日経225先物&FX デイトレード

日経225先物 デイトレの為のプラン作成とその結果を公開中。FXのデイトレWebセミナーの結果も公開。

日経225先物 セミナー実績 2016/8/31

2016年08月31日 | レビュー

◆今日の日足チャート分析

 


 上昇再開。前日の孕み足やここ2日間の抵抗線の+1σを上放れて寄り付き、ザラ場でも買いが継続して、直近の戻り高値手前まで上昇する小陽線で引けています。ボリンジャーバンドは収縮から若干拡大の兆しが出てきました。今後、明確なバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、+1σと+2σの間を推移する限りは上昇トレンド継続です。

 

◆今日の日経225先物のマーケット

 120円のギャップアップで上窓を開けて16860円で寄り付きました。前場は16900円付近の週足+1σに上値を抑えられる形で保合いで推移しました。後場に入ると前場レンジ上限を上抜けて16920円まで上昇。終値は16890円でした。

◆今日のトレナビ225でのアクティブトレードの成績

 寄り付きの売り。16885円で戻り売り。1勝1敗で5,500円のプラスでした。

8月累計: +1、376、000円、58勝17敗5分

◆今日のトレーディングツール「シグナビ」の成績

 16875円で戻り売り。16895円で順張り買い。2勝で24、000円のプラスでした。

8月累計: 
+1、002、000円、58勝22敗4分

 

 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/8/31

2016年08月31日 | 日足
 

 

<前日の日経225先物>



 小幅反落。前日レンジ内に孕む小陽線で引けています。前日同様、+1σが抵抗線となっています。ボリンジャーバンドは収縮したままですから、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、+1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな上昇トレンド継続です。

 

<前日のナスダック>

 

 

 反落。20日Mと5日MAを挟んで上下し、前々日レンジに孕む小陰線で引けました。依然として、直近17日間の高値圏での保合いが継続です。今後、+2σを上抜ければ、強い上昇トレンドが発生する可能性があります。逆に、サポートの20日MAを明確に下抜けると、6月から続いていた上昇トレンドが終了⇒ダウントレンドへ転換となる可能性が高まります。
<前日のダウ>

 反落。-1σと20日MAの間で上下して、前々日レンジに孕む陰線で引けています。ボリンジャーバンドが収縮したままのボックス相場継続です。今後、±2σのいずれかをブレイクすると相場の放れとなり、その方向へ大きく動き出す可能性が高い形。

 

 


よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/8/30

2016年08月30日 | 日足
 

 

<前日の日経225先物>



 大幅上昇。上窓形成で寄り付き、5日MAが抵抗線となって、直近7日間の抵抗帯の25日MAや基準線と言った重要指標も上放れて引けました。新たに+1σが抵抗線となっています。ボリンジャーバンドは収縮したままですから、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、+1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな上昇トレンド継続です。

 

<前日のナスダック>

 

 

 小幅続伸。20日MAの上で5日MAを挟んで上下し、前日レンジに孕む小陽線で引けました。依然として、直近16日間の高値圏での保合いが継続です。今後、+2σを上抜ければ、強い上昇トレンドが発生する可能性があります。逆に、サポートの20日MAを明確に下抜けると、6月から続いていた上昇トレンドが終了⇒ダウントレンドへ転換となる可能性が高まります。
<前日のダウ>

 反発。-1σ付近から押し目買いなどで再浮上して、20日MA付近まで戻して引けています。ボリンジャーバンドが収縮したままのボックス相場継続です。今後、±2σのいずれかをブレイクすると相場の放れとなり、その方向へ大きく動き出す可能性が高い形。

 

 


よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日経225先物 セミナー実績 2016/8/29

2016年08月29日 | レビュー

◆今日の日足チャート分析

 


 大幅上昇。上窓形成で寄り付き、5日MAが抵抗線となって、直近7日間の抵抗帯の25日MAや基準線と言った重要指標も上放れて引けました。新たに+1σが抵抗線となっています。ボリンジャーバンドは収縮したままですから、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、+1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな上昇トレンド継続です。

 

◆今日の日経225先物のマーケット

 260円のギャップアップで上窓を開けて16660円で寄り付きました。寄り付き直後から買い優勢で、前場は日足+1σ手前の16740円まで上昇。保合いレンジを形成した後、これを上にブレイクして16780円まで上昇するも、その後は日足+1σを挟んで上下する攻防となりました。終値は16730円でした。

◆今日のトレナビ225でのアクティブトレードの成績

 寄り付きの売り。16745円~16775円で戻り売りを3回。16725円で押し目買い。3勝2敗で40,000円のプラスでした。

8月累計: +1、358,500円、56勝16敗5分

◆今日のトレーディングツール「シグナビ」の成績

 前場、16380円と16405円で戻り売り。3勝で89、000円のプラスでした。

8月累計: 
+983,000円、55勝22敗4分

 

 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/8/29

2016年08月29日 | 日足
 

 

<前日の日経225先物>



 続落。下窓形成で寄り付き、5日MAが抵抗線となって、直近6日間の保合いレンジを下抜けて引けています。75日MAや-1σと言った重要指標が支持帯となって、下げ止まりを見せています。ボリンジャーバンドは収縮したままですから、今後、上にしろ下にしろバンドブレイクとなれば、相場の放れとなり、その方向へ大きく動く可能性が高まっています。中期的には、-1σと中心線の間を推移する限りは緩やかな下降トレンド継続です。

 

<前日のナスダック>

 

 

 小幅上昇。20日MAを挟んで±1σ間を上下し、同MA付近で引けました。依然として、直近15日間の高値圏での保合いが継続です。今後、+2σを上抜ければ、強い上昇トレンドが発生する可能性があります。逆に、サポートの20日MAを明確に下抜けると、6月から続いていた上昇トレンドが終了⇒ダウントレンドへ転換となる可能性が高まります。
<前日のダウ>

 3日続落。一旦は20日MAを上抜けて+1σ手前まで戻すも、高値圏では買いが続かず、結局-1σを割り込んで引けています。ボリンジャーバンドが収縮したままのボックス相場継続です。今後、±2σのいずれかをブレイクすると相場の放れとなり、その方向へ大きく動き出す可能性が高い形。

 

 


よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加