TRATTORIA MAGARI

大田区洗足池のイタリアン・トラットリアマガーリのブログ。「マダムのひとりごと」

読んで飲んでみました。

2016年10月13日 | マダムのひとりごと

原田マハさんの風のまじむ。

上記は派遣社員だった女性が会社のベンチャー企画で沖縄醸造家による沖縄のサトウキビを使ったラム酒を作り社長になるまでのサクセスストーリーです。

で、モデルになったその方のお酒、コルコルというラム酒をさっそくいただいてみました。


アロマはクミン。ブーケは黒糖にハーゲンダッツのラムレーズンアイスクリーム。少々青い香、草の香りに最後に赤チンっぽい薬の感じがあります。

私、バブル期に凝ったお酒がシェリーとラム。シェリーは友人からお勧めされて。ラムは同期会などあると酔っぱらった勢いでバンバンいただいてましたね(^^)

その時のラムと比べると、このラムは実直な感じです。😋とかそうでないとかは別としてその出来は実に素朴でサトウキビで作っているんだよね~~~~~~というあおさと甘さが混在し、
頂いていて共感できます。

小説に出てくるのはサトウキビのジュースからダイレクトに作られるアグリコールラムですが、この赤ラベルは普通の製法、というと、一回砂糖を取ってからその絞り糟の糖蜜を発酵、醸造、蒸留するものです。
赤ラベルでも十分に社長さんのこだわりを感じますが、本当のアグリコールも本日飲んでみますね。緑のラベル。ふふ、楽しみです。

昨日の賄い:友人とランチで銀座三越内四川料理
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風のマジム~原田マハ著~ | トップ | ボブ・ディラン 風に吹かれて »
最近の画像もっと見る

あわせて読む