なかなか言えない痛みの相談:会陰部から骨盤内腔の鈍痛

2015年09月15日 | 治療の話

時折、会陰部から奥へ響く鈍痛の相談を受けます。

ダイレクトにそういった相談が来ることはまずないのですが、

治療が進む中で「実は…」なんて話になる感じです。

で、そんな相談で結構あるのが大内転筋や内閉鎖筋、骨盤底筋のトリガーポイントという故障です。

「大内転筋 トリガーポイント」の画像検索結果

図版引用:トリガーポイントフリップチャートより「大内転筋」

 

場所が特定できれば治療は簡単です。

ただし、一回の治療でオールオッケイ!とは行きません。

それは、上記の筋肉たちがへばってしまう背景に、骨盤部から股関節部の安定性の低下があるからなんです。

下半分の腹筋群と殿筋の機能低下が考えられますので、長く患ったケースでは特にトリガーポイントの治療だけでなく

運動療法も必要になります。

そうでないと、治療で痛みが引いても再発の繰り返しが続いてしまいます。

思い当たる節がある方はこの動画のエクササイズを試してみてください。

症状が緩和されるようでしたらビンゴ!かもしれませんね。(^^;)

エクササイズは4分あたりで紹介しています。

では、どうぞ。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胸鎖乳突筋由来の頭痛=筋膜... | トップ | オスグット病の痛みが長引く... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。