アメリカ,ハワイで起業、ビジネス、インターン、婚活

アメリカ、ハワイでの起業、ビジネスやインターン、婚活を応援します。楽しみながら、一緒にがんばりましょ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長く愛しあえる理想の恋人の見つけ方

2010-12-17 13:39:19 | 国際結婚情報サービス
 誰もが理想の恋人を手にしたいと思っているはず。しかし、実際にはなかなかうまくいかないものです。長く愛しあえる恋人、後悔しない恋人をみつけるポイントはどこにあるのでしょうか。心理面から考察していきたいと思います。

 理想の恋人が欲しい、とは誰もが思うものです。ただし、それぞれの好みがあるため、一口に「理想の恋人」と言っても難しいところ。自由にさせてくれる人がいいという人もいれば、相手に束縛されていないと不安だという人もいるからです。

 しかし、恋人として長く付き合っていくためには、最低限押えておきたいポイントがあります。それは、長くお互いに愛し合えること、お互いを大事にすることができることです。ここでは、そんな相手をみつけるために、チェックしておきたいポイントをご紹介したいと思います。

長く愛しあえる恋人探し

 お互いに長く愛しあえる相手を見つけるために、交際前もしくは交際初期に、ぜひ下記のポイントをチェックしてみてください。ひっかかる点がある場合には、それをフォローするために、お互いに変わっていく努力が必要になる可能性があります。

1.相手と共通点が多いか

 心理学者バーンの実験で、人は態度や意見が自分と似ている人に好意を持ちやすいということが分かっています。意見や態度が全く違う人との恋愛は刺激的ですが、一時の熱が去った後では、好意を保つために努力が必要となります。態度や意見に共通点がある相手には、その人自体に好意を持つことができるため、環境や状況が変わっても、比較的恋愛は続きやすく、長く愛しあえる相手になるでしょう。

2.独占欲が強すぎないか

 好きな人であれば、ある程度は独占したいもの。そうはいっても、過剰に独占欲が強い傾向が見える場合は危険です。特に男性の場合、パートナーの外出先や持ち物をいつもチェックしたり、他の男性に会わないようにしたりする人は、そうでない人より肉体的暴力をふるう可能性が高いことが、心理学者シャッケルフォードの実験でわかっています。これは、暴力も女性を束縛する方法の一つだからです。最初はそんな傾向が見えなくても、独占欲が強すぎる場合は、注意したほうがよいでしょう。

3.得られるものが同等になる相手か

 恋愛関係では、人は喜びや満足感、自分の労力や時間などをお互いに与えあいます。心理学では、この「自分が得られるメリット」と「相手が得るメリット」が同等になるよう関係を人は好むと考えられています。逆に言うと、どちらかが優位すぎたり、どちらかが不利すぎる関係は、続かないということです。理想の恋人というと、尽くしてくれる相手や高嶺の花的な美人を想像する人もいるでしょう。しかし、その際には、その人と付き合ってあなたが得た満足と同じだけのメリットを相手に返す必要があります。これは、実は結構大変なこと。実際には、対等の魅力、対等の人間関係を保てる人のほうが、自然体で長く付き合える理想の相手といえるでしょう。

4.友達、家族との関係性に納得がいくか

 相手が友達や家族とどういう風に付き合っているかは、自分と合う相手を探すポイントになります。恋愛が盛り上がっているときは、お互いにいいところばかりを見せようとしがちです。しかし、その熱が落ち着いてくると、関係性は親友、家族のようなものになって落ち着いていきます。その際に、相手とその周りの関係性は、そのままあなたと相手との関係性になる可能性が高いでしょう。ですから、親に威張っている、いつも友達におごってもらっているなど、気になるところがある相手は要注意。逆に、周りとの関係性があなたにとっても理想的であれば安心です。

ジャンル:
海外
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 要チェック!結婚できない10... | トップ | 広がる貧困と結婚できない人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際結婚情報サービス」カテゴリの最新記事

トラックバック

お墓 見積り 比較 (お墓 見積り 比較)
人間はやはり人間として人と人とのがりで生きていければ幸せであると思います。