動画で紹介:外反母趾のセルフケア

2015年04月05日 | セルフケア

 

今日は外反母趾についてお話しします。

足の土踏まずには3つのばねがあります。

図版引用:「カパンディ 関節の生理学 下肢編」より

親指側から踵に向けた「内側縦アーチ」

小指の付け根から延びる中足骨のお尻から踵の間に「外側縦アーチ」

五本の指の付け根でできた「横アーチ」

これらのアーチは足の指を動かす筋肉たちと靭帯で支えられています。

 

そこを踏まえて…

 

 

現代の生活は靴を履いての生活ですよね。

とがった小石もガラスの破片も何のその!

靴は現代の僕らには欠かすことのできないツールの一つです。

とっても便利な反面、足の指は使われにくくなっています。

その証拠に足の指の短い人が多いこと多いこと。

特に小指なんて爪がない方や骨自体が一個足りないなんてことすらあるそうです。

要は退化しているということでしょう。

それだけ足の指は使われていないんですね。

ちなみに、10代から20代前半を道場の畳の上で裸足で過ごした私の足の指は長かったです。はい。

一時は拳大の石を足の指で握りこみ、川面で「水切り」ができたほど、足の指は効いたほうでした。

それが今ではフツーの指に…

前みたいに長くもないし…

あ、脚も短くなってる気がするなぁ(-_-;)

へ?それは元から?

 

ん?話が逸れてる!?

はい、すみません(-_-;)

 

話を戻して、

これらのアーチが保たれ、適度に働いてるうちにはそうそう悪いことにはなりません。

しかし、運動習慣の喪失、生活上での運動強度の低下…要は便利な道具で楽していると、

アーチを支える筋肉も痩せ衰えるんですね。

するとどうなる?

アーチはぺったんこにつぶれちゃいますね。

そう、偏平足になるっとことです。

偏平足で横アーチも広がると、足先の幅は横へと扇のように広がってしまいます。

でも、靴は今まで通りに足先を締め上げますね。

するとどうなる?

親指と小指は中指の方向へぐいぐい押し込まれることになりますね。

そうした状況が続くと、親指と小指の指の付け根の靭帯が伸びてゆきます。

すると時期にグラついた関節が出来上がります。

その状況が続くと今度は関節が変形してゆきます。

外反母趾も行ききってしまうと骨を切って整復する手術が必要になります。

そうなる前に試してもらいたいのが動画のエクササイズです。

これ、僕のオリジナル。

手入れの前に踵と親指の付け根をぴったり揃えて、親指の間に指何本分の隙間があるのか確認してから始めてください。

もちろん手入れの後にも同じチェックをしてください。

多くのケースで改善を見ることになるでしょう。

 

このエクササイズは、外反母趾や内反小指のほかにも、

偏平足や、なんとハイアーチにまで聞いてくれる優れものです。

偏平足とハイアーチなんて真逆の状態なのになぜ同じエクササイズで効果を引き出せるのか不思議に思われるかもしれません。

このエクササイズは、骨の位置を正すストレッチ的なものではなく、

足、という器官の「機能=働き」を取り戻す、

という仕組みで成り立つものなんです。

なので、足の機能の崩れ全般に効果を発揮してくれるということなのです。

もちろん、万能ではありません。

炎症がある最中は使うことができませんし、変形が進んだ状況では大きな変化が得られないこともあるでしょう。

ま、変形のケースで炎症が落ち着いていたら「トライアル」で行うも良しですが。

ともあれ、エクササイズを行う場合は「自己責任」でお願いします。

迷ったら専門家へ相談ましょう。

 

おっと、もう一つ言い忘れたことがありました。

外反してしまった親指を元の位置に戻す筋肉たちや足のアーチを保つ筋肉たちは

5番目の腰椎あたりから神経が伸びてきます。

なので、腰の付け根が不安定だと上手に目的の筋肉を使うことが難しくなるんです。

『自分はどうか?(;´・ω・)』

と思われたら、うつ伏せになって脚を自力持ち上げてみてください。

挙がりにくかったり、腰の付け根に引っ掛かりを感じる場合は「黒」である可能性も高いです。

そんなケースでは、お尻の筋肉を鍛えることも重要です。

そんな問題にはこちらがおすすめです⇒https://youtu.be/EZW7av2ZyzY

タイトルには「走るための」とありますが、

紹介したエクササイズは「身体を機能させる」ためのエクササイズですのでここで紹介したケースにも有効です。

難しかったら、こちらもお勧めです。

脊柱と骨盤の支えに使われる筋肉(姿勢筋)と手足を動かす筋肉(相動性筋)の働きを正常化するのに役立ちます。

脊柱の安定性を高めることができるので、腰痛や頚椎症なんかの治療でセルフケアエクササイズとしてお勧めすることもあります。

https://youtu.be/QTh2wNlJCEc

※この動画は未編集の動画で何の説明もありません(汗)

はじめにどれだけ反れるのかをチェックしましょう。

脚に挟むものは脚が腰幅になるような厚みの物、枕でもタオルでのなんでもOKです。

内腿の付け根に近い部分に挟んで後ろ歩きを20~30秒行ってみてください。

エクササイズの前後で股関節の後方への動きが大きくなっていることにお気づき頂けると思います。

このエクササイズを終えたら前出の親指のチェックをしてみてください。

腰椎からの影響が大きかったケースでは、外反の程度に変化がみられますよ(^_-)-☆

以上、お役立て下さいm(__)m

=おしまい=

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動画で紹介:膝の痛みのセル... | トップ | 動画で紹介:肩関節の調整法... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。