シェフのつれない日記
 



いつもチラチラみてるブログは狩猟関係が多い。
ブログには猟の成果が投稿されだした。

北海道では10月から狩猟解禁である。
鹿は地域によって違うので注意が必要であるが。


銃を所持して3年目となる今シーズンは、鴨撃ちに行くか、鹿撃ちに行くか悩まされるのである。


去年の今頃はサベージが無かったので鴨撃ちに行っていたと記憶する。
今年はどうしようかと思ったが、自分の父親ぐらいの年齢の諸先輩達からお誘い頂き、鴨撃ちに行く事にした。
まぁ自分から行きたいアピールはしておきましたけどね(笑)




今回は10人以上の協同猟となり、駆除と同じく勢子(せこ)と待ちに分かれて待機した。
勢子と言っても。藪を漕ぐ訳でも無く、ただ追いたてる。
もしくは大きな声を出す。はたまた発砲する。
といった具合だ。

そうすると反対側にて待機する待ちの上空にやってくる。
そこを狙い撃ちするわけだ。



こっちに向かってくる鳥を撃つ!



簡単そうに思うがこれがなかなか難しい。
自分は3羽落とす事が出来た。
しかしながら、撃ち落とした場所、落下した場所をずっと見ている余裕はない。


結局撃ち落とした鴨を探す時間の方が長かったりする(笑)




今回も鴨鍋にして野性味あふれる肉を味わった。
しかしながら、フサンダージュ?なる言葉が有るように、熟成をしないと鴨は美味しくないと言う。
野性味と評する臭みが和らぐのか?
もっと肉質も軟らかくなるのか?

などと試行錯誤中です。




別な日に獲ったコガモちゃんです。
去年の初獲物もコガモでした。
鴨はコガモが一番うまいと聞いた事が有ります。

自分のお店でも出せたらいいなぁと思い、試行錯誤を繰り返していかねば!



今回の猟で感じた事。


鴨撃ちも、鹿撃ちも協同猟(単独ではない)の方が何かと都合がよい。


という事であった。




しかしながら、鹿の忍び猟だけは一人が一番だと思う。
なぜなら、自分の心の中だけで気配を消そうと努力が出来る点である。
2人で居たならば発見した方は隠れられても、もう一方に伝える為には鹿に存在をばらさなければならない。


人間は言葉で話さなければ意思の疎通はほぼ無理である。
ただ、サインなどを決めておき、合図を送ることで解消されはする。
忍び猟を考えると、なんだか軍隊の訓練(軍属した事は無いが)の様な気がしてきてしまう。


自分にとってはそれほど命がけであるし、自分一人で出来る範囲を考え、人様に迷惑を掛けないよう、準備をしていく。
それを常に念頭に置いて行動したいものである。



と何が言いたいかわからなくなった所で、まとめたいと思います。





アイコンタクト出来る猟友が欲しい!!






となる訳だ(笑)
それは人か?犬か?はたまた。。。




息子と一緒に猟に行く。
憧れちゃうなぁ。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 3,657日目 早い物で後1週間 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。