女一人で地球散歩

2016年11月6日よりスタート!!!本能のままに!地球散歩へ行ってきます:)

南米だけど日本人だらけの場所

2017-04-21 08:44:30 | Bolivia🇧🇴



3/2


バスは朝方にウユニの町に到着した。


ここ数年で、知らない人はいないと言っても過言では無いほどの注目を浴びているウユニ塩湖がある街だ。



街と言っても、本当にこじんまりとした小さな街で、着いた時は正直言って拍子抜けしてしまった。


バスを降り、予約しておいたホテルに向かう。



駆け込みで宿を探しても良かったのだが、この時期のウユニは観光客が詰めかけるため、ホステルに空きがないこともある、と聞いていたのだ。


心配性の私は念のため一泊だけホテルを予約することにした。





ホテルに到着。




ここのスタッフの兄貴も感じが良かった。
ホテルのスタッフって本当に大事よね。





チェックインにはまだ早いため、荷物を預かってもらい、ウユニの街を散策することに。




ホテルの前の大通りは、屋台がズラリと並んでいた。

衣服やら文房具やら電化製品やら、なんでもござれだ。


これだよこれ!!
こうゆう賑わいを求めていたのよ!!!



ラパスがあまりにも静かだったため、賑わいを見せるウユニの街に興奮した。




ブラブラと歩き回り、小腹が空いたので朝ごはんにすることにした。



見つけたのは体格のいいおばちゃんが道ばたでどでかい中華鍋で謎の肉とジャガイモを一緒に炒め、それをご飯に乗せたシンプルなもの。
油ギットギトだが、意外にうまい。
前に腰掛けるのは、地元のご婦人方。


2人で食べていると、野犬が周りに集まってきた。


ラパスは野犬が多い。

というか南米は野犬が多い。



しかし彼らとてもおとなしく、人に危害を加えることはまずない。多分。



おとなしくお座りをして、おこぼれを狙う彼ら。
そのうちの一匹がともくんに狙いを定めたらしく、ずっとともくんの側に座り、しまいには前足をともくんの腰に置いていた。
側から見たらなんとも微笑ましい光景だwww




お腹を満たし、再び屋台を覗いたり街中を歩いたりブラブラ。



そしてウユニ塩湖へのツアーオフィスに行くことにした。


この時期のウユニは本当に日本人だらけだ。
街中には日本人。
ツアーオフィスには日本人。
ホテルには日本人。


ボリビアにいるのに、変な感じ…_(:3」z)_




ウユニには日本人御用達のツアーオフィスが2つある。

「穂高」と「ブリザ」だ。

何故日本人に人気があるのかは不明だが、スタッフは日本人に慣れているらしく、日本人とわかると片言の日本語で挨拶をしてきた。


ともくんに聞くまで私は知らなかったのだが、ツアーにも種類があるらしい。


①サンライズツアー
深夜から明け方にウユニ塩湖で朝日を見るツアー

②デイツアー
午前から夕方くらいにかけて鏡ばりを見るツアー

③サンセットツアー
夕方から深夜にかけて夕日と星空を見るツアー




大まかに分けてこんな感じ。



私は鏡ばりのツアーしか知らなかったので、こんなにあるのかと驚いたが…




オフィスの前に紙を張り出し、希望者は名前を書く。
定員いっぱいになればいいが、定員に満たない場合はその分ツアー代金も上がってしまう。


我々はとりあえず既存のデイツアーに参加することにした。

張り出してある紙に名前を書き込み、代金を支払って申し込み完了だ。
あとは明日の出発を待つのみ。




この日は夜に雨が降った。
夕飯を取るために外に出たのだが、雨の中を濡れ鼠のように歩く様はなんともみすぼらしかった…



しかし雨が降れば、ウユニ塩湖の鏡ばりも期待できる。


そしてこの日はともくんの旅に出て七ヶ月記念!
ちょっと豪華に外食をした。
と言っても日本円で1500円くらい…??


店員さんは日本語を勉強しているらしく、日本語ではなんと言うの?と、色々訪ねてきた。




明日はいよいよウユニ塩湖…

実感が無い…_(:3」z)_



写真が無いなぁ…

なのでまりたんの写真を貼り付ける。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラパス散策。 | トップ | 死ぬまでに見たい光景ってあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。