I Didn't Know What Time It Was 時さえ忘れて

蕎麦 or うどん or ラーメン、それにスーパードライとジャズがあれば

「大吉」守山区 5th

2017-05-05 | うどん 市内
夏日が予想される今日のランチは、わざと辛いものをチョイス。ちょっと嵌っている「親父の情熱にこみ」600円だ。


一番乗りだったので、中ほどのテーブル席に着いて、ミニごはん付き80円とセットで注文する。ツレも同じオーダー。





紙エプロンをもらいしばらく待っていると、煮立った土鍋にごはん、それに天婦羅・漬物が載った盆が運ばれてきた。





とてもスパイシーで癖になる味。前は少し試しただけで今回初めて一杯食べるツレも、その魅力に引きこまれたようだ。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鉄板焼虎の子」尾張旭市 8th | トップ | 「雄岳」大府市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

うどん 市内」カテゴリの最新記事