ランナーズニー≒腸脛靭帯炎の治療

2011年09月02日 | 治療の話
ランナーAさんの話。

今年のはじめに出たレースで左膝を痛めて以来

ジョギングの翌日、左膝の外側が痛む日々に悩まされています。

痛みがなかなか治まらないので、

2~6月の4ヶ月間は走らずに、脚をやすめて見たそうですが

再び走り出すと膝は相変わらず…


という経緯をたどり、ご来院いただいたのが7月末のことでした。


お身体を調べてみると、痛みの出所は腸径靭帯と外側広筋の隙間にあるようでした。

今は大きな炎症はなく、傷跡として瘢痕治癒(※)した状態のようです。

※腸脛靭帯と外側広筋の間がいくぶん、へばりついた状態と考えてください。

よく「腸脛靭帯炎といわれた」といらっしゃるケースではままあることです。

「腸脛靭帯炎」は、大腿骨と腸脛靭帯がこすれあって炎症を生じた状態なので、

Aさんの現状を腸脛靭帯炎とは言いませんが、

故障の成り立ちは同じなので、ランナーズニーというくくりでお話しは続けますね。




痛みを取り除くにはこの部分の動きを取り戻せばいいのですが、

膝が傷つく原因となる問題を解決しなければ、



痛みが落ち着く→走り出す→再び痛みがぶり返す



といったことを繰り返してしまいます。


さて、そうなると

Aさんの故障の原因を探さなくてはなりません。

Aさんの膝を傷つけている原因とは、一体全体なんなのでしょう?



答えは簡単。



左の腸脛靭帯を引き伸ばすような 「走り方」 が犯人です。

そして、そのような走り方しかできない理由は

身体のそこここに居座る 「体癖」 です。


Aさんの場合、

○胸郭(胸)と骨盤が、左に捻じれやすい癖が付いている。
(この状況では見かけ上、右足が長く、左脚は短くなる。)

○足首が反りにくく内に返りやすい癖が付いている。

といったところが特徴的でした。

この身体で走れば左へ身体が流れてしまい、

左の膝の外側の靭帯が引き伸ばされ続けることになります。


治療としては、

固く縮みこんだ組織を和らげることで

関節を自由に動かせる環境を作り、

正しい関節の位置関係を作り上げるための

エクササイズを自宅でも続けていただきました。



初回の治療で5~6キロのジョグでは痛みが出なくなり、

その1週間後の2回目の来院時には10キロでも痛まなくなっていました。

しかも、いままでキロ6分のペースだったのが

キロ5分で走れたとのこと。


さて、この効果は何によるものなのでしょうか?


私の治療が素晴らしかったから?(そうだったと思いたい(笑))

それもあるかもしれませんが…

Aさんの回復は、指定したエクササイズを

きちんとこなしてくれたことが大きかったように思います。


10月にはハーフのレースに出場予定。

経過を見るに、順調に行けば間に合いそうです。





とよたま手技治療院では、

スポーツ障害に対し「手技療法」と「機能訓練」を両輪に治療を進めてゆきます。

お困りの方があれば、どうぞお気軽にご相談ください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【事務局よりご案内】セミナ... | トップ | 9月 「ショートコース」キャ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。