症例アプローチ 【バネ指】 trigger finger

2015年11月27日 | 治療の話

私事ではありますが、近々ホームページのリニューアルをすることになりました!!\(◎o◎)/

素晴らしい!

しかし、良いことばかりではないらしく、現在のHPに掲載されている「ばね指」のページがなくなってしまうかもしれないのだとか。

「それはいかん!」ということで、「ばね指」の記事をちょいとブログに転載することに。

これ、私のお師匠さんのDrから教わった方法でずいぶん前にアップしたコンテンツではありますが、今尚お役立ていただける内容です!

まだご覧になってない方はぜひご一読ください。

―――――――――

バネ指の治療法は、通常であれば手術しかないと言われがちですが、切らずに済む方法があります。
次の手順をご参照ください。

写真(1) 左の人差し指が患部の場合


バネ指を起こしている指の根本を 写真(2)のように固定して、伸ばします。
写真(2) 段差のあるところで、人指し指を固定する
 

写真(3)

指のつけ根を、右手で固定します。右手で左人指し指を「引き延ばす」方向に力を加えます。

写真(4)

右手の「伸ばす」力に左の指は伸ばされまいと「耐える」ように力を入れながら、ゆっくりと伸ばします。


ポイントは写真(4)です。

人指し指は右手に伸ばされまいと努力します。 患部の指は上の力に耐えながら、じょじょに引き伸ばされる格好になります。

この方法を5回程度、繰り返します。

1セット目で痛みの増悪がなければ、もう1セット追加します。

痛みが増してしまう場合は、5分ほどアイシングをしてください。

※この方法は指の状態によって、やっていい時期(炎症の収まっている時期) と、やってはいけない時期(炎症の強い時期)がございますのでご注意ください。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頸肩腕症候群・坐骨神経痛用... | トップ | 四肢体幹の連動性を高めるエ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。