テレアポ、飛び込み訪問を工夫すると、初心者でもトップセールスマンになれる!

営業に悩んでいる方に、立ち上がりのキッカケになる営業ノウハウを、紹介しているブログです。

相手の「興味を引き出す営業トーク」はこうすれば作ることが出来る

2016年10月12日 10時15分44秒 | 営業方法

今回の営業ノウハウは相談された内容が
あなたの営業にも役立つと言う内容です。

▼まずは相談内容をご覧下さい。
………………………………………………
こんにちは、
新規開拓でのアポ取りで困っています。

第一声で何の用件か回答を求められ、
その場で電話を切られてしまうので
新規開拓に自信を無くしてしまいます。

何の用件かと聞かれた時に
どのように答えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。
………………………………………………
と言った相談内容です。

まずは自宅や事務所には色んな営業の電話や
飛込み訪問などが毎日のようにあるため、
営業される側にして見れば

「何の用件なのか早く言って欲しい、
 そうでないと無駄な時間になってしまうので
 自分の時間が無くなる・・・」

と思っている方がほとんです。

話しを聞くか聞かないの判断をするために
何の用件なのか早く言って欲しい・・・
と言うことなのです。

そこで考え方ですが、
営業される側にすれば面倒な話しは聞きたくない、
と思っている訳ですから、

そのまま「営業の話し」で持っていくと、
お断わりされるのは目に見えています。

「ああ、また営業の話しか・・・」
で終わってしまうからです。

そこで面倒だと思っている相手に対して
どのようにすれば良いのかと言うことで、
こんな工夫をして見てはいかがでしょう。

それは相手が知らない「情報の裏側」を
教えてあげると言ったスタンスで行くことです。

たとえば保険の例で言えば、
…………………………………………………

営業「こんにちは、
   (  )生命の(  )と申します。

   皆さんが掛けている保険について
   お知らせしたいことがありまして
   お電話させていただきました。

   実は、皆さんの掛けている保険の○○ですが、
   万が一の場合、保険金を○○○○する時は、
   ○○○○と言う手続きもあるんですが、
   奥さんはご存知でしたか? 」

…………………………………………………

と言ったように「保険の裏側」について
知りたくなるような情報を与えることで、
会話を続けるキッカケにします。

自分の進める商品やサービスについても
○○○○と言う部分を工夫すれば、
いくらでも応用することは出来ます。

相手が○○○○が何なのかを知りたいと思わせ、
そして相手の興味を引き出すことが出来れば
今まで以上に結果を出すことも可能になります。

どうぞ相手の興味を引き出すトークで、
どんどん攻めて行きましょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その興味を引き出すトークを知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について、
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
初心者 ・ 最初の1件」で検索して
ご覧になってください。

 
     
 
 
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アポイントが取れるコツは「... | トップ | 新規開拓で結果が出ないと悩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む