TRANSIT OVERNIGHT HOTEL
〒904-0324 沖縄県中頭郡読谷村長浜1661-1 YOMITAN TRANSIT

宿泊に関するご予約・お問合せ
お電話の場合:098-958-6552
メールの場合:transit.overnight.hotel@gmail.com

インターネットによる宿泊予約サイトはこちらからどうぞ


このホテルの名前で検索いただいている方が結構いらっしゃるようで。
本当にありがたい限りです。

セカンドハス・サバナから3年近く。

トランジット・カフェがプロデュースする宿泊施設
「トランジット・オーバーナイト・ホテル」
2016年7月、読谷村にてオープンいたします!

ホテル外観です。






ホテル裏側です


1階はホテルレセプションの他、
宿泊のお客様の朝食会場にもなる「レガリア・オキナワ」
初の和食店舗「天婦羅とワインの店 風待月(かぜまちづき)」
沖縄スウィーツショップ「DAY OFF TODAY?」も入っています。

夕方になるといい感じです。




「WELCOME BACK! TRANSIT OVERNIGHT HOTEL」
ホテルのエントランスです。




ホテルレセプションです。
チェックインはこちらにてお手続きをお願いいたします。




1階から2階へ上る階段が、アートしてるでしょ!




お部屋の客室プレートは、地元読谷村で育まれた
読谷山花織(ゆんたんざはなうい)をあしらいました。



お部屋はセミダブルのツインルーム。
シングルのエキストラベッドを加えて最大3名様までご利用できます。
ペット同伴での宿泊可能なお部屋は1日2部屋限定となります。




ガラス張りのバスルームです。





こだわりのホテル・アメニティー。
一流ホテルでのお取り扱いも多い商品なのです。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローションの4点セット。
お気に召した方には、レセプションでの販売も行う予定です。




部屋のテラス席から見える景色です。
パノラマに広がる景色と東シナ海に沈みゆくサンセットをお楽しみください。




おっと、ここは…
宿泊してからのお楽しみということで。




レガリアで召し上がっていただく朝食です。
毎日メニューが変わります。




いかがでしたでしょうか?
全く宣伝してなかったから、
沖縄はハイシーズンだというのに、まだまだ客室に余裕ありです。

沖縄にご旅行の予定を立てている方に、
ぜひぜひご紹介お願いいたします。

みなさまの、ご予約お待ちいたしております。
2016年07月04日 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2~3週間ほど前、トランジット・カフェに
テレビ番組のロケでお越しになられたいっこく堂さん。
その模様が今週日曜日にオンエアされるらしいです。



6月5日(日)午前10:00
テレビ朝日系列「極上!旅のススメ」。

尺はわかりません。
ちらっと、とは思いますが…。

トラジ、全国デビューです。
2016年06月03日 コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




セカンドハウスサバナが終了して5年。
読谷村に登場する「TRANSIT OVERNIGHT HOTEL」。
トランジット・オーバーナイト・ホテル。

小さな宿泊施設ではありますが、
読谷ののどかな風景と海、そして圧巻のサンセットを臨む
ちょっとこじゃれたホテルです。

ご予約前から
たくさんのお問合せを頂戴しております。
本当にありがとうございます。

先日建物壁面に設置したホテルのサインも点灯のテストを行いました。




こちらが2F部分の見取り図となっております。
全て同じ間取りではありますが
2Fに3室、3Fに3室の合計6室。



とりあえず、トランジット・カフェのホームページにて
宿泊予約を6月13日(月)よりスタートいたしますので、
皆様のご予約、心よりお待ち申し上げております。
2016年06月01日 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




沖縄梅雨に入っちゃいましたね。
空もどんより、ジメジメな日が続くと思うと、
気持ちも沈みがちですが、
そうも言ってられないくらい、お尻に火がついちゃってます。

7月1日のグランドオープンまであと40日ちょっと。

工事現場の足場はまだ組まれてはいるものの、
かかっていた幕が外され、その外観がお目見えしております。

いったいどんな感じになるのか…。

ちょっとだけ、ご紹介させていただきますね。

こちらがメインエントランスにあるホテルのフロントです。
チェックインは午後3時、チェックアウトは午前11時となっております。





こちらはホテル客室のベッド&リビングです。
セミダブルのツインベッドと、ソファ&ローテーブル、ワークデスク。
壁掛けのTVに、IHのミニキッチンや冷蔵庫、電子レンジも設置されています。
このリビングの広さは15畳。
テラスも結構広めにとっていますので、のんびりできそうです。




ガラス張りのバスルームからも
オーシャンビューなロケーションをお楽しみいただけます。
シャワー浴びるときはロールスクリーンおろしてくださいね!




東シナ海に太陽が沈みゆくサンセットタイム。
こんなシーンをお楽しみいただけますよ!




そして宿泊いただいたお客様の朝食会場であり、
メインダイニングとなる“Regalia Okinawa PRIVATE RESORT DINING”
2003年オープンのトランジット・カフェからスタートし、
2009年オープンのトランジット・カフェ パークサイド
そして2011年オープンしたSEAGARDENと
トランジットのDNAを引き継いできましたが、
2016年夏、これまで以上の進化を遂げたリゾートカフェ&ダイニングが誕生いたします。



店内だけのビジュアルになりますが、
全面ガラスは、天気のいい日はフルオープン!
最高の沖縄・島時間をご提供いたします!


場所はこちら!
この夏、沖縄へのご旅行を計画されている方はもちろん、
沖縄在住の皆様も、ぜひぜひお越しくださいませ!





COMMING SOON !
DON'T MISS IT !
2016年05月18日 コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




トランジット読谷プロジェクト!
グランドオープンまで2ヵ月ちょい!
工事も急ピッチで進んでおります。

晴れたので写真なんぞ撮ってみた!



真っ青な空に、
白の外壁と3Fから3箇所に縦に組み込まれる
ウォールナットのルーバーが、
きっとオサレな佇まいを演出してくれることと思います。




こちらの現場写真は、1Fのメインダイニング。
海側も通路側も折り畳み式のガラス張りにて、
過ごしやすい日は全面開放予定で、リゾート感たっぷりです。
きっと…。




2Fのオープンテラスバーから見える景色です。
50名近くが収容可能なバーになります。
週末にはDJがプレイしたりと、
読谷村にはちょっと似つかわしくないであろう、
ちょっとアゲアゲなスペースになりそうです。


工事現場なので、いまいちパーッとしませんが、
7月1日のオープンに向けて取り組んでおりますよ~。

あ、こちらホテル&各飲食店舗のオープニングスタッフは、
だいたい採用が終了していますが、
(正直こんなに応募があるとは思いませんでした)
!Fのメインダイニング・レガリアオキナワだけは、
朝から深夜まで営業しているため、スタッフ数も他より多く、
洋食キッチン、バーの正社員
キッチン、バー、ホールのアルバイトスタッフを募集しています。
詳しくは弊社HP
もしくは
ウェブアグレでどうぞ!
※お仕事検索で、キーワード“トランジット”と入力したら、
募集要項画面が出てきますよ!

やる気がある方、ぜひ!
特に、朝食時間帯に勤務できるアルバイト&パートの方大募集デス!
給与も弾んじゃうぞ!


で、なんだかんだと5月に入ろうとしていますが、
店の予約&ホテルの予約問い合わせのお電話も入ってきております。

ホテルのご宿泊につきましては、
5月20日頃に弊社ホームページに宿泊予約サイトを開設し
オープンを迎える7月1日以降の予約を受け付けしたいと思っておりまして、
ダイニング及び和食店舗につきましては、
6月1日からお席の予約を受けたまわる予定です。
シーズン及び曜日にもよりますが、
平日1室2名様朝食付きでお一人様9,900円が基本価格となっております。
ペット同伴の場合は1泊小型犬3,000円、中型犬以上5,000円です。
ペット同伴の場合はご利用できるお部屋の数に限りがあります。

また、ウエディング・パーティーのお問い合わせも頂戴しておりますが、
基本価格は、北谷の姉妹店・SEAGARDENと同じようなプライス&内容でスタート予定です。

また書き込みますんで、
皆様からの励ましのコメント、応援のコメントお待ちしておりまーす!

さてさて、今から打ち合わせです。
ホシザキ中部営業所に行ってこよーっと!
2016年04月26日 コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






トランジット・カフェの目の前に広がる海を、
店のテラス席に設置したカメラで24時間ライブで配信中!

キラキラ輝く夏の海。
サブサブいっちゃう白い波。
テクテク走るアメリカ人。

砂辺の防波堤の日常がここに。

沖縄はもう夏です!

そしてなんといっても
東シナ海に沈む圧巻のサンセットが、
全国にいながらも、
この映像でリアルタイムでお楽しみいただけます!

沖縄に旅行の予定がある方もない方も。
トランジット・カフェが大好きな皆さんも。

ちょこーっと覗いてみてください。

トランジット・カフェでまったりしちゃう
旅行気分になっちゃうかも、です。

「AmebaFRESH TV」のこちらからどうぞ!
2016年04月07日 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






トランジットの読谷プロジェクトも進行中!
気づいたらオープンまであと3カ月ちょっととなりました。
建設工事は3F部分のホテル客室に着手。
オープニングスタッフ募集のお知らせも
求人情報誌アグレやハローワークに加え、
なんと工事現場に張り出したので、現場見にきて応募してください。
明るいのが一番!笑顔が大事!
未経験でも興味あればぜひ!
かなり積極的に採用しちゃいます!


さてさて、「トランジット・カフェができるまで」も第4回です。

物件が決まり、
どんなメニューにするか、
どんな雰囲気の家具を置くか、
どんなお客様が来るのか、
頭の中のイメージをブラッシュアップさせて大学ノートに落とし込む。
自分だけが読めればいいわけで、思いついたら即ノート。
ただのなぐり書き。


さてさて。
トランジット・カフェが世の中にデビューする
運命の2003年3月1日を迎えることになったわけですが…。

まあ、とにかくお客様は少なかったですね。
ほんと数える程度。
そういう不遇の時代が続いたので、
お客様に来ていただける有難さというのを痛感したし、
その思いだけは今も変わりません。

こんなこと書いてもいわゆる商売した人なら皆が同じように言うでしょうけど、
私が心底ありがたいと思うその言葉の奥には、こういう事情があるからなのです。

私のことを誰も知らない沖縄で商売を始める。
つまり、信用が全くないということである。ゼロである。
ゼロということは、料理の材料や酒の仕入れも現金で買えるスーパーや酒屋のみ。

お客さんが来ないということは売り上げが上がらない。
売り上げが上がらないということは、料理の食材やお酒を買えるお金がない。
仕入れが少ないということは、提供できる料理も限られる。
せっかく来てくれたお客様を満足させれずに帰してしまう。

すっごい、負のスパイラル。

何度も巻き込まれそうになりました。

例えば今手持ちの現金が僅かでも、
“掛”で仕入れることができる取引先があれば
材料費の支払いが翌月に持ち越せるからいいんだけど、
信用がないから、現金の買い物で頑張るしかなかったんですよね~。


俺、思いました。
俺、誓いました。
「トランジット・カフェさんと取引したいのでなんとかお願いします」という
そんな業者さんたちを、いつかいっぱい作ってやるぞ!と。

その昔「1:多の関係を構築すべし」という内容の本を読んだことがある。
そう、「1」が自分(の店や会社)です。

簡単に言えば、あなたは「選ぶ側か」「選ばれる側か」ってことなんです。

横柄に聞こえるかもしれませんが、低迷していた時代が長かったせいもあり、
ビジネスを健全に進めていく上で
店をどんどん成長させていく上で
とても重要なファクターだと考えています。


例えば店がすっごく人気になって、いろんな人から注目されて、評判もすごくよくて。
そんな店を業者さんが放っておくわけがありません。

どうぞ、私たちの商品を仕入れてもらえませんか?
他のどこにも負けないような価格も設定させてもらいます。
配達時間は極力合わせますので希望を言ってください。
支払いサイクルはそちらの条件に合わせます。

などなど、スペシャルな営業トークが盛りだくさんだったりします。

信用って大事です。
でも、これって日々の積み重ねでしかできないし、
ふとしたことで信用なんて一気になくなったりもします。


おかげさまで、現在ではこの会社も、多くの会社や商店と取引させていただいています。
先述したような評判のいい人気店というレベルにはまだまだほど遠いですが、
現金での仕入れしかできなかった時代を思い出すと、
沖縄の皆様から少しは認めていただけたのかなと思っています。

本当にありがたいことですし、
対外的なこういう関係が構築できているのも、
わざわざ店に足を運んでいただいているお客様がいるからこそです。

この気持ちを、全スタッフと共有できれば、
会社も店も、もっと素敵になれるはず。

まだまだこれから。頑張っていきます!


不遇の時代が続く2003年~2004年。
次回第5回は、「まつくん、仕掛ける!」をお届けいたします。
2016年03月28日 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ツヤに言えば…
その人と自分の人生がクロスするということ。

大げさに言えば…
その人との出会いが、
自分の人生を変えることもあるということ。

採用面接とはそういうものだと感じている。

採用面接って、会社が応募者を選んでいるんじゃない。
応募者が会社を選んでいるんだと思う。

応募者の方のこと、たくさん知りたいから
いろいろな話は聞きたいと思っていますが、
彼らに伝えなきゃいけないのは、
聞いてもらいたいのは、
この会社が何を目指して、
どこへ行こうとしているのかということ。

そんなやりとりの中で、はじめて
「ここで働いてみたい!」のスイッチが入るんじゃないかなと。
だからこそ、一生懸命伝えなきゃと思っています。

先日5日(土)に面接をさせていただいた3名の応募者の皆さま、
年齢、世代、キャリアもバラバラですが、
3人に共通して感じた事…
一緒に働いてみたい!
一緒に作り上げてみたい!

頂戴したご縁をこれから大切にして、
力をあわせて頑張っていきたいと思っています。



あ、そういえば、これもまた偶然で、3人様とも
このまつくんブログも読んでいただいていたようで…。
ありがたや~。

やっぱ、ちゃ~んと更新せないかん!
自分でケツ叩いてでも
更新するっちゃ!
すぽっちゃ!

5月上旬まで、読谷プロジェクトの採用募集を受け付けておりますので、
沖縄はもとより、全国からのご応募お待ちしております。

はっきり言っておきます!

オープニングは本当に本当に大変だけど、
自分たちの力で作り上げていく達成感と、
これまで読谷になかった空間だと思いますので、
そこで携わる仕事は、きっと面白いと思いますよ~!

応募要項は、弊社HPの採用情報を参照してくださいね。
2016年03月06日 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






暦は冬から、春へ。
そして春から、夏へ。
3号店となるSEAGARDENのオープンから5年。
2016年夏、Transit CafeのDNAを引く継ぐ新しいブランチが、
本島中部読谷村の海を臨む高台に登場します!

場所…〒904-0324 沖縄県中頭郡読谷村長浜1661-1
交通…瀬名波入口バス停徒歩2分(終点読谷バスターミナルの1つ前のバス停です)
県道6号線ファミリーマート読谷長浜店の奥になります。





東シナ海を一望するサンセットタイムは、
トランジット・カフェに負けず劣らずの大迫力!
まさに、サンセット・シアターなのです。




6月初旬の完成、7月1日のグランドオープンに向け、
現在急ピッチで工事が進んでいます!
お近くにお越しの際は覗いてみてください!






●こちらが、新店舗の概要です。

2F~3F
【TRANSIT OVERNIGHT HOTEL】
北谷町砂辺のトランジット・カフェ上階にて営業していた1日1組限定の宿泊施設「second house Sabana(セカンドハウス・サバナ)」が、装いも新たにより進化して、読谷村にオープンいたします。今回の宿は全6室オーシャンビューのロケーションで、サバナ同様ミニキッチン、調理器具、食器類なども完備した長期滞在も可能なコンドミニアムスタイル。部屋は46.4㎡(内テラス17.4㎡)と、一般のホテルに比べても広い空間となっています。本島中部では希少なペット同伴OKのホテルです。本島中部に位置し、観光地へのアクセスも良く、敷地内にはコンビニエンスストアもあり、宿泊客にとって利便性も抜群です。

1F~2F
【Resort Dining REGALIA & OPEN TERRACE BAR】
ホテルのメインダイニングとなる「REGALIA(レガリア)」では、イタリアンをベースに地元食材をアレンジした創作料理を中心に、朝7:30から深夜24:00まで営業。昼はランチのセットメニュー、夜はアラカルトのディナーメニューや、記念日使いにピッタリのフルコースディナーをご提供します(開業当初、朝食は宿泊客のみに提供いたします)。レストランウエディングにも力を入れ、本格的なコーススタイルのパーティーから1.5次会や2次会などのカジュアルなパーティーまで対応していく予定です。また、2階のオープンテラスバーは名のごとくルーフ(屋根)がないオープンエアのバーになります。食事前のアペリティフバーとしてはもちろん、パーティーなどの貸し切りも可能です。1階80席、2階40席。

1F
【天麩羅とワインの店・風待月(かぜまちづき)】
弊社が手掛ける初めての和食の店となります。お客様が座るカウンター越しのスペースにて、目の前でアツアツ、サクサクの沖縄県産食材を中心とした旬の素材の天麩羅を1品ずつご提供していきます。また天麩羅のコースとは別に、和のテイストを取り入れたサイドメニューも充実させていき、ワインとのマリアージュを楽しんでいただきます。全16席(カウンター8席・テーブル8席)

1F
【DAY OFF TODAY?】
“Ryukyu Organic”をテーマとしたテイクアウトショップ「DAY OFF TODAY?」は、県産のフルーツや野菜を丸ごと搾った酵素ジュースやスムージーとして提供するテイクアウトのジュースバーです。またそれと並行して、現在イオンライカム及びイオン北谷にて販売しているグラノーラなどの有機スウィーツ他、クリスマスやバースデー、各種記念日のケーキなどの製造販売をします。このブランドのアンテナショップとしてネット通販にも力を入れ、沖縄から日本全国の皆様へ私たちの商品をお届けしていきます。


●募集要項
オープニングスタッフとして、この場所で勤務してみませんか?
正社員、アルバイト同時募集です!
採用情報・募集要項はハローワークに掲載しています。





各職種の応募詳細につきましては下記ハローワークのホームページよりアクセスください。一番下の求人番号欄に、記載の「ハローワーク求人番号」を入力していただくと、詳細が掲載されています。
求人番号検索


①洋食キッチンスタッフ【正社員】
■ハローワーク求人番号
47020-2841361
■勤務店舗
Resort Dining REGALIA
■仕事内容
イタリアンをベースとした創作料理の調理及び仕込み、在庫管理、
発注業務、新メニュー開発
■給与
月給180,000~250,000円
■就業時間
6:00~15:00 / 10:00~19:00 / 16:00~25:00
※三交替シフト制
※休憩60分
■採用人数
7名


②和食キッチンスタッフ【正社員】
■ハローワーク求人番号
47020-2843261
■勤務店舗
天麩羅とワインの店・風待月(かぜまちづき)
■仕事内容
コースの天麩羅及びサイドメニューの調理及び仕込み、在庫管理、
発注業務、季節ごとのメニュー開発
■給与
月給180,000~270,000円
■就業時間
15:00~24:00
※休憩60分
■採用人数
2名


③バーテンダー【正社員】
■ハローワーク求人番号
47020-2844561
■勤務店舗
Resort Dining REGALIA及び2Fオープンテラスバー
■仕事内容
ドリンクメニューの制作、サーブ、仕込み、在庫管理、発注業務、
季節ごとのドリンクメニュー開発
■勤務店舗
REGALIA及び2Fオープンテラスバー
■給与
月給180,000~230,000円
■就業時間
9:00~18:00 / 16:00~25:00
※シフト制
※休憩60分
■採用人数
2名


④ホールスタッフ【正社員】
■ハローワーク求人番号
47020-2859361
■勤務店舗
Resort Dining REGALIA、オープンテラスバーまたは風待月
■仕事内容
席までのご案内、料理・お飲み物のオーダー受け及びサーブ、
会計、予約受付などフロア業務全般。
■給与
月給160,000~210,000円
■就業時間
6:00~15:00 / 10:00~19:00 / 16:00~25:00
※三交替シフト制
※休憩60分
■採用人数
4名


⑤パティシエ【正社員】
■ハローワーク求人番号
47020-2863861
■勤務店舗
DAY OFF TODAY? 及びResort Dining REGALIA
■仕事内容
有機素材を使ったスウィーツやレストランで提供するデザートの製造、
メニュー開発
■勤務店舗
DAY OFF TODAY? 及びREGALIA
■給与
月給200,000~240,000円
■就業時間
10:00~19:00
※休憩60分
■採用人数
1~2名


⑥ホテルフロントスタッフ【正社員】
■ハローワーク求人番号
47020-2860561
■仕事内容
電話及びインターネットでの予約受付、チェックイン・チェックアウト対応業務、
販売部屋数の管理、ルーミング、客室メンテナンス業務、旅行エージェントへの対応等
■勤務店舗
TRANSIT OVERNIGHT HOTEL
■給与
180,000~220,000円
■勤務時間
7:00~16:00 / 11:00~20:00
※シフト制
※休憩60分
■採用人数
2名


⑦洋食キッチンスタッフ【アルバイト】
■ハローワーク求人番号
47020-2842661
■勤務店舗
Resort Dining REGALIA
■仕事内容
グランドメニューの調理補助及び仕込み
■給与
時給800~1,000円(22:00以降1,000~1,250円)
■就業時間
6:00~25:00の間の5~6時間勤務
※休憩30分
■採用人数
3名


⑧和食キッチンスタッフ【アルバイト】
■ハローワーク求人番号
47020-2850661
■勤務店舗
天麩羅とワインの店 風待月
■仕事内容
グランドメニューの調理補助及び仕込み
■給与
時給800~1,000円(22:00以降1,000~1,250円)
■就業時間
15:00~23:00の間の5~6時間勤務
※休憩30分
■採用人数
2名


⑨バーテンダー【アルバイト】
■ハローワーク求人番号
47020-2852561
■勤務店舗
Resort Dining REGALIA及び2Fオープンテラスバー
■仕事内容
ドリンクメニューの制作、サーブ、仕込み、在庫管理、発注業務
■勤務店舗
REGALIA及び2Fオープンテラスバー
■給与
時給780~900円(22:00以降975~1,125円)
■就業時間
10:00~24:00の間の5~6時間勤務
※シフト制
※休憩30分
■採用人数
2名


⑩ホールスタッフ【アルバイト】
■ハローワーク求人番号
47020-2856961
■勤務店舗
Resort Dining REGALIAまたは風待月
■仕事内容
席までのご案内、料理・お飲み物のオーダー受け及びサーブ、
会計、予約受付などフロア業務全般。
■給与
時給750~850円(22:00以降937~1,062円)
■就業時間
6:00~24:00の間の4~6時間
※休憩30分
■採用人数
6名


⑪パティシエ見習い【アルバイト】
■ハローワーク求人番号
47020-2857161
■勤務店舗
DAY OFF TODAY? 及びResort Dining REGALIA
■仕事内容
有機素材を使ったスウィーツやレストランで提供するデザートの製造及び仕込み
■給与
時給800~900円
■就業時間
10:00~19:00の間の4~6時間勤務
※休憩30分
■採用人数
1~2名


⑫店舗販売スタッフ【アルバイト】
■ハローワーク求人番号
47020-2848961
■勤務店舗
DAY OFF TODAY?
■仕事内容
“酵素ジュース”や各種スムージーの製造及び販売、フルーツや野菜の仕入れ、
ネット通販注文管理等
■給与
時給750~800円
■就業時間
10:00~19:00の4~6時間
※休憩30分
■採用人数
2名


⑬ホテルフロントスタッフ【アルバイト】
■ハローワーク求人番号
47020-2845461
■仕事内容
電話及びインターネットでの予約受付、チェックイン・チェックアウト対応業務、
客室メンテナンス業務
■勤務店舗
TRANSIT OVERNIGHT HOTEL
■給与
時給750~800円
■勤務時間
7:00~20:00の間の4~6時間
※休憩30分
■採用人数
2名


⑭客室・館内清掃スタッフ【アルバイト】
■ハローワーク求人番号
47020-2846761
■仕事内容
ホテル客室・バスルームの清掃、ベッドメイク、タオル・シーツ交換、
アメニティの補充、1Fトイレ清掃等
■勤務店舗
TRANSIT OVERNIGHT HOTEL
■給与
時給800~900円
■就業時間
10:00~16:00の4~6時間
※休憩30分
■採用人数
2人


●応募資格
キッチンスタッフ及びパティシエは職種経験者または今春調理関連の専門学校卒業者。
アルバイト採用につきましては学生及び主婦の方などもドシドシご応募ください。

●待遇について
・通勤手当…距離に応じて支給(上限毎月18,700円迄)※マイカー通勤可
・正社員:社会保険完備 アルバイト:雇用・労災保険加入
・ユニフォーム支給
・食事つき
・週休2日制(シフト制)
・6ヵ月後の年次有給休暇日数…10日
・個人の能力や業績に応じて各種手当あり(特別手当/職能手当/役職手当)
・育児休暇制度あり
・正社員登用制度あり

●応募方法
応募にはハローワークの紹介状が必要です。
履歴書(写真貼付)に紹介状を添えて下記へ電話連絡または郵送の上ご応募ください。
尚、就業開始日は6月初旬を予定しています。

【郵送の場合】
〒904-0113 沖縄県中頭郡北谷町宮城2-220
(株)沖縄トランジット・ソリッドオフィス採用課

【電話の場合】
TEL098-936-5076 (トランジット・カフェ)


●面接会場
〒904-0114 沖縄県中頭郡北谷町港15 シータイムビル2F
SEAGARDEN(シーガーデン)
2016年02月28日 コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




とりあえずの北谷砂辺エリア狙いで物件探しを試みる。
徒歩で散策。

真っ青な海。

照りつける太陽の光。

本当にいい場所!


真っ白な歯とのコントラストに、美さえ感じる
ごっついガタイの、黒人のあんちゃん。

露出の多さに、目のやり場に困ってしまう
パツキンのおねえさん。

本当にいい場所!


しかしながら、こんないい場所に、
そんなタイミング良く空き物件などあるはずもない。

あるとしたら、訳ありだ!事故物件だ!


現在トランジット・カフェが入っているビル2Fでは、
その昔CAFE DECO(カフェ・デコ)という店が営業をしてて、
沖縄旅行で偶然見つけて、ただの客として訪れたことがある。

記憶ではテラスは床に小上りがあって、靴を脱いであがって座る。
テーブルはちゃぶ台チックな低いやつ。

目の前には海。
目の前にはちゃぶ台。
もう、なんでもありだ!

本当にいい場所!

とりあえず、今回は物件探してるので、
純粋な客のふりして情報収集である。

この店のオーナーさん、というかこのビルの大家さんでもあるんだけど、
海沿いはとにかく民家ばかりで物件自体が少ないから
範囲を広くするなりした方がいいと。

できればこの店が理想なんで、
J-WALK的に言えば、
“私に貸してくれませんかと言えなくて、夏…”である。

一応、足跡は残すべきだと、今後何かしら情報くれるかもしれないと、
「本当にいい店!」「自分でやるなら、こんな店が理想です!」と
気持ちを伝えて、店を後にした。

その後2~3日かけて北谷エリアの物件を扱う不動産会社を回る。

沖縄の人はみんな温かいとか言うじゃない!?

俺、あれ嘘だと思う。

「いちゃりばちょーでー」じゃなくて
「じぶんでやーれー」な感じがした。

たぶん推測だけど、
俺みたいな沖縄で店やります!みたいな若い奴らが
内地からたくさん沖縄にきて、店開いたんだと思う。

でも、商売がうまくいかなくて、
こっそり内地に帰ってしまい、音信不通。
踏み倒された家賃、そして後片付け。
飛ぶ鳥後あとを濁しまくりな、こういう奴らいっぱい見てきたから、
どんな熱い思いがあっても、話半分って感じじゃないのかなあ。
俺がその立場でも、そうなると思う。


でさ、家も店も賃貸するときには
保証人つけていても、
それとは別に「保証会社」っての通さなきゃいけなくて、
それには驚いたね。
少なくとも福岡にはないシステムだった。
保証会社にもしっかりお金とられたばい。

要はさっきの話じゃないけれど、
損失をこうむらないためのリスクヘッジとして
作られたものじゃないのかな?

くれぐれも言っておきますが、
あくまでも私個人の推測。
あくまでも私個人の印象。

話は戻るけど、北谷エリアの物件、回ってみて
あるにはあるんだけど、なかなかピンとこない。

不動産会社に連絡先伝えて、一旦福岡へ戻る。
収穫ゼロ。


3カ月が過ぎた。
1本の電話が入る。
北谷の不動産会社からである。

前回おっしゃっていた、あの海沿いのカフェの店舗、
オーナーさんが、本業が忙しくなったので、貸してもいいと。

私のところに連絡が入る少し前から、
地元の賃貸情報雑誌には、貸し物件で出ていたようで、
何人か問い合わせがあって見にきたとのこと。
あんなにオーシャンビュー!
パツキンに鼻血ブー!
こんないい物件が、どうしてか決まらない…。

ちなみに、事故物件ではない。すまん、しつこい俺。

なぜか?

ネックは家賃だった。

自称28坪の広さで、家賃は32万円!
坪単価1万1500円。

今だったら誰もが速攻借りると思いますが、
当時と現在では近隣の状況が全く違うわけで。

あの頃あった店…
トランジットカフェの隣の居酒屋“目からうろこ”
浜屋そば、その隣に富士屋、
カレーのふぁぶもありました。

でもそれくらい。

外人のマンションなどほぼ皆無。
海沿いは荒れ放題の空き地、
“湯”という文字が描かれた9回建ての廃墟ビル。

通りも真っ暗で、商売するには結構厳しいかも的雰囲気もあり、
そこにきての那覇の相場を超える家賃は厳しいわけで。

商売している人が二の足踏むぐらいの家賃なのだから、
素人の私が借りるなんて身の程知らず、
破滅への道まっしぐらだっつうの。

情報いただいて借りたいとは思ってたけど、断念した。
みんなもきっとこう言うはず「それ、正解!」

そしてこう言うわけ
「最初なんだし、家賃5万円ぐらいの小さな店から、手堅くやればいい」
「軌道に乗れば、店を大きくしていけばいい」と。

でもね、思った。考えた。
それじゃ、つまらん。
全くおもしろくない。
このままだと「YOUは何しに沖縄へ?」ですよ、全く。

いったい何にビビッているのか?

「毎月32万円もの家賃を滞納せずに支払い続けるのは無理である」
その考え方が、僕の思考能力を完全にストップさせているのである。

確かに、この家賃は現実なんだけど…。
「じゃあその家賃を払うには毎月の売り上げはいくらだったらいいわけ?」
「その売り上げをあげるためには、どんなものを出したらいいわけ?」
「要するに払えればいいわけでしょ?」
「結局、あんたここじゃなきゃ、嫌なんでしょ?後悔するんでしょ?」

いったい誰にイラついているというのか…。

僕は未だに何かあるときは自問自答ばかりしている。
弱い自分、煮え切らない自分に喝を入れるべく
“一人張本さんごっこ”をしているのである。

その家賃の高さに一旦はあきらめたこの物件。
結局そのオーナーさんが
引き続き店やるようなことになったみたいだったけど。

「妥協はしたくない、後悔したくない」
その気持ちが勝ったんだと思う。
気づいたら、そのオーナーさんに便箋何枚も手紙書いてた。

男から男へのラブレター。
いわゆる店に対する熱い思いってやつ。
ここじゃなきゃ、やっぱりダメだって。
まさに恋綴り。

そのオーナーさんに福岡からの熱い気持ちが届いたのか、
家賃ちょっと下げていただいて、お借りすることになった。

もともと施工関係のお仕事されていたので、
内装なども低予算で快く引き受けていただいた。

さっき、沖縄の人、印象悪かったって書いたけど、
私、撤回いたします!
みんないい人!ゆいまーる!


後になって言われたことだが、
「飲食店の経験がなかったことが、よかったんやね」
「こんな高い家賃とこの立地じゃ、飲食店経験してたら、まず借りん」と。

知らないことが、偶然にも功を奏したことで、
まつくんの人生は、トランジット・カフェとともに動き出すのである。

つづく


今日のまとめ。

物事は、ひとつの方向からばかり見てはいけない。
世間の常識や価値観に惑わされてはいけない。
決めるのはあなた。
責任をとるのもあなた。
だから、根っこの部分は絶対に妥協すべからず。
2016年02月06日 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2001年10月、会社を辞めた。
地元の大学を卒業して13年程お世話になった会社を辞めた。

働きづめの毎日だったけど
本当に楽しく、仕事ってこんなに面白いものなのか!と感じる日々。

でも、いつの間にかやりたいことや目標が目の前から消えた。
気づいたら会社で起こる全てのことに、心も体も疲弊していた。

迷いはなかった。
そしてしばらくは働くことを辞めようと心に誓った。

38歳、独身・プータロ。

結果次のスタートを切るまで1年半もかかったけど、
私にとっては、これからの自分の生き方を見つけるうえで、
頭の中をニュートラルにできる、本当に必要な時間だったと思う。
退職後、間髪入れず働いていたら今はなかっただろうなあ。

プータロ生活から約半年、これからの自分に2つの選択肢。
1つは、今までの経験を活かし、地元福岡で編集プロダクションの道を行く。
もひとつは、未知数だが、
1度は住んでみたいと思っていた沖縄移住&カフェ開業。

さっきは「迷いはなかった」と書いたけど、
ここでは迷った。
マジ、迷った。

結果、翌年沖縄に移住することにはなるけれど、
不確定要素&不安要素バリバリながらも、移住へと突き動かしたもの。

自分に問いかけてみた。
「結果はわからんけど、後悔しない道はどっちだ?」
最終的に人生を決めた軸はこれだけ。

自分のことを誰も知らない、ましてや組織の肩書などない
福岡から遠く離れた土地で、自分の力で勝負して結果残してみたいって。
結果さえ残すことができれば、
これまでの13年の経験は全て価値あるものだったと思えると。
何の取り柄もない自分を、自分自身が受け入れられるかもと。

自分とは?を見つけるための
アイデンティティー探しだったんですね。

沖縄移住計画の一歩を踏み出すにあたり、
最も重要なのがカフェを出店する場所。

前回の記事でもお伝えしていましたが、
どんな店をやりたいかは、
大学ノートに書きなぐってましたね。
売り上げとか原価もできるだけ詳しく。
料理、スタッフ、厨房機器や客席の配置、営業時間、客の雰囲気…。
結構ディテールも詳細です。
ここまでくると完全な妄想族!

出店の場所は最初から北谷で決め打ち!
旅行で何度か来てみて、沖縄の中で一番しっくり来た場所。

当時那覇新都心も開発が進み始めた頃で、
「これから目覚ましい発展を遂げますよ」と言われたけれど、
「沖縄にわざわざ移住して那覇はないやろ、福岡と変わらんやん」と思ったし、
北谷も美浜のような開発が進んでる人工的なとこじゃなくて、
砂辺の、ペインティングされた防波堤のあるあの風景や
体中にベタベタとまとわりつく海風に心奪われたわけで。

このあたり、やばい。
半端ない穴場感。
半端ない異国感。

2002年6月。
本腰を入れてカフェオープンに向けた初のリサーチのため沖縄へ。
旅行を含めばかれこれ5度目の沖縄本島。

オープンまであと9カ月。
まつくんは、砂辺で運命の出会いをします。

つづく。


今日のまとめ

何かをやろうと決めたとき、
そしてその中で様々な壁にぶち当たったとき
「そんなの無理だ」「できっこない」と思う人は、
考えること、努力することを放棄しています。
まずはどうすればクリアできるのか考えてみてください。
結果を出すことは大事ですが、
とことん考えたか、
力の限りやってみたかの方がもっと大事なことなんです。
そしてその努力こそが皆さんの心のエネルギーとなって、
“未来を切り開いていく力=突破力”へとつながっていくと確信しています。

「何事もやる前から無理だと思うな!無理と思った瞬間に成長は止まる」
2016年02月03日 コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




最初にお伝えしておきますが、
私、Transit Cafeをオープンするまでは、
福岡でサラリーマンをしていて、
飲食業は全くの未経験だということです。

つまり脱サラ独立組です。

というわけで、シリーズ第1回。
タイトルは少し軽めに変更しました~。

さてさて。ここから本題。
「いつか飲食店やりたいんだよね」と言ってる人、
皆さんの周りにも結構いたりしませんか。


「飲食店やりたい」という気持ちは同じなのに、
やっちゃう人と
やっちゃわない人
その違いって、いったい…。

夢を語るのはいいけど、
夢にさえなっていないような安易な理想なら
語らない方がいいです。

「いつか」なんて言ってはダメです。
「いついつ迄に」って言わないと。

店やりたいと思うなら、せめても
●いつ(時期)
●どこで(場所・立地)
●誰が、誰と(スタッフ)
●何を(業態・メニュー)
●どれくらいの規模で(店の大きさ)
●どのように(開店までの今後の段取り)
●いくらで(開店コスト)

最初は漠然としてても全然構いませんが
上記のポイントは少なくとも常に頭の中で考え
イメージしておくことが、とっても大事。
そしてノートにどんどん書くべし!
間取りや料理やスタッフのユニフォームや、
なんでもかんでも、ランダムに。
自分さえ読めれば、なぐり書きで大丈夫。

でも、そんなこと言われても
「常にイメージしてるなんて無理」って思ってる人には
きっとこれが不足しているんじゃないかなと思います。

●なぜ(動機)

要は本気かどうかってことです。

やりたいやりたいって言ってるけど、
あなたに本気でやってく覚悟があるのかい?

そういうことです。


というわけで、今日のまとめ。

「○○したい」はただの願望、
したい=夢=ビジョンになっていますか?
なりたい自分、やりたいことを常に想像してください。
漠然としたイメージからスタートして、
頭の中で描いている夢を
より具体的にブラッシュアップさせていくことが重要です。
いつかなれる。
きっとなれる。
そう強く願い続けていけば、
あなたの脳がそこへたどり着くための道を自然に切り開き、
どうすればいいかという、アクションのスイッチを押してくれます。
自分の可能性や力をもっともっと信じてみてください。
人の可能性は無限大です。

「強く願えば必ず叶う!未来を生きる理想の自分を常に描き続けよ」

次回からは、トランジット・カフェがどのように生まれ
今日に至ることができたのか、
過去を振り返りながら、お届けいたします。
独立開業を目指す皆様に役立つ情報をお伝えできたらと思ってます。
2016年02月01日 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




SEAGARDENのオープンから5年。
長い沈黙を破り、今年の夏には新たな事業展開も決まり、
この春からは新しい体制で臨むべく。

これからも会社へ在籍し業務を継続してくれる
スタッフへの感謝とそれぞれへの期待を伝えつつ。
5日間に渡る社員との個人面談が、昨日終了しました。

ちょっと長かった…。
でも、なかなかこういう機会ないから、
話してて楽しかったです!

で、私自身、
自分が何をやるべきかを、この面談を通して考えておりました。

経営者とはいったい何か?
そしてこれからの未来をどう切り開いていけばいいのか…。

迷った時には原点に立ち戻るべし。

これまでの自身を振り返りながら、
飲食業を通して私なりに経験したり、大切にしてきた価値観を
様々な切り口で、シリーズでお伝えすることで、
私自身もその意味をもう1度考えてみたいと思います。

これから独立して店を開きたいと思っている方々の
何かしらのお役に立てたら幸いです。

では、2月1日(月)から10回シリーズぐらいで
随時アップしていきますので、
よかったら覗いてみてくださいね!

なかなか更新せずに、停滞していた“まつくんブログ”ですが、
よいやく本格的に再始動しま~す。
2016年01月30日 コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりの投稿になります!
最近、トランジット・カフェが作ってるグラノーラ、
イオンのどこで売ってるの?
そんなお問い合わせをよくいただいておりまして、
そういえば、ブログではインフォメーションしてなかったなと思いまして、
遅ればせながら、ではございますが、お知らせいたします。



まずはイオンライカムの売り場ですが、
食料品売り場(スーパーマーケット)の
野菜関連が置かれているあたりを目指してお越しいただくと、
オーガニックのコスメなどが置かれているスペースが
通路を隔てて隣接しています。
そちらの一角にて販売中です。
上記の写真の売り場になります。




こちらはイオン北谷店の売り場です。
1F正面入り口をまっすぐ進んでいただくと、
オーガニックマーケット様がショップを出しておりまして、
そちらに間借りさせていただいております。




そしてトランジット・カフェのホームページでも、
カード決済などオンラインで購入できるページも新しく作りました。
大人気のチーズフォンデュもこちらでお買い求めいただけます。
こちらです


写真のような詰め合わせなど、
ちょっとしたギフトや、結婚披露宴の引菓子などにもピッタリで、
これまでも多くのご注文を頂戴しています。
詳細は上記サイトcontactより、メールにてお問合せください。




トランジット・カフェがプロデュースする
オーガニックブランド“DAY OFF TODAY?”は
“カラダに優しい”“内側から美しくなる”をブランドのキーワードとして、
保存料や添加物を一切使用しない、
安心安全で、なおかつ美味しくカラダが元気になる商品を、
ひとつひとつ手作りしています。

ぜひ一度ご賞味ください!
2016年01月17日 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






本日はシーガーデンからのイベントのお知らせです。

先月、台風で延期になってしまったイベント「浴衣で」が
きたる9月23日(水)に決まりました!
今度こそ台風が来ませんよーに!皆さんのご来店をお待ちしてます。

【日時】
9月23日(祝) 17:00〜23:00

【会場】
SEAGARDEN(北谷町港15シータイムビル2F)

【料金
お一人様3,000円
※2ドリンク付+ブュッフェ料理
※浴衣着用でお越しの方は1ドリンクサービス‼︎


【ゲストDJ】
Tetsushi (RYUKYU DISCO )
Naoya (Bar zona Torrida 代表)
DJ AYA 他

【ブュッフェ料理メニュー】
・カマンベールチーズフォンデュ
・焼きズワイガニ
・和牛すじ肉の煮込み
・ブルーシュリンプとフレッシュトマトの冷製パスタ
・オリジナル寿司ロールその他5品

【エクストラ・メニュー】
牛ロース肉のグリル ガーリックバターソース…1,000円


皆様のご予約をお待ちしております!

イベントの問合せ
SEAGARDEN(シーガーデン)
TEL098-926-2755(15:00以降)
2015年09月11日 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


<p> </p>