TRASHBOX

日々の思い、記憶のゴミ箱に行く前に。

もしもピカソのフランス語が完璧だったら

2016年09月19日 | ♪&アート、とか

先日録画したピカソのドキュメンタリー。本筋とは関係ないのだが「(ピカソは)フランス語が完璧ではないので、人前ではあまり喋らなかった」という話が気になった。特にアーティストやスポーツ選手などスペシャリスト的な人たちの場合、ある局面では、言葉のハンデがもたらすものがあるんじゃないだろうか。

ピカソだけではなく、母語がドイツ語で英語が完璧というわけではなかったピーター・ドラッカーや、大リーグで活躍する英語圏以外の出身の野球選手の活躍など、その視点で見ていくとちょっと興味深い。

もちろん言語によるコミュニケーションがスムーズにできることは素晴らしいし、また、「言葉じゃ伝わらないものがある」なんて思考停止に陥るつもりもない。ただ、ある種のハンデは、別のアウトプットにつながる可能性もあると思うのだ。

でも当然ながら、発信されるべき思想やアイデア、パフォーマンスを持ち得た者だけが実現できること。種蒔き前の土にいくら水をやっても何も生えてこないしね。

ところで、もしピカソのフランス語が「完璧」だったら、何かが違っていたのだろうか?作品への想いや意図を、もっと語ってくれたとか……というか、あの多彩な恋愛遍歴が、さらに壮大なものになっていたのかもしれないなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポンピドゥー・センター傑作... | トップ | ニュースの真相 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

♪&アート、とか」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。