鉄道・バス 1人旅.

趣味の鉄道・バスや1人旅,日頃の出来事についても記載していきます.

JR東海:N700Sのデザインについて

2017-06-28 23:07:00 | 鉄道(JR)
JR東海のHPで,2017年6月28日にニュースリリースで公表された内容になりますが,
2020年度に営業投入を予定している[N700S]のデザインが決定されたというコトで,
当ブログでも情報共有いたします.
なお,このデザインを反映させた[N700S確認試験車]は,2018年3月に完成するとの
コトです.

N700Sのデザインについてです.
1.先頭デザイン
N700系シリーズの形状を進化させた「デュアル スプリーム ウィング形」
 左右両サイドにエッジを立てた形状とし,走行風を整流することで更なる環境性能向上を
 図っています.
前照灯にLEDライトを新幹線で初採用
 LEDの採用により,省エネルギー化・照度向上・長寿命化を実現します.
 また,先頭形状を活かし,前照灯を拡大することで,照射範囲を広げ,視認性向上を図って
 います.
新しい形状に相応しい車体デザイン
 東海道新幹線の象徴である白地に青帯を踏襲しています.また,先頭部の青帯で
 “Supreme(スプリーム)”の[S]を表現しています.

2.インテリアデザイン
幅広いお客様ニーズに対応する為,グリーン車は「ゆとりある空間と個別感の演出」,普通車では
「機能的で快適な空間」をコンセプトとし、,機能性を考慮しつつ,くつろげる空間となるよう
柔らかな曲面を採用します.
・空調吹出口を側面パネルと一体化し,広い吹出口を確保することにより,室内温度の均一化を
 図っています.また,グリーン車では窓側の座席ごとに荷棚と一体化した大型の側面パネルを
 採用し,一人ひとりの空間を演出しています.
・照明はLED間接照明とし,天井を光学的に最適な形状とすることで,室内照度の均一化を
 図っています.また,停車駅に近づいた際に荷棚の照度を上げ,お客様に荷棚にある荷物への
 注意を促します.
 車内テロップにフルカラー液晶を採用し,画面サイズを拡大することで,案内情報の視認性を
 向上します.


なお,インテリアデザインのイメージが気になる方は,ニュースリリースの内容をご覧になります
様,よろしくお願いします.

N700系の最終進化形となる[N700S]のデザインが公表されたというコトで,あとは,
2018年3月に[N700S確認試験車]が完成して,東海道・山陽新幹線での性能試運転が
良好で,2020年に量産車が投入されて,営業運転するのを楽しみに待ちたいと思います.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都営バス・新型ERGAの撮... | トップ | JR山手線・E231-50... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鉄道(JR)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。