鉄道・バス 1人旅.

趣味の鉄道・バスや1人旅,日頃の出来事についても記載していきます.

JR東日本,輸送障害対策で折返し機能強化へ

2017-03-07 23:42:03 | 鉄道(JR)
JR東日本のHPで,「会社発足30周年を迎えるにあたって」(2017年3月7日公表)の
プレスリリースの内容によりますと,輸送障害発⽣時に列⾞影響を最⼩限に抑え,他線区に遅れを
波及させないようにする等の対策を実施する為に,折返し運転が可能な駅・ホームを増やすそう
です.
折返し設備の拡充については,プレスリリースの内容をご覧になった方が解りやすいので,1度,
そちらをご覧になったらと思いますが,一応,当記事でも記載します.

●深谷駅・岡部駅・本庄駅(高崎線):ホーム延伸工事の実施(15両化,折返し能力向上)
★こちらは,2017年度末~の予定です.

●茅ヶ崎駅(東海道線):信号機の増設や運行管理システム改修等を実施(折返し設備整備)
★2016年4月に完了です.

●友部駅(常磐線・水戸線):ホーム延伸工事の実施(10両化,折返し能力向上)
●大宮操車場(東北線・高崎線):折返し設備整備
★2016年度末完了予定です.(もう少しで完了か?)


折返し設備の整備による能力向上で,輸送障害発⽣時に列⾞影響を最⼩限に抑えるのは良いコト
ですが,あとは,運転指令所からの適確な指示も大事かと思いますね.
まあ,1番の何よりなのは,輸送障害を発生させないコトでしょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月7日~3月31日の予定. | トップ | Suica・PASMO相互... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鉄道(JR)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。