TRATTORIA MAGARI

大田区洗足池のイタリアン・トラットリアマガーリのブログ。「マダムのひとりごと」

モンドールの季節ですよ。

2016年10月11日 | マダムのひとりごと
モンドール別名ヴァシュランはスイスとフランスの国境近くで作られるワインで長年モンドールの元祖はうちです!!ということで争われておりますが、
元祖はどうでもいいのが食べ手ですよね。日本にはフランス産のそれが多く入荷されておりますよ。

一般的な形は、直径約15cm、高さ5cmほどの円盤状。“エピセア(epicea)”と呼ばれる、もみの木の樹皮で側面を囲まれ、さらにもみの木箱に入っています。というのも、木で囲っていないと
その形が保てないほどに中がとろ~と柔らかなんです。
マガーリが使うものはさらに大きな大判のもの。というのも大きい方が中のとろ~~~~~~~~とした部分が多くなりますので、ベターな熟成を遂げているというわけです。





ヴァシュランは8月中旬から翌3月までの限定チーズですが、美味しい!!と私がお勧めできるのは9月中旬からのものですよ。熟成でとろ~~~~~~とした感じが味わえます。

毎年熟成をお願いするのは学芸大にあるユーロアールの鈴木さん。私はこの方以外のヴァシュランは頂きません。
あまりに市販のものと差があるからです。

今年は3つを予約。13,16,19日に使う予定ですとお伝えしたところ、ではチーズにそれぞれその日付を書いておきますねとおっしゃいました。
ピタッとトロッとした食感を合わせてくださる熟成士が味方って幸せ~~~~~。日本に居ながら、ここだけプチパリです。

パリに行くと超スペシャル熟成士がいるチーズ屋さんに行きます。キャトルオムというパリの南にあるチーズ屋さんの地下に行った時はびっくり。全チーズに名前が書いてあります。
熟成したら、この人たちに連絡が入るのだろうな~~とうらやましく拝見しましたよ。

昨日の賄い;贅沢、秋刀魚とフォアグラの炊きこみご飯。オレンジの香りをつけてみました。もやしとピーマンなどある野菜と春雨を使ったナポリタン風。これ意外と美味しかった。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポルチーニ茸、秋刀魚、秋ナ... | トップ | 風のマジム~原田マハ著~ »
最近の画像もっと見る

マダムのひとりごと」カテゴリの最新記事