女一人で地球散歩

2016年11月6日よりスタート!!!本能のままに!地球散歩へ行ってきます:)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パタゴニアを去る日。

2017-06-20 21:37:38 | Argentine🇦🇷
4/8

昨日のトレッキングの疲れを取るために、延泊。


今後のルート作成だ。



パタゴニア以降のルートは決まっているために、その後を決める必要がある。




私は南米の次はニュージーランドに行くつもりだった。


アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスからニュージーランドのオークランドまではエア・ニュージーランドが就航しているため、乗り換えなしで行ける。



早速チケットの検索。



「ブエノスアイレス→オークランド」


























片道で約11万円越え。











……















………


















高すぎワロタ:(;゙゚'ω゚'):












嘘だろ、なんでこんなに高いんだ…







距離があるとはいえこんなに高いのか…






そもそも私は移動の仕方がおかしい。


モロッコからいきなりナミビア、タンザニアからエクアドルと、長距離移動を重ねているため移動費用がかさんでいた。



そもそも南米から出るのはどこも高い。


日本へ帰るのにも、10万近くかかるのだ。



LCCが就航しているため、オセアニア地方はアジアから行った方が断然安い。





予想以上の高額チケットにかなり悩んでしまった。



こんなに高いとは…








ニュージーランドの後はオーストラリアに飛ぶつもりだったが、このままだとどちらかに絞るしかなさそうだ。





ニュージーランドは私の憧れの国だ。

美しい自然、優しい人たち。



ニュージーランドに行ったことがある人達は、みんな口を揃えてニュージーランドは本当にいい国だった、と言っていた。







悩んでも仕方がない。







行こう!!!!








清水の舞台から飛び降りる覚悟でチケットを購入した。



ニュージーランドまでのチケットを購入したところで、あとはニュージーランドでの周遊ルートを決めなくてはならない。


私は前もってルートを決めることが嫌いだ。
というか苦手だ。

ルートを決めても、ルートを通りに回ることはまず無いからだ。
気分が変わったり、出会った人にオススメ場所を聞いたりして、ルートはいつも変わる。




それなのに何故ルートを決めなくてはならないのには、訳がある。



ニュージーランドは、出国チケットが無いと入国出来ないのだ。




つまりブエノスアイレスの空港でニュージーランドからの出国チケットを提示する必要があるのだ。




限られた期間内でうまく回るには、ルートを決めなくてはならない。


なのであとはニュージーランドのルートを決めるのみだ。




リビングでPCを眺めながらひたすらルートを練っていると、いい匂いがしてきた。


キッチンで誰かが何かを作っているらしい。



いい匂いだなぁ、


そう思いながらPCをいじっていると、


「パンケーキを焼いたけど、食べる?」


と声がした。


顔を上げると、キッチンにいた金髪の女性がにこやかにこちらを見ていた。






断る理由などない、もちろん頂きます♡




彼女はドイツ人だった。
1人で南米を周遊しているそうだ。
今後のルートなど、お互いの話をしたところ、彼女はドイツのケルンに住んでいるそうだ。

ケルンは今回行きそびれた街だ。


いつかケルンに行ってみたい、と彼女に話すと、
「もし来るのなら、私が案内するわ」
と言って、連絡先を教えてくれた。





本当にドイツ人ってみんな優しい。




そのあと、トレッキングから金髪の女性二人組が帰ってきた。

彼女達はアップルパイを買ってきていた。


私がアップルパイを眺めていると、彼女たちが、


「一緒に食べる?」




と、一言。




もちろん頂きます♡♡♡




彼女達はスイス人とフランス人だった。

とってもフレンドリーな彼女たち。

アップルパイを頂きながら、お互いの国の話をした。





トレッキング好きな人は、本当にフレンドリーな人達が多い。




お腹も心も満たされたパタゴニアでの日々。



明日はついにパタゴニアを去る。



4/9


長いこと滞在したパタゴニアを去る日。


今日はエルチャルテンから、一気にブエノスアイレスまで飛ぶ。




空港はこないだまで滞在したエルカラファテにあるため、午前中のバスでエルカラファテ空港に向かうことに。



気づけば5日も滞在していたエルチャルテン…




物価がクソ高くてお財布的にはかなり大変だったパタゴニアだけど、この旅で来れてよかったなぁ。
お陰でトレッキングも好きになれたし。


果たしてパタゴニアにいる間にどのくらい歩いたのだろうか…

おそらく100キロは超えてるだろうなぁ…




バスに乗り込み、空港へ。






エルカラファテ空港はWi-Fiも電源があったので、PCをいじりながらのんびりと過ごす。





ここである人と待ち合わせ…












その人はもちろん…








ちーぴょん♡







彼女はエルチャルテンの後にエルカラファテに滞在しており、同じ日にブエノスアイレスへ飛ぶことになっていた。


彼女は我々より一本早い飛行機だったので、空港で待ち合わせをしていてのだ。





しばらく立ち話をし、彼女は先に搭乗ゲートへ…





簡単にチェックを済ませて我々も搭乗ゲートへと向かう。



階段に猫がいた。

なんで空港内に猫が…???笑






飛行機に乗るなんてかなり久々だ。

南米はずっとバスで移動してきたからなぁ…



若干緊張しながら飛行機に乗り込む。





エルカラファテからブエノスアイレスは約3時間。

出発が午後5時のため、ブエノスアイレスには夜の8時に到着だ。

本当はもっと早い時間の飛行機に乗りたかったのだか、安いのはこの時間しか無かったのだ…



この機内で偶然の再会があった。





南米旅の間に何度か見かけていた韓国人の青年だ。




しかもともくんのすぐ後ろの席に座っていたのだ。

これにはかなり驚いた。



一番最初に出会ったのは、ボリビアのラパスからウユニへと向かうバスターミナル。
もちろんウユニの街でも出会い、ウユニからアタカマ砂漠へと向かうバス、アタカマ滞在中に行ったツアー。


そして今度は機内で。



なんたる偶然だろうかw
彼ももちろん驚いていた笑





夜8時、飛行機は無事にブエノスアイレスのホルヘ・ニューベリー空港に到着した。




予約したホステルは、空港からけっこう遠いところにあったため、バスで向かうしかない。

しかしアルゼンチンのバスはチャージ式のカードでないとバスに乗れないのだ。

カードを買うのにもお金がかかるし、いちいち買いに行くのも面倒くさいため、バスに乗る際に前に並んでいたおじさんに声をかけ、現金を支払うから、我々の分も支払ってくれないか、とお願いしてみた。もちろんともくんが笑

(カードはグループのうちの1人が持っていれば🆗のため。)

おじさんは一瞬キョトンとしていたが、快諾してくれ、無事にバスに乗ることができた。



よかった…






ブエノスアイレスの治安はあまり良くないと聞いていたため、夜のブエノスアイレスを歩くのはかなり緊張した。



足早に歩き、無事にホステルに到着した。


近くのピザ屋で簡単に夕飯を済ませ、その日は就寝。



移動が続き、気が張っていたせいかすぐに寝入ってしまった…。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再びトレッキング | トップ | 綺麗な場所、そうではない場所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Argentine🇦🇷」カテゴリの最新記事