鉄道・バス 1人旅.

趣味の鉄道・バスや1人旅,日頃の出来事についても記載していきます.

JR新宿駅で見かけた,「日光詣スペーシア」.

2016-10-16 23:54:52 | 鉄道(JR・私鉄共通)
JR新宿駅構内で列車撮影をしていたところ,これまで見たコトの無いカラーの車両が出現した
為,該当車両が気になり,新宿駅の6番線ホームに行ったところ,なんと,該当車両は東武特急
スペーシアでした.
ところで,このカラーの特急スペーシアについて,気になった方も少なからずいるでしょう.
その内容を記載します.

2015年に日光東照宮四百年式年大祭が行われることを記念して,103編成の外観カラー・
窓枠帯・ラインカラーに日光二社一寺の建造物に使用されている荘厳な金色,重厚な黒色および
艶やかな朱色を配し,世界遺産である日光二社一寺の色鮮やかな代表建造物をイメージした特別
塗装車「日光詣スペーシア」とし,2015年4月18日から運行を開始した.
なお,103編成のモハ103-1,モハ103-6の左右側面には,「日光詣」の文字と日光
東照宮の眠り猫や三猿をデザインした「日光詣エンブレム」を掲出するほか,車内の一般席・
個室席のヘッドカバーも基調色の金色に合せて同じ色調に変更している.

同年7月にはJR直通対応車の106編成も「日光詣スペーシア」塗装に塗り替えられた.
内外装は103編成と同一箇所の変更に加え,モハ106-6の個室内の壁クロスを金色に変更
して「金の個室」にすることで,より特別感あふれる仕様としている.


よって,該当車両は,特別塗装車「日光詣スペーシア」というコトになります.
しかも,該当車両は2015年4月18日から運行を開始しているのにも関わらず,記事に掲載
したのが2016年10月16日というコトで,運行を開始してから約1年6ヵ月間,私が該当
車両を見かけなかったというコトになりますね.

車体側面の「日光詣エンブレム」も掲載します.
こちら.



なお,該当車両が特別塗装車両として運行する日は,いつまでになるかは不明ですので,写真撮影
しておきたい方は,早目に撮影されるコトをおススメします.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何ヵ月ぶりに,自転車で桜木... | トップ | 「電車でGO!!」アーケー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。