頸の痛みと仙骨の操作

2012年08月20日 | マニュアルメディシンの話

身体は各パーツが一つのユニットとして機能しているのだと思います。

手であれ足であれ、互いに影響を与え合って「ひとつ」の働きを実現していると、

日々の臨床を通じて、そう実感しています。

 

ですので、私の治療では頸の痛みといえども、全体を評価します。

 

この動画、頸椎症の講義の模様なのですが、

頸部の動きを改善するのに仙骨(骨盤)に働きかけているんです。

面白いと思いませんか?

 

ケースバイケースではありますが、仙骨に不具合があっての頸部の不具合であった場合は

やっぱり仙骨に手が入らないと頸は動いてくれません。

そうした経験が積み重なった今、やはり身体は全体で一つの装置なのだなと思えてならないんです。

 

専門家向けの内容ですが、私の治療の一端をお見せできると思いますので、

もしよろしければご覧になってみてください。

 

あ、そうそう。

たまに「骨盤の矯正はできますか?」と問い合わせがありますが、

できなきゃウソですよ(笑)

必要であれば必ず手を入れていますので、ご安心ください。

 

でも、

痩身目的の「骨盤矯正」はできません。。

期待に添えず申し訳ない…

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイッチバックテクニック | トップ | 頚の痛みと筋連鎖-前頚部深... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。