シアタープロジェクトシズオカ

静岡発の良い舞台創りを目指して修行に励んでいます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TPSオレンジペッパーズ、天理「ピッキーステージ」で今年もミニ・ミュージカルを公演

2016-08-12 23:43:41 | Weblog
今年も天理から声を掛けていただいて、TPSのユニット「オレンジペッパーズ」がミニミュージカルの公演に行ってきました!
4回目の今年は「ねずみの嫁入り」・・なんと、日本全国から集まった30,000人以上の方々に観ていただきました。
思っていた以上に楽しい舞台となり、たくさんの方からお褒めのお言葉をいただきました。プレイヤーの皆様、スタッフの皆様、本当にお疲れさまでした。

脚本:トーマス・オマリ
作曲:スティーヴ・ユーリック
編曲:三輪淑乃

総合プロデュース:鈴木謙太郎
演出:豊田眞梨子
舞台監督:塚本直昭
舞台装置:山梨章義
衣裳:小川真由美・山梨小百合
協力:ユーリック知子

出演
ミミ姫:ユーリック永扇
ポポ王子:土谷 武
侍女・司会:ホールドマン・瀧澤・亜美
太陽:淺沼 雅
雲:ユーリック莉沙
風:ひとみ
壁:野口 俊丞
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「お茶を待ちながら」公演のお知らせ

2015-10-20 00:08:17 | Weblog
藤枝のひとことカフェで「お茶を待ちながら」を公演します。演劇通の方は何となく聞いたことがありますでしょ? でも、聞いたことがない方もじゅうぶんお楽しみいただける“新感覚コメディ”です。藤枝のお茶の香ロードもお楽しみください。
シアタープロジェクト静岡のメンバー(加藤巧巳、薮崎友加里、豊田眞梨子)に加えて、佐川健之輔(フランス・ルコック演劇学校出身)をゲストに、そして演出は静岡でもお馴染みになりつつある若手鬼才の桐山知也氏をお迎えしてお贈りします。演出助手は岩澤哲野、制作は阿部健一という豪華な顔ぶれです。なのにチケットは1000円!観なきゃ、損だよ‼ 11時と14時の2回公演です。お問い合わせ&お申し込みはmariko@wknet.co.jpまでお願いしますm(__)m
会場:藤枝市茶町1-1-4 一言旧茶工場
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オレンジペッパーズ 天理で大活躍!

2013-07-30 01:35:59 | Weblog


 嬉しいお知らせをいただきました!TPSが天理で公演しているミニミニミュージカル「王様の耳はロバの耳(ピッキーステージ)」をご覧になったお客様が、今回小道具を担当してくださったTPSの山梨さんの「ダックスはなの我が家レポート」というブログに投稿(コメント)してくれたのです。暑い天理で頑張っているユニット「オレンジペッパーズ」にはほんとうにありがたい励ましのお言葉でした。

【コメントの内容です】
7/26に王様の耳はロバの耳を観劇しました。猛暑の中、子供と一緒に避難するつもりで入りましたが、思いがけず親子ともども引き込まれました。特に木村カエラ似の主役(床屋役)の子がかわいく、歌声にも表情があって素晴らしかったです。ハーフっぽい子が多い印象です。
どこを拠点とした、なんという劇団なのでしょうか?HPなどあれば教えて下さい。また観劇する機会があればと思っています。
小道具は良い意味で何も感じませんでした。つまり手作り感を残さないプロの仕事だったという事です。特にロバの耳については、帽子から出てきた時にもビヨーンと横に広がり、演技中もピンと張ったままヨレたりせず、よく出来てるな、どこで売ってるのかな?と思ってました(笑) (2013年07月29日 14時03分57秒)
http://plaza.rakuten.co.jp/monozukikids/diary/201307160000/
ピッキーさん、ありがとうございました!

 小道具を作ってくださった山梨さんご夫妻、装置を作ってくださった斎藤さんご夫妻、それに衣装と帽子を担当してくださった小川さん、作曲の三輪先生、編曲のスティーブさん、ご報告が遅くなりましたが、観に来たこども達がすごく良く反応してくれているそうです。ありがとうございました。

写真は前列左から水沢詩生、ユーリック永扇、ユーリック莉沙、ユーリック知子、後列左からユーリック武蔵、コディ・ペティット(敬称略)土日はこのメンバーで平日は水沢詩生に替わって瀧澤亜美が入ります。

2013年7月26日から8月4日まで 天理市 こどもおぢばがえり「ピッキーステージ」10:30 13:00 15;00
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとうございました!

2011-09-19 16:55:20 | Weblog
TPS附属研究所スタジオ公演は無事に終了しました。
お忙しい中をご覧いただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。
そして役者の皆様、お疲れ様でした。

楽屋~流れ去るものはやがて美しき~
≪あらすじ≫
楽屋。亡霊になった女優Aと女優Bが楽屋で念入りに化粧をしながら、永遠にやっては来ない出番にそなえている。今上演中なのはチェーホフの「かもめ」。主役のニーナ役の女優Cが楽屋に戻って来ると、女優Dがマクラを抱えて現れる。
女優Dは精神を病み入院していたが、すっかりよくなったから、ニーナ役を返せと女優Cに詰め寄る。言い争いになり、女優Cは思わず女優Dの頭をビール瓶で殴ってしまう。女優Dは起き上がってふらふらと出て行くが、どうやら打ち所が悪く死んでしまったようだ。3人になった楽屋の亡霊は、何かの拍子にやって来るかもしれない出番のために稽古を始める。「わたしたちだけがここに残って、またわたしたちの生活を始めるのだわ。生きていかなければ、…生きていかなければ…」
≪コメント≫
TPSでは「ベテラン・ジュニア」とよばれる4名の役者。いずれも小・中学生のころからこのカンパニーに参加、いろいろな作品でメインをこなしてきたつわものばかり。しかし・・平均年齢は20歳ほど、この作品をどうこなすのか・・心配でしたが、それぞれが持ち味を生かしてなんとか観れる作品になっていました。今後はそれぞれをどう磨いていくかが課題かと思います。

作:清水邦夫 演出:豊田眞梨子
照明:納本 歩 音響:石川誓乃 舞台監督:剱持秀典

BOEING=BOEING
≪あらすじ≫
とある空港に近いパリ市内のアパートを舞台に繰り広げられるラブ・コメディ。
3ヶ国3人の美人国際線スチュワーデスと時間差で同時交際をしているパリの建築家・ベルナールが、女性たちが勤める航空会社のフライトスケジュールを利用してハーレムもどきを謳歌。家政婦のベルタは文句を言いながらもこの憎めないご主人を助けている。そこにやってきた旧友のロベール、人の良い彼もまたこの作戦に協力・・とおもいきや、ドイツ人スチュワーデスに一目ぼれ。そんな状況の中で、嵐でフライトスケジュールが変更になったフランス人スチュワーデスがご帰還、さらにアメリカ人スチュワーデスまで帰ってきてしまうので、もうたいへん。どたばたのなかで、さてフライトは軟着陸か・・?!
≪コメント≫
こちらはTPSの「大人組」といわれるメンバーとゲストに淺沼 雅さんをお迎えしてお送りします。3期生の水沢詩生から10期生までキャリアはばらばらでしたが、大人の魅力を出せたかどうかが心配なところです。

作:マルク・カモッティ 演出:山田清顕
照明:納本 歩 音響:石川誓乃 舞台監督:剱持秀典

ご感想をお寄せください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

演劇公演 出演者募集!

2011-06-19 21:40:08 | Weblog
今年9月(第2週目または3週目の土曜日)に公演する「ボーイング・ボーイング」の出演者を追加募集しています。

TPSではめずらしいラブコメ。2人の男性と3人のスチュワーデス、そしてメードさんが繰り広げるハラハラドキドキの楽しいお話です。今回の募集はそのなかのスチュワーデス役です。6人全員がメインキャストで、細かい「受け演技」を勉強するために選んだ作品です。実力をUPしたい方は是非ご参加ください。

参加資格 18歳以上40歳ぐらいまで
     週1回の稽古(土曜日の夜)に参加できる方(静岡市)
     遠方の方は宿泊可能
     舞台経験者または意欲のある方

詳細はTPS豊田まで
tps@wknet.co.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「新国立劇場演劇研修所オープンスクール」のご案内

2011-06-19 21:20:55 | Weblog
こんばんは。
TPS附属研究所出身の安藤大悟さん(今年卒業してキャラメル系の事務所Me&Herのニューフェースとなりました)が3年間学んだ「新国立劇場」のオープンスクールのご案内です。

【ワークショップ】「新国立劇場演劇研修所オープンスクール」08/06-09新国立劇場内稽古場※7/7〆切(郵送必着)

応募資格は全日程参加できる方。年齢・経験問わず。

講師(予定・掲載順):栗山民也 大笹吉雄 池内美奈子 西川信廣 宮田慶子 小野寺修二 伊藤和美 (すごい!)

 ●新国立劇場演劇研修所オープンスクール ⇒公式サイト
  2011年8月6日(土)~9日(火)
  全4日間 10:30~18:00(初日のみ10:00~)
  場所:新国立劇場内(初台)稽古場
  受講料:30,000円
  募集人数:20名 ※応募多数の場合は抽選。
  締切:7月7日(木)郵送必着 ※申込用紙はPDFでダウンロードできます。

■NNTドラマスタジオ オープンスクール開催のお知らせ ※公式サイトより

新国立劇場では、演劇研修所の研修内容を皆さんに体験していただくために、この夏、研修所講師陣による、オープンスクールを開催いたします。

<募集概要>
1.日時  2011年8月6日(土)~9日(火)全4日間 10:30~18:00(初日のみ10:00~)
2.場所  新国立劇場内(初台)稽古場
3.受講料 30,000円 *振込手数料はご負担下さい。
4.応募資格 全日程(全授業)参加できる方。年齢や俳優の経験等は問いません。
5.募集人数 20名。応募多数の場合は抽選。
詳細:
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20001519.html
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「演劇カタログ2011」に参加!

2011-02-03 22:39:58 | Weblog
こんばんは!
少し寒さが和らいできましたね。

TPSは今月「演劇カタログ2011」に参加します。
そして・・な、なんとあのワークショップで桐山さんにご指導いただいた岸田國士に挑戦するのです。しかも、桐山さんご不在(ドイツに国費留学中)の折、監修を岸田ワールドに明るい伊藤幸夫さんにお願いしていたのですが、ご病気で倒れられたので、指導者なしで!

演劇カタログ2011は下記の日程です。
11日(祭)12:45~「葉桜」(三輪淑乃・水沢詩生)「紙風船」(納本 歩・瀧澤亜美)
13日(日)18:30~「葉桜」(豊田眞梨子・小川弥生)「命を弄ぶ男ふたり」(小泉直己・剱持秀典)

参加集団は・・
TPSシアタープロジェクトシズオカ・伽藍博物堂演劇実験室・劇団渡辺・劇団午後の自転・ドラマサークル・静大演劇部などです。

チケットは出演者に声を掛けてください(大人1,500円子供1,000円で6劇団(集団)観れます)。演劇関係のワークショップに参加したい方は葉書かFAXで文化財団にお申し込みください。

詳細は静岡市文化振興財団HPをご覧ください。

http://www.scch.shizuoka-city.or.jp/page093.html


    
--
TPSシアタープロジェクトシズオカ
豊田 眞梨子
〒422-8034 静岡市駿河区高松3044-36
℡:054-237-9664 Fax:054-237-5069
http://tps.godream.ne.jp


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漱石組/ 歩・よね・けんのすけ・村松・カメリサ

2010-08-15 12:43:56 | Weblog

こんにちはー。

中々報告が出来ずにすいません
東京組のカメリサです。

東京組は前回に引き続き、2組に分かれて稽古をしております。



カメリサ班は、
最低でも4人は必要とわかっていつつ、少しでも何か出来ればと思い3人~週1で集まってます。
午前中に稽古したりも。

確保出来ない稽古場は

下板橋だったり

上板橋になったり

国立まで行ったり笑

転々と場所を変えてヤドカリのごとく。笑


この班は
クオリティを高める、
というのが課題となっています。

棒の別の使い方や使うにあたっての違う角度からのアイデア、
言葉、
前回注目の的だった帽子の見せ方、
そして着物の使い方。

前回、
ちゃんと型を作れば人らしく見えるということが分かったので、少しでも[居る]ように人らしく形作ることにアクセクしております。

もしかしたら黒衣として本当に全身真っ黒になるかも?

黒い手袋募集中。


帽子も、一つではなく数個使ってみせるアイデアが出ています。

合宿当日は、ひたすら合わせて通す、かな。



時間

あれば嬉しいです…笑





夏休みの稽古って雰囲気

なんだか凄い好き。笑



合宿楽しみだー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桐山組 静岡漱石班

2010-08-11 01:10:58 | Weblog
毎週1回程度集まって「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤の連続ですが、先週はテクストを作ってみました。それぞれが持ち寄って、再度考えて今週ひとつにまとめる・・予定です。ただ、やっぱり「私」をどう表現するか、桐山さんの言われた「生身の登場を避ける」「最後に消えたい」などがむずかしいです。どうしてもシュールな感じになってしまって・・。そろそろ、助けてくださ~い。マリリンでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

*♪チーム『葉桜』♪*

2010-07-31 11:50:46 | Weblog
お疲れ様です麻未です

7月18日(日)のWSは、ミュージカル科の『季節の中の子供たち』の本番で参加出来ず、
本当に、申し訳有りませんでした…

7月29日(木)に、三輪先生&私は、
『葉桜』の稽古をしました
とにかく読むダラダラしない様にスピーディーに読むことを心がけて、
舌を噛みながら頑張りました

以上です

麻未
コメント
この記事をはてなブックマークに追加