日本語と英語の翻訳専門(Japanese and English translator)

専門分野 (国際ニュース、経済、統計、エネルギー、鉄道、金融、特許など)
(関心分野:新エネルギー)韓国語も勉強中。

都内の停電は、電線設備の老朽化によるものだったそうです。

2016-10-17 11:25:11 | 経済
http://www.sankei.com/affairs/news/161014/afr1610140005-n2.html 自然エネルギー会社が、送電線新設費用を負担しないので(予定では2020までの予定)すでにそのコストの負担のひずみが発生していると思います(本来交換すべき部分の交換が遅れてしまうので)。自然エネルギーを推進する人たちは、電柱や電線も30年は長持ちするから大丈夫と全く心配するそぶりも見せませんが、このような状態でいいのでしょうか?点検や保守の人員の費用も、大手電力会社だけに負担をしいて平気な顔をしているのは誰でしょうか?そもそも2020年まで発送電分離を先延ばしにしている政府にも問題があるのだと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月18〜20万円じゃ一人暮... | トップ | 再生可能エネルギーを電車で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL