女一人で地球散歩

2016年11月6日よりスタート!!!本能のままに!地球散歩へ行ってきます:)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どんより空にカラフルな家

2016-12-01 17:48:57 | Denmark🇩🇰
11/30
今日は一日市内散策。
コペンハーゲンには二泊しかしないので、実質この日が最初で最後の市内観光になる。

市内に行く前に、中央駅で次の目的地であるドイツのハンブルクへのチケットを買いに行った。
チケットオフィスの人たちはみんな親切だった。
デンマークとドイツの間には海があるため、列車とフェリーで移動する。
なんでも列車がフェリーに乗って移動するらしく、興味をそそられたのでチマチマと移動することにしたのだ。

コペンハーゲン中央駅〜ハンブルク中央駅まで555デンマーククローネ。

日本円で約9035円



………。


値段に関してはもうノーコメントにしておこう。


チケットを手に入れたあとは市内散策へ。
相変わらずのどんより空だが、ノルウェーに比べればこんなの何でもない。



街中はどこもかしこもクリスマスモードだった。
電飾がいたるとこに飾ってあり、夜だと尚美しさを増すのだろう。




いつも人で賑わっている、ストロイエ。
レストランや店が所狭しと並び、多くの人が賑やかに歩いていた。



この寒さじゃ外には座りたくないが、素敵なカフェ。


名前入りマグカップ。
日本人のは無さそうだ。


またしても日本食屋を発見、その名も「bistro sushi」




寿司とビストロ?そもそもビストロってなんて意味だっけ?


ロイヤルコペンハーゲンのお店を発見。
興味は無いが、名前だけ知っていたので撮影。笑



小さいクリスマスマーケットがやっていた。
みんな午前中からワインやホットドッグで楽しんでいた。






そのままひたすら歩き、街並みを楽しむ。
コペンハーゲンはとても歩きやすく、街並みが本当に綺麗だった。
建物の間が狭く、キッチリと綺麗に歩道に沿って建っている。



そしてコペンハーゲンはチャリ乗りが多いらしく、自転車道もキチンと整備されている。
一般の人が生活するマンションも、煉瓦造りでお洒落であった。
ストックホルムのガムラスダンと少し似ている風景だったが、(家々がカラフルだったり、石畳だったり)個人的にはコペンハーゲンの街並みの方が気に入った。
歩道が広いし、方向音痴の私でも道がわかりやすかったのだ。

お散歩だろうか。
デンマークの子供たちも可愛かった。


ものすごい装飾のホテル。
是非アップにして見て欲しい。
ホテルに氷柱が…、そしてシロクマ。



博物館で何やら日本の企画展がやっているらしい。



そのまま歩き、コペンハーゲンで1番有名といっても過言では無いであろう、ニューハウンに到着した。(偉そうに言っているが、私はこの場所の存在をデンマーク訪問数日前に知った)
カラフルな家が並んでいるここである。
海外旅行好きの人なら、きっと知っているだろう。
どんより空だったが、噂どおりにニューハウンは心踊る場所だった。
ビビットな家がズラリと並び、軒先には多くのカフェ。







どんより天気の中だったが、多くの観光客がいた。
いちゃつきながら自撮りを楽しむカップルの脇で、私もルンルンで写真を撮った。

クルーズもやっているらしい。
乗らないけど。



柱に多くの南京錠がついていた。






ここで楽器を演奏している紳士に出会った。
遠巻きに見ていたが、クリスマスソングが聞きたくなり、コインを渡してリクエストをした。
彼は快諾してくれ、早速演奏してくれた。

ニューハウンに、優しいクリスマスソングが流れる。
足を止める人もチラホラ。
そのうちの若い女の子が、彼に近づいてスマホで動画を撮り出した。

彼はそれに気づき、彼女にポーズでも取るのかと思ったら、









「Hey!!!! stop it!!!」






と手で制した。





あれ…私も動画を撮っていたんだけどな…




お金を払わない人には、彼は冷たいらしい。



演奏が終わり、彼にお礼を言った。

とりとめのない会話をし、帰ろうかと思ったら、


「君にいいプレゼントがあるんだ」


と、彼が言ってきた。


プレゼント?なんだろう?


少しワクワクしていると、彼はおもむろにCDを取り出した。


「ほら、僕のCDだよ。僕は音楽家なんだ。君は音楽が好きそうだから」


え?タダ?と思ったが、そんなわけがない。
丁寧にお断りをして、その場を去った。


あやうく謎の男のCDを買わされるところだった。


再びに歩き出し、公園に着いた。
冷たい風が吹き出し、頰にぶち当たる。


寒い…


しかしノルウェーの寒さに比べればマシなもんだ。(二回目)




公園はあまり人がいなく、のどかな雰囲気だった。
この公園は港に面しており、ノルウェーのオスロ行きのフェリーが出港しているらしい。









船旅もいいよなぁ。
ぼんやりと港を眺めながら再び歩き出した。

そしてコペンハーゲンと言えば!!



人魚姫の像。






よく聞く、三大ガッカリ観光スポット、らしい。


ガッカリでもなんでも興味があるのでも行ってみた。
人魚姫の像は、公園の近くの海にひっそりと建っていた。

感想としては、別にガッカリはしなかった。

逆に景色の中に溶け込んでいて、なかなか美しく見えた。
ベンチに座って眺めていると、沈黙を破るかのごとく、中国人の御一行がやってきた。


ワイワイガヤガヤと賑やかに周りを闊歩し、静寂な空気は一気にぶち破られた。

人魚姫と自撮りをしたり、色々な角度から撮りまくったりと、実に賑やかだった。


しばらくそこにいたが、暗くなってきたので宿に帰ることにした。




途中で見つけたレストラン。
エロス…?





駅前近くに巨大なクリスマスツリーがあった。
下ではドラム演奏する若者が1人。



コペンハーゲン最古の遊園地、チボリ公園。
中央駅のすぐ近くにあるが、様々な絶叫マシーンもあるらしく、多くの人で賑わうとか。




たった二泊のコペンハーゲンだったが、市内は満喫できたと思う。

予備知識無しで行ったので、みはぐった場所もあるだろうが、結構満足した。
とにかく街並みが綺麗!!
建物が美しく、歩くだけでも充分楽しめる。
夏はカフェのオープンテラスなんか最高だろう。

物価は高い。
そして中央駅のトイレはやっぱり有料。
あまり長居できる場所ではないが、良いところでした。

明日は早起きのため早く寝る。

しかし共有スペースで夜中まで人が騒いでおり、全く眠れず…

ホステルあるある。
耳栓があって良かった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陸路だけど空港へ行ってみた

2016-11-30 19:53:22 | Denmark🇩🇰
11/29
列車は朝の10時半頃にストックホルム中央駅に到着。
ストックホルム中央駅。
スマホ撮影のため画質が荒い…




ストックホルムに着いたら、美味しいものを食べよう!と列車の中で意気込んでいたが、今後の予定や何やらをネットで調べていたら、そんな暇が無くなった。(列車内はWi-Fiが無いのでネットが使えなかったのだ)


結局マックでチーズバーガーセット。
45クローネ。
日本円で550円くらい。

日本と同じくらい?



12:21にコペンハーゲン行きの列車が到着した。
予約時にテーブル付きの席を選んだら、向かい合って座るボックス席だった。
しかも微妙に狭い。




普通の席にすれば良かった…


まぁでもこれでストックホルムからコペンハーゲンまで5時間弱で千円だから、我慢出来るレベルだろう。
そういえばナルヴィクからトロムソのバスは4時間半で五千円弱だった。
この差はなんだろうか…

スウェーデンとデンマークの境目の都市、マルメ




ウトウトしているうちに、周りの人は次々と降りていなくなっていた。


コペンハーゲンには17:23着予定。
コペンハーゲン〜、とアナウンスが流れたのでザックを背負って降りた。






というわけで、5カ国目、デンマーク!



ここでもやはりパスポート云々は何にもなし。
スタンプが欲しいのでちょっと寂しくもある…


デンマークの通貨もクローネ。
しかしデンマーククローネなので他の北欧諸国の通貨はもちろん使えない。
統一してくれれば楽なんだけどなぁ。


ホステルはコペンハーゲン中央駅から徒歩5分以内。
さっさとチェックインをして今度こそ外食しよう!
ルンルン気分でホームに降りた。

しかし駅名を記載されているボードに、




Airport


と書いてあった




Airport?


central stationじゃなくて?


疑問を持ちながらエスカレーターを上った。



上った先は…











コペンハーゲン国際空港だった。









ななななななんで空港!?






降りるとこを間違えたのか?
なんにせよ自分はコペンハーゲン中央駅ではなく、コペンハーゲン国際空港にいる。



間違えたものは仕方ない。
せっかくなので空港内を散策した。
ここもクリスマスモード。



そして空港スタッフが全体的にやる気が無さそうでウケた。


空港を満喫したので中央駅に戻ることにした。
しかしわからないので空港スタッフに聞く。


「中央駅に行きたいんですけど」

「電車で?」

「(他に行きかたがあるのか?)はぁ」

「2番ホームに行って」

と言って指を指された。
見た目通りにやる気がないなぁ。

念のためチケットを買う。
36デンマーククローネ

くそ、なんて無駄な出費だ…

悔しさに地団駄を踏むが仕方ない。
余談だが北欧列車は日本のように改札が無いので、極端な話誰でも電車に乗ることが出来る。
初めてストックホルムからナルヴィクへ寝台列車で向かったときも、何も確認されなかった。

無銭乗車する奴はいないのか?


ふと疑問に思ったが、時折急に駅員さんが現れチケット確認をすることがある。

ちなみにナルヴィクからストックホルムの寝台列車、ストックホルムからコペンハーゲンの列車のときは確認された。
無銭乗車がバレると高額な違約金を支払うらしく、何かあったら恐ろしいので、小心者の私はちゃんとチケット代を支払うことにした。


ホームに降りたが言語が難解だ。
ストックホルムにはスウェーデン語と英語の表記があったが、コペンハーゲンは英語表記がない。
英語もろくに話せないのだから、理解出来る訳がない。

とりあえず人に聞く。


人の良さそうなカップルに狙いを定め、聞いてみた。


「この電車って、コペンハーゲン中央駅に行くか知っていますか?」←前に停まっている電車を指差しながら

「うーん、この電車は行かないと思うよ。多分次の電車が行くと思うから待っているんだ」
人の良さそうな男性が答え、

「私たちもあまりよくわからないの…」
と、申し訳なさそうに人の良さそうな女性が答えてくれた。

次の電車とわかればそれでいいのだ。
2人にお礼を言い、駅のホームをウロウロした。



しばらくうロウロしていると、先ほどの男性に肩を叩かれた。



「あの電車、中央駅に行くって!」


わざわざ教えてくれた男性に感激!
やはり私の目に狂いは無かった!


2人のおかげで電車は中央駅に到着。
そしてチケットは確認されず。
なんのためにチケットが存在するのだろうか…

コペンハーゲン中央駅。
ここもクリスマスモード。
そしてやたら薄暗い。






中央駅からとは五分というホステルに到着、チェックインをして夕飯を食べに行くことにした。

米が食べたい…

どうにもこうにも我慢出来なくなり散策していると、日本食屋を発見した。

Osaka Sushi



写真はネットから


なんで大阪で寿司なんだ?
日本人から言わせるとツッコミどころ盛り沢山だが、米欲しさに入ることにした。

店員さんは中国人だった。
店内も洋風なんだか中華なんだか和風なんだかよく分からない感じだったが、ご飯は美味しかった。


90デンマーククローネ
約1460円



た、た、高い…

しかし久しぶりにお米が食べれたので満足。

ホステルのベットもフカフカでよく眠れた。

明日は市内散策に行こう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加