「フォームが悪いとケガをする」という一例

2016年10月14日 | スポーツ障害

下の動画は5日前の練習の一コマです。

夏前の故障の影響で長々とリハビリを積んできた結果、ようやく自己ベストを更新できた瞬間です。

しかし、この日を境に私の腰は抜けそうに痛い…

原因は、崩れたフォームで無理やり挙げたから!!!(゚Д゚)ノジゴウジトクダネ!

ま、非常に強い筋肉痛(腰仙部の筋膜炎でした)といった類ですので深刻なケガではありません。

でもね…

翌日はほんとに仕事休んでしまおうかと思うくらい痛かった(;´∀`)

当然、自分で治療しましたよ…

で、何とか持ち直しましたが、お仕事ができるレベルに回復してしまうのが逆に恨めしくも思える日々をここ数日送っておりました。

今日はと申しますとですね、痛いながらも練習いけそうでウキウキです!!(゚∀゚)ヤタ~!!

おっと、本題に移らなきゃ(汗)

なんで動画を貼ったのかと申しますと、

中学生にこそウエイトトレーニングが必要です!~障害予防&回復のためにスクワットをしよう~

続・中学生にこそウエイトトレーニングが必要です!~障害予防&回復のためにスクワットをしよう~

でお話ししてきた故障の原因、「フォームの狂い」から傷めた決定的瞬間が映っているからなんです。

問題の瞬間はしゃがんでバーベルをキャッチして立ちあがる時です。

腰を丸めて「う~~~ん!!!」って粘っている瞬間がありますが、

これで腰仙部の筋膜炎をしょい込んでしまったんですね。(^^;

フォームがいかに大切かを逆説的にではありますが知っていただける機会になるかと思います。

みっともない姿が映っていますが、もしよかったら見てみてください!

では、トレーニングに行ってきます!!!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・中学生にこそウエイトト... | トップ | 肩関節の障害について講義し... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。