日経225先物&FX デイトレード

日経225先物 デイトレの為のプラン作成とその結果を公開中。FXのデイトレWebセミナーの結果も公開。

日経225先物 セミナー実績 2016/5/31記事のタイトルを入力してください(必須)

2016年05月31日 | レビュー

◆今日の日足チャート分析

 


 5日続伸。前日の高値を更新し、更に+1σも上抜けして引けています。保合いからの放れが鮮明になってきました。当面は、この指標を下回らない限り、強い上昇トレンドが継続する形です。更に、+2σもブレイクするようなら、走る上昇トレンドとなります。

◆今日の日経225先物のマーケット

 60円のギャップダウンで前日レンジ内の17020円で寄り付きました。寄り付き直後から買い優勢の展開となり、まずは前日高値17080円をブレイク。更に、11時ごろには17160円付近の日足-1σまで到達。後場も更に買われて前場高値を上抜けて、17260円まで上昇。終値は17230円でした。

◆今日のトレナビ225でのアクティブトレードの成績

 寄り付きの買い。16995円で押し目買い。17070円~17165円で戻り売りを4回。4勝1敗1分で105,000円のプラスでした。

5月累計+1、432,000円、66勝14敗3分

◆今日のトレーディングツール「シグナビ」の成績

 寄り付きの買い。17145円と17165円で戻り売り。17175円で押し目買い。2勝2敗で16,000円のプラスでした。

5月累計: +1、258、000円、64勝28敗4分


 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/5/31

2016年05月31日 | 日足

 

<前日の日経225先物>



 4日続伸。前々日つけた戻り高値を明確に上抜けて引けています。これでようやく狭い保合いレンジからは上抜けた格好。しかし、もう少し長いスパンで見ると、依然として、±1σ間で25日MAを挟んで上下するボックス相場となっています。保合い期間が長くなればなるほど、保合いからの放れとなった時の動きが大きくなります。

 

<前日のナスダック>

 

 メモリアルデイで休場。

 (前日)4日続伸。高安値を切り上げる陽線で、強い上昇トレンドが継続。ボリンジャーバンドは拡大中であり、+2σを終値で割り込むまでは、強烈な上昇トレンドが継続です。

<前日のダウ>
 メモリアルデイで休場。

 (前日)小幅反発
。前日の下落分を打ち消す孕み足の小陽線。当面は±2σ間でのボックス相場が続くかどうかがポイント。上昇トレンドに転じるには、少なくとも+1σの上を推移する必要があります。ボリンジャーバンドは収縮しているので、今後、+2σをブレイクするようなら、保合いからの放れから急上昇となりそうです。

 

 


よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/5/30

2016年05月30日 | 日足

 

<前日の日経225先物>



 3日続伸。前日レンジ内で小動きとなり、孕み足の小陰線ながら、小幅上昇して引けています。依然として、±1σ間で25日MAを挟んで上下するボックス相場となっています。保合い期間が長くなればなるほど、保合いからの放れとなった時の動きが大きくなります。

 

<前日のナスダック>

 

 4日続伸。高安値を切り上げる陽線で、強い上昇トレンドが継続。ボリンジャーバンドは拡大中であり、+2σを終値で割り込むまでは、強烈な上昇トレンドが継続です。

<前日のダウ>
 小幅反発。前日の下落分を打ち消す孕み足の小陽線。当面は±2σ間でのボックス相場が続くかどうかがポイント。上昇トレンドに転じるには、少なくとも+1σの上を推移する必要があります。ボリンジャーバンドは収縮しているので、今後、+2σをブレイクするようなら、保合いからの放れから急上昇となりそうです。

 

 


よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/5/27

2016年05月28日 | 週足
<日経225先物月足>




 月足では、前月レンジ内での動きながら、前月終値から-1σまで上昇しています。ボリンジャーバンドは収縮に向かっており、短期的にはボックス相場の形となっています。また、長期的には-1σの下方で推移している限りはダウントレンドが継続です。
<日経225先物週足>



 週足では、ここ2週間の抵抗線である21週MAを上抜けて4週続伸となりました。抵抗帯下限が抵抗線として機能しています。また、ボリンジャーバンドが急速に収縮しており、短期的にはボックス相場の形になっています。中長期的には26週MAが下向きで推移しており、この下で推移する限り、緩やかなダウントレンドが継続です。

<ナスダック月足>


 月足では、抵抗帯の10ヵ月・20ヵ月MAを上抜けて推移しています。また、-1σが支持線となっています。短中長期MAがらせん状に絡んでおり、ボリンジャーバンドも横ばい収縮で、保合い局面の特徴的な様相を呈しています。また、21ヶ月MAの下を推移している限り、緩やかなダウントレンド継続です。
<ナスダック週足>

 週足では、先週からの再浮上の動きが継続し、抵抗線の+1σを上抜けて引けています。これでダウントレンドへの転換は否定された形。今後、直近の戻り高値を上抜けて、+2σをブレイクするようなら、強い上昇トレンド発生の形になります。当面は+1σを下抜けない限り、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

 

 月足では、先月の抵抗線+1σと支持線21ヶ月MAの間で小動きとなっています。短中長期MAがらせん状に絡んで、ボリンジャーバンドが横ばいとなり、保合い局面の特徴的な様相を呈しています。

 

<ダウ週足>
 週足では、高安値を切り上げて、抵抗線の+1σを上抜けて引けています。これでダウントレンドへの転換は否定された形。今後、直近の戻り高値を上抜けて、+2σをブレイクするようなら、強い上昇トレンド発生の形になります。当面は+1σを下抜けない限り、上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日経225先物 セミナー実績 2016/5/27

2016年05月27日 | レビュー

◆今日の日足チャート分析

 


 3日続伸。前日レンジ内で小動きとなり、孕み足の小陰線ながら、小幅上昇して引けています。依然として、±1σ間で25日MAを挟んで上下するボックス相場となっています。保合い期間が長くなればなるほど、保合いからの放れとなった時の動きが大きくなります。上に行っても下に行っても利益が確保しやすい相場となります。

◆今日の日経225先物のマーケット

 60円のギャップアップで前日レンジ内の16850円で寄り付きました。寄り付き直後に日足基準線の16790円まで下げた後、押し目買いで16910円まで上昇。その後は、このレンジ内で小動きとなりました。終値は16820円でした。

◆今日のトレナビ225でのアクティブトレードの成績

 寄り付きの売り。16900円で戻り売り。2連勝で81,500円のプラスでした。

5月累計+1、251,500円、59勝12敗2分

◆今日のトレーディングツール「シグナビ」の成績

 寄り付きの売り。16855円と16835円で押し目買い。2勝1敗で17,500円のプラスでした。

5月累計: +1、179、000円、59勝25敗4分


 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加