星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

ニホニウム 元素と地名の関係

2017-06-22 23:51:37 | その他
朝日新聞6月14日、ことばの広場~校閲センターから~
ニホニウム 元素と地名の深い関係
 
昨年話題となった、
日本生まれの初の元素である113番「ニホニウム」がこの春、理科の教科書の一部に載ったという。
ニホニウムと同時に名付けられた他の3元素は、
117番:「テネシン」:アメリカ・テネシー州から
115番:「モスコビウム」:ロシアの首都から

国名元素
87番:「フランシウム」:フランスが由来
84番:「ポロニウム」:ポーランド出身の科学者マリー・キュリー、ポーランドのラテン語
95番:「アメリシウム」:アメリカ大陸から
63番:「ユウロピウム」:ヨーロッパ大陸から

47番:「銀」は逆に、国名の由来となっている。
    大航海時代スペイン人が、南米を流れる川を「ラプラタ」(スペイン語で銀)と呼んだ
    のがきっかけで、銀のラテン語名アルゲントゥムが元となって、国名「アルゼンチン」が
    生まれました。銀の元素記号Agもアルゲントゥムからとっている。

ニホニウムを発見した理化学研究所(埼玉県和光市)と最寄り駅を結ぶ道路は、市民らの投票で
「ニホニウム通り」と名が付きました。

管理人は、化学出身。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しばた100選を見てみよう... | トップ | 三角点・弓附山・白石市、その後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。