閑話休題~いづのブログ~

行ったとこ・出会った人・見たもの・直したもの・食べたもの・感じたこと・・・ほぼ毎日楽しい話題をUPします



奥津発電所バットレス構造の調整池

2017年06月17日 14時06分35秒 | 産業遺産・近代化遺産・遺構
奥津温泉 のすぐ近くに

昭和7(1932)年2月に運転を開始した


奥津発電所(出力:7,400kW)

があります

ここまでは先日足を運びました


























その時は上流の調節池までの道をあきらめましたが

本日はダムの相方に連れて行ってもらいます















奥津発電所バットレス構造の調整池








調整池は バットレス構造とラーメン構造を複合した高架水槽

国内でも珍しい構造物です













国の登録有形文化財に登録されています














普段訪れる人はめったにない施設なので

写真で一緒に雰囲気を楽しんでください





















































堤頂を歩くことも バットレス構造をまじかに見ることもできません


















池の向こうにあるバッチャープラントらしい遺構も

遠くから眺めるだけ























ただ2人のシャッター音と水の音










昭和8(1933)年に作られた

水力発電の歴史を知る上で貴重な建造物のある風景です













『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津山口駅(つやまぐちえき)前 | トップ | 「じゃない方」の、鳥取の浦安駅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。