日本語と英語の翻訳専門(Japanese and English translator)

専門分野 (特許、統計、環境、エネルギー、軍事、途上国支援など)
(関心分野:電力自由化とインフレターゲット)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

月18〜20万円じゃ一人暮らしが難しい理由

2016-10-08 18:47:45 | 経済
学生時代の感覚では足りないはずがないのに、社会人になって月20万円だと一人暮らしが難しかった理由を考えてみると、学生のときにはかからなかったものがいろいろ必要になるからだと思います。代替、物価は上がってるのに、給料は何十年も前から変わっていないこと自体がおかしいんですが。。

通勤の電車代 2万円(学割がなくなるため)
食費(会社の飲み会や友人とのカフェなどの情報交換などつきあいが増える)1〜2万円
友人の結婚式など突然の出費 年に数万円
学生時代のように休みがないので休暇がとれると旅行にいきたくなるため旅行費 年に数万円
通勤のために必要な化粧品代、ストッキングやオフィス用の洋服、美容院など 毎月 1〜2万円
住民税 年末に12万円程度
学食みたいに安くないので、ランチ代も500円ではおさまらないので、毎日千円くらいはランチ代だけでかかるので、2万円

これだけでも平均して毎月8万円以上は学生時代よりかかる費用が増えていることがわかりますね。

学生時代はメイクや服も適当でいいんですが、女子って大変ですね。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足りないくらいがちょうどいい | トップ | 都内の停電は、電線設備の老... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL