TRATTORIA MAGARI

大田区洗足池のイタリアン・トラットリアマガーリのブログ。「マダムのひとりごと」

不発弾~

2017年07月18日 | マダムのひとりごと
創業から100年以上の老舗電機企業「三田電機産業」。7年で1500億という途方もない額の「不適切会計」を発表したが、上場廃止にはならなった。その事に疑問を持った警視庁捜査二課のキャリア組小堀は、捜査を始める。その過程で、一人の金融コンサルタント古賀を見つけ出した。古賀は故郷の信金の理事長他、幾人をも自殺に追い込み、さらに炭鉱の街でバーを営む
その母親は不慮の死を遂げている。

が、結局小堀は古賀を追い詰めること、逮捕するには至らなかった。そこは皆さんのご想像通り、古賀の不良債権の飛ばしには政府の後押しがあってこそだったのです。

時価会計で物事をあからさまにしたらとんでもない負債が明らかになったであろうバブル期直後の日本。倒産する会社も多々あったかと思います。
この飛ばし(不良債権隠し)があったため、倒産は免れたものの、一方で失われた20年と言われるほどの最悪の景気を作り出してしまったと言ってよいかと思います。

今でも仕組債といういかがわしい商品で飛ばされた負債はどこかに隠されています。それはまさに金融界の不発弾。一回刺激を与えてしまえば、爆発するに違いないのです。

さて、それが日本一国をなくしてしまうほどの規模なのか?それとも、このまま静かに眠っていてくれるものなのか?真相は分かりませんが、分かっている一部の人達は
確実にいるというそんなお話し。金融のお勉強にもちょうど良い作品。

しかし、相場英雄さんは凄い。ガラパゴスもおススメですよ。

昨日の賄い:マーボー豆腐、空芯菜の炒め物、梅干し

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すべては準備 | トップ | とほほ続き »
最近の画像もっと見る

あわせて読む