星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

天文年鑑2017年版

2016-12-20 23:05:57 | 
天文年鑑2017年版を購入した。



創刊69年となりました。

管理人が最初に購入した天文年鑑は1964年版です。
来年版で54冊となります。
この1年、天文書の購入はこの天文年鑑のみです。
月刊天文雑誌2誌は購入しています。
数年前までは毎月1万円程度の予算で天文書を購入していましたが、半分以上は読まず、
つんどく(積ん読)状態でした。
以前は、天文書を購入し、読んで勉強していましたが、最近はインターネットでも情報は
得られるし、町の図書館でも借りられるということもあり、購入は止めることにしました。
また、この歳になると知識を1個入れると、2個出ていく状態でもあり無理して詰め込む
ことはないと思ったところです。
天文年鑑も毎月の天文現象などはインターネットで情報が得られるのですが、これだけは
購入することにしています。

2017年 注目の天文現象
1月4日、未明にしぶんぎ座流星群が出現(月明りなく好条件)
1月10日、全国でアルデバラン食。ヒヤデス星団の星々も隠される
1月12日、金星が東方最大離角
2月14~15日、おとめ座γ星の食(2つの3.5等星からなる二重星)
4月1日、水星が東方最大離角。夕方の水星としては最も好条件
4月8日、木星がおとめ座で衝。スピカの北で輝く
6月15日、土星がへびつかい座で衝。環の傾きがほぼ最大
8月8日、食分0.25の部分月食が全国で見られる
8月13日、未明にペルセウス座流星群が極大(月明りあり)
8月22日、アメリカ横断皆既日食(現地は21日)
9月12日、水星が西方最大離角。明け方の水星としては最も好条件
9月17~19日、明け方の東の空に月と金星、水星、火星が集合
10月6日、明け方の東の空で金星と火星が大接近
11月11~12日、レグルス食が全国で見られる
12月14日、ふたご座流星群が極大(未明に月齢25の月)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阿武隈天文同好会・月例会 | トップ | 空襲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。