ボケたくない人 この指とまれ

大正13年 生れ。91歳。
日常の食事が薬、医者は心の中の神様が代わりだと思う人集まれ。

イメチェンして再登場します。

2017年05月16日 06時30分25秒 | 日記
 一昨年、家内の急病。病院の診断は過食。応急処置で直ぐ全快したので、夕方近くなので帰宅しようとしたら、
医師から「この際 健康診断をするから今晩は入院を・・」で、夕方近くなので「今晩だけならよいか」と入院。
一日のつもりの入院が、なぜか退院できず、数日後病院へ行ってみると家内は健康診断どころが「点滴」をされ、
病人のように寝たままでした。

 病状を聞きたい医師はいつも不在。今考えると、入院患者を増やすために、病院で病人にされたことになる。
健康な家内が、病院食の美味い筈がなく残すのを、点滴で補っていたのだろうか。
 それも、点滴をする場所が身体に無くなり4月初旬には胃瘻(いろう)の手術までされている。
 詳しくは、このブログの№31以降の日記を読んでください。

 という次第で、旅の穴場の魅力を探す自由業の作家として、ペンを持ち思考する時間がなかった。
しかし、マンネリを避け「家内の介護と、我が身の老化にはだ負けないぞ」の気力はありますから、今日からは
さらに新鮮な文体でイメージ チェンジをはかりますので、読んでくださる皆さま、どうぞ、ご意見を 
よろしくお願い致します。 
 
 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« №37  朝鮮人街道 と 雨... | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご自愛くださいませ (あずさ)
2017-05-22 17:23:24
初めまして。あずさと申します。今日、初めて、こちらのブログを拝読させて頂きました。

奥様へのお優しいお心を感じて、胸がつまり、涙がこぼれそうになりました。

どんなにお辛い思い、お悔しい思いをなさって来られたことでしょう。

ご自身が90歳を超えていらっしゃるのに、奥様をお家で介護なさっておられるのですね。

お薬よりも食事、医者よりも心・・・本当にそうですね!

良き御主人をお持ちになって、奥様はお幸せだと思います。

どうか、ご自身も、くれぐれもご自愛くださいませね。

追伸 下記は、ご存知かもしれませんが、介護者の方達が思いを分かち合い励まし合っているホームページです。もしご興味がありましたら、ご覧くださいませ。
https://ansinkaigo.jp/member/freetalks/list/

またお邪魔させてくださいませ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。