女一人で地球散歩

2016年11月6日よりスタート!!!本能のままに!地球散歩へ行ってきます:)

アシカの楽園へ

2017-03-20 21:28:48 | エクアドル
2/12

6時起床。

早めに起きたのには訳がある。


朝一のフェリーで私はサンクリストバル島に行くのだ。


ともくんはサンタクルス島に留まるため、1人で向かうことになる。




昨日の午後に、今日のサンクリストバル島行きのフェリーをゲットしておいたのである。

ともくんと一緒に行けないのは残念だが、ともくんの分まで動物たちに会ってこよう。




朝のフェリー乗り場。
夕焼けみたい。




見送りに来てくれたともくんに別れを告げ、フェリーに乗り込む。


フェリーは結構揺れたが、その揺れが心地よかったのか、すぐに寝てしまった。


あっという間にサンクリストバル島に到着!!!


港にはアシカ。




アシカ。




アシカ。





アシカ。





アシカ多すぎワロタ




いやはや、本当にアシカ祭りだ。
港にはゴロゴロとアシカが寝ている。


めぼしいホテルを探しチェックイン。
ここもキッチンが無い為自炊が出来ない。

ガラパコスのホテルは基本的に15$~が相場のようだ。
物価が高いのは承知だったが、実際に来ると物価の高さが身に応える…


荷物を置いてひと段落したので、島内を散策することにした。
中心街から2キロほど先にシュノーケルが出来る海があるらしいので、明日に備えて下見に行くことにした。


もちろん相棒の一眼レフも持っていったのだが、どうも調子がおかしい。





電源が入らなくなった。



絶望するがとりあえず散策を続ける。

やっぱりアシカ。




ビーチにアシカがいる。




アシカビーチを通りすがり、草むらを抜けて二つ目のビーチに到着した。




写真がない…(TT)



ここは静かなビーチで、泳いでいる人はほとんどいなかった。

そして水面にときおり現れる亀。



大好きな海亀が3匹もいたwww



こりゃぁ明日のシュノーケルが楽しみだ…



しばらく亀を眺めてニヤニヤし、元来た道を戻ってホテルに帰った。




小腹が空いたので、ホテルの近くのレストランでボロンを食す。







炎天下の中を歩き続けたせいか、身体が熱い。






軽く昼寝でもするか…








目覚めると夜の8時過ぎになっていた






一体どんだけ寝たのだ…




外に出る気にもならず、そのまま再び寝てしまった。


明日は一日海遊び♡




2/13


スッキリと目覚め、昨日ボロンを食べたレストランで再びボロンを食べる。
ちょっと豪華w





朝のサンクリストバル島。

早かったせいか全然人がいなかった。





可愛い看板。



OとBの間にアシカがw





しばらく町歩きをし、レンタルショップでシュノーケルセットを借りてきた。



今日は昨日下見に行ったビーチで、シュノーケルをしまくる!!!!





また亀と泳げるかもしれない…


想像するだけで興奮してくる…




カメラも治ったので、たまに撮影しつつウキウキで向かう。




アシカとイグアナ…



なんか気持ち悪い。



もちろんイグアナも







海に到着( ´∀`)








ん…?なんか昨日と違う…







潮が引いてる…




昨日は午後に来たため満ち潮だったが、午前は引き潮のため、水深が浅くて岩が露出していたのだ。


さて、どうしようか。




水かさが増すまで待つか否か。

しばらく浜辺に座ってボンヤリすることにした。







イグアナかっこいいなぁ






このまま待っていても仕方ないので、海に入ることにした。






海に入った。





波が高い。


というか荒れている。



入る前からなんとなく感じていたが、実際に入ると想像以上に荒れていた。
そして岩場だらけのため、なかなか深いところに行けない。
波が荒いため、水が濁っている。




無理にでも奥に行けば泳げたかもしれない。
しかし1人で来ている以上、何かあったら全て自己責任だ。


無理はやめ、ここで泳ぐのは止めることにした。

名残惜しいが無理は禁物だ。



ビーチをあとにし、アシカビーチに向かうことにした。





ここは波は穏やかなのだが、海底にはただ白い砂地が広がるばかりで、魚がほぼいない。
昨日たくさんいたアシカも、何故か今日はいなかった。


少し泳ぐがすぐに海から上がることにした。


街に戻り、もう一つのビーチに行くことにした。

そのビーチまでは街から5キロほどあるため、タクシーで向かうことに。





海に到着。










めちゃくちゃ荒れとる…




白波が立っている…

こんな状況で泳ぐなんぞ、自殺行為だ…



しかし海亀がいる…

アシカもいる…




ちょ、ちょっとだけ泳ごう…!!!



意を決して海に入る。









波ですぐに陸に押し戻された。




波が高い。
泳ぎたいがこれは無理だ。



諦めて海から上がり、浜辺からアシカと海亀を眺めた。








行きはタクシーだったが、帰りは歩いて街に戻ることにした。

街へと続く一本道。
こんな道を独り占めできるなんて、贅沢だなぁ。




小学校かな??
イラストが素敵。




街並みを楽しみながら、街に戻って来た。
夕方になると、浜辺はアシカで埋め尽くされるというサンクリストバル。



















めっちゃいるwww










ちょwこれはいすぎだろうwwww


気持ち悪いほどいるwwww







アシカを眺めがら、本当に凄いところまで来たなぁ、と感慨深くなった。



日本を旅立って3カ月。


行くとは思わなかったガラパコスのサンクリストバル島に来ているのだ。




日本は真冬なのに、ここは灼熱だ。
アフリカでも日焼けをしたが、ガラパコスではその倍日焼けしている気がする。



タンクトップでいたため、二の腕がものすごい勢いで日焼けをしている。

日本の友達に私とアシカのツーショット写真を送ったら、「現地の人かと思った」と言われるほどの黒さだ。





人生で一番日焼けをしたかもしれないな…




固まって昼寝をしているアシカたちを眺めながら、自分の黒々とした手足も眺めた。



サンクリストバルでは思う存分泳げなかったが、想像以上のアシカや海亀達に出会え、幸せな気持ちになれた。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンクリストバル島へ…? | トップ | ありがとう、ガラパゴス。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。