面に映るノルウェーの山々は美しかった。
薄暗いとはいえ若干空が白んでいるので、見え方によっては山の斜面が水色に見えたりする。
雪の白、山の斜面の水色、湖の深緑。木々の黒。
地味な色の組み合わせだが、とても美しかった。






スノボで雪山に行くたびに、雪景色は見ているので見慣れているはずだが、ノルウェーの雪山はなんともいえない美しさであった。


日が陰り出し、水色に見えていた山の斜面の色はグレーに変わった。
湖の色も深緑から黒に変わり、今度はまるで水墨画のような光景が広がった。




白と黒だけの世界かと思えば、時折湖の麓に現れる家の黄色い光が、二色の世界に色を添えた。

時間とともに変化する景色に思わず見入り、窓の外をずっと眺め続けた。


私の隣には、通路を挟んで中国人と思われる若い女性が二人座っていた。
彼女たちも静かに窓の景色を眺めていたのだが、二人のうちの一人がやたらと写真を撮っていた。

美しい景色なので撮りたいのはわかる、しかし本当に撮りまくっていたのだ。


静かな車内には彼女のスマホのシャッター音のみが響き、その度に私は心の中で「パー子か!」と一人突っ込みをいれた。



バスは15分程遅れながらも、Narvikの街に到着した。
ここからまた19時間半の寝台列車に乗るため、スーパーで食材を買い出しに行った。
目ぼしいものが見つからず、オレンジと菓子パンという、栄養素を無視した夕食を購入し、寝台列車に乗り込んだ。
さよならNarvik。







Narvikからは私一人だった。
もしかしてこれは一人貸切か!?
テンションが上がるが、それからKirunaで3名乗車、そのあとも2人乗車し、満員御礼の6人となった。

行きは3人で気楽だったんだけどなぁ…

しかしメンバーは様々な国の人がいて面白かった。

フランス人の青年
エストニア人とスペイン人のカップル
ノルウェー人が2人

フランス人の青年も1人でヨーロッパをウロウロしているらしく、色々お勧め情報などを教えてもらった。
そしてもしフランスに行くのなら、トゥールーズがいいよ、と言われた。

フランスは全く行くつもりが無かったのだが、話しを聞くと少し興味が湧いた。


列車の中はWi-Fiはないため、本を読んだり音楽を聞いて時間を過ごす。
バスや列車を使うとどうしても移動時間が長くなるが、これを退屈と思うことは無い。
旅人と話したり、今後の予定を考えたり、はたまたひたすらボンヤリしたり。
贅沢な時間だと思う。


こうして日記代わりにブログを書けるのも面白い。
明日は再びストックホルム。
何か美味しいものでも食べようかしら。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノルウェーのうるさい夜 | トップ | 陸路だけど空港へ行ってみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Norway🇳🇴」カテゴリの最新記事