星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

狐雨からゲリラ豪雨まで

2017-06-30 23:54:11 | その他
朝日新聞6月28日のことばの広場 校閲センターから にわか雨
狐雨からゲリラ豪雨まで


ことばの広場の欄には常々興味を持って読んでいます。
今回、いろいろな「雨」が登場しています。

「雨」といえば、高橋順子・文、佐藤秀明・写真、発行所・小学館、「雨の名前」です。
「雨の名前」が422語掲載されています。



朝日新聞の記事に登場する「雨」を「雨の名前」の本から
「にわか雨」:
俄雨・にわかあめ」急に降りだし、それほど待たずに止む雨。「急雨」「通り雨」「驟雨」もほぼ同意。
急雨・きゅうう」にわか雨のこと。類語に「早雨」。
通り雨・とおりあめ」ひとしきり降って、間もなく腫れ上がる雨。にわか雨のこと。「夕立」「驟雨」は夏のにわか雨。
神立・かんだち」神の示現の意で、雷、雷鳴を示す言葉だったが、雷はは雨をともなうことが多く、夕立、雷雨のことをもいうようになった。地方によっては「かだち」「かんだちあめ」「おかんだち」などという。
白雨・はくう」・夕立。にわか雨。雹(ひょう)のこともいう。「ゆうだち」「しらさめ」
とも呼ぶ。太い雨脚や地を叩くしぶきに、薄れた雲間から日が差して白く見えるような雨。
狐雨・きつねあめ」日が照っているのに、降り落ちる小雨。「狐」は人を騙し、からかうという言い伝えからきた言葉だろう。「狐の嫁入り」「天気雨」「日照り雨」「日照雨・そばえ」「天泣・てんきゅう」などがある。
狐の嫁入り」晴れているのに、バラバラと気まぐれに降る雨のこと。狐にとっては、こういう天候がよいお日柄なのだろうか。嬉しくもあり悲しくもあり、という嫁御寮の心得を、狐の行列に仮託した夢幻の景。
天泣・てんきゅう」晴れわたった空から降る雨。遠くに流れていった雲からの雨が蒸発しながら降る現象というが、見えないくらいの薄い雲から降るとも考えられているそうだ。それはさておき、「天が泣く」とは一体いかなる人の命名か。
夕立」「ゆだち」とも。夏の夕方などに急に烈しく降ってくる雨のことで、ここで降っていても隣町では降っていないというような雨。昔から夕立は「馬の背を分ける」とか、「牛の背の片側には降らないなどと、局地的な降りを面白くいう。「よだち」「白雨・しらさめ」「白雨」ともいう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TBCラジオに生出演のCD | トップ | 西住小学校「史跡めぐり」感想文 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。