中臀筋症候群のセルフケア

2013年11月24日 | セルフケア

「中臀筋:ちゅうでんきん」という筋肉は股関節の外側にある筋肉で、

過労に陥って故障すると腰の付け根に重苦しい痛みを生じます。

下の図をご参照ください。

図版引用: TRAVEL&SIMONS’ TRIGGER POINT FLIP CHARTS Lippincott Williams& Wilkins 

図の「×」のところが痛みの出所で、「トリガーポイント」と呼ばれるものです。

東洋医学では「阿是穴:あぜけつ」といいます。

トリガーポイントの特徴は痛みが幹部から離れた個所にまで広がる点にあります。

痛い場所には原因がないので、一生懸命痛む場所に湿布を貼っても解決に至らない。

なんてことになるわけです。

と、前置きが長くなりましたが、

今日はこの中臀筋のセルフケアをご紹介します。

下の動画はランニング障害のセルフケアとしてまとめたものですが、

13分以降に中臀筋のテニスボールマッサージを紹介しています。

セルフチェック法と合わせて紹介していますので、もしよろしければご覧になってみてください。

「試してみよう!」と思われた方は3分33秒からの「注意事項」をご覧ください。

それではどうぞ!

http://youtu.be/m0-8TFjgEBM

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テクニックの効力について | トップ | ポジショナルリリーステクニ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。