副業で稼ぐ!自動アフィリエイトを組み立てるためのノウハウを提供しています。

アフィリエイトを限界まで自動化させた自動アフィリエイト。仕組みをウェブ上に作り上げれば、あとはブログとメールを書くだけ。

今だけ無料プレゼント中!

s_kazokusyasinnhouti

↑↑↑このメルマガについて詳しくは画像クリック!

まったく新しい稼ぎ方無料メルマガ!

あなたの知っている方法とはおそらく違う形ですよ。

今だけ、9つの無料プレゼントがありますよ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

24種類のジャムと6種類のジャム、どちらが売れる?

2016-11-29 06:58:23 | 日記

komaru


【24種類のジャムと6種類のジャム、どちらが売れる?】


こんな面白い実験があります。


ジャムの試食会を開いて、


テーブルに24種類のジャムを載せて試食してもらった時と、


6種類に絞って試食してもらった時。


この2つの場合、どちらが試食したあとに買ってもらえるか、の実験です。


どっちがより売れると思いますか?


 


「テーブルに24種類も載っているなんて壮観だから売れそうだ!」


「たくさん選べるものがあったほうがたくさん買うんじゃないの?」


と思う方が多いのではないでしょうか?


では実際はどうだったかというと、6種類のほうがたくさん売れました!


しかも少しの差ではなく、なんと、


6種類のほうが20%の人が買ってくれたのに対し、


24種類のほうは2%しか買ってもらえなかったそうです。


その差10倍!


ここまで明らかな差が出るものなんですね。


 


この原因は何かというと、人間の本能。


「人は、たくさんの選択肢を見せられると選ぶことにストレスを感じる」


というものです。


自分がその試食会に出てると想像してみると、納得できます。


「こんなにたくさんの中からいいものを探すのか、面倒だな。」


とか、


「少しづつ試せるといっても、全部試すのは嫌だなぁ。」


という気持ちがきっと起こってくるでしょう。


結局買わなかった人の気持ちも分かります。


それに比べて、6種類だったら全部食べて決めるのも簡単そうですよね。


 


お店側としては、


たくさんの選択肢を用意するのはお客のためになる、


と考えてしまいそうですが、実は逆。


お客の立場からしても、選ぶのが簡単なほうが嬉しいのですね。


何かを勧めるときは、相手に合わせて1つに絞るか、


比較できるように3種類くらいにしたほうが結果が良くなるようです。


 


商売でよくやってしまう間違いなので、


気を付けていきたいですね!


 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェイスブックは情報発信に適している!

2016-11-27 21:15:18 | 日記

前回、販売のためには情報発信が最優先だ、という話をしました。


<参考記事>


なぜビジネスでは情報発信を最優先にする必要があるのか?


今現在、情報発信のために一番使えるものは何か?と言えば


フェイスブックが真っ先に挙げられるでしょう。


一番の利点は、年齢層がビジネス向きだということ。


「最近の10代の子はフェイスブックをやらない。」という記事を見たことがありますが、


考えてもみてください。


ビジネスにおいて10代の子をターゲットにする場合なんてごく稀ですよね。


大体、情報発信のターゲットとしたい年齢層は、20代以上ではないでしょうか?


そう思うと、フェイスブックの年齢層はドンピシャだと思います。


それに加えて、基本的に実名登録で、原則的に一人1アカウントなので


他のSNSと比べて信用度が高いのもいい点です。


ただ、なりすましにはご注意ください。


<参考記事>


【悲しい】フェイスブックで罠にはまる男性たち


こういうなりすましに引っかかるとどんどん友達申請が来て迷惑することになります。


気を付けましょう!


どこでも悪いやつはいますからね。


 


フェイスブックについては、


「プロに聞いたフェイスブック活用術」


というのにまとめています。


無料メルマガの登録特典にしているので、


・安全に友達をどんどん増やしたい方


・友達申請よりもフォローを利用する方法


・ターゲットとなる方とつながる方法


などの内容になっています。


他にも登録特典を8個用意しているので


興味のある方は、メルマガ登録してみてくださいね。


メルマガ登録特典の一覧へ


 


toukouuetop100
このまんがの拡大版は→まんが拡大


 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行動の結果得られるものは、パズルの1ピース。

2016-11-25 06:50:01 | 日記

kenja


喜多川泰著「賢者の書」。最高の本です。


ある少年が、8人の賢者に、夢を叶えるために必要なことを


1つずつ教わっていくというお話。


最初の賢者が教えてくれたのは、「行動する」ことでした。


”行動することが成功に必要だ”とよく聞くかと思いますが、


この本では少し変わった見方がされています。


夢が叶うことを大きな絵を完成させることと例えているのですが


普通の考え方だと、


「行動をしていればいつか成功が手に入る時がくる」


と考えますよね。


つまり行動の結果、いつか大きな絵が手に入る時がくるという考え方ですね。


 


でも実は、成功はパズルのようにたくさんの小さなピースの寄せ集めで出来ていて、


そのピースを集めることで形作っていくものだそうです。


つまり、一つ何かの行動をしたら一つ小さなピースをもらえる。


また一つ行動をしたらまた一つ小さなピースをもらえる。


これの繰り返しで夢を叶えるための材料が集まってきて、


夢が現実のものとなっていくそうです。


これが経験を積み重ねる、ということなのですね。


 


そして、重要なのは、大きな絵を描こうとすればするほど、


つまり夢が大きければ大きいほどパズルのピースは増えていくことです。


しかも、ピースが多くなるほど、どこに使えばいいのか分からないピースも増えていきます。


こんな経験がないでしょうか?


大きなパズルを買ってきてやろうとしたら、


黒一色とか白一色のピースがたくさんあってどこに使えばいいか見当がつかない、ということ。


これに似たことが起こるそうです。


行動の結果手に入ったものが、どう考えても役に立たなそうなものだとガッカリしてしまいますが、


いざパズルが完成してみると、役に立たなそうなピースが必要だったことに気づく、というわけですね。


「あの時の辛い経験がここに使われることになっていたんだな。」


「あの経験がなければここを埋められなかったのか。」


といった具合に全てが必要なピースだったと気づきます。


だから、行動の結果手に入ったものを、うまくいった、失敗した、といちいち考えずに


どんどん行動を起こしていけばピースがたくさん集まってきて


自然と絵が完成していくようになる・・・というお話でした。


 


一つ一つは成功でも失敗でもなく、全ての経験を重ねることで


夢が叶うようになる。


初めて読んだときは衝撃を受ける考え方でしたが、


今では本当に納得しています。


恐れずに何かやってみよう!という気になりますよね!


 


toukouuetop100
このまんがの拡大版は→まんが拡大


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なぜビジネスでは情報発信を最優先にする必要があるのか?

2016-11-24 21:20:31 | 日記

ビジネスをしていく上で最優先にするべきこと、それは、


自分から情報を発信することです!


商品を扱っている場合、それがどんなに良い物だとしても


使ってみないかぎり価値が分かりませんよね。


ただ、化粧品のサンプルや試食販売のように


すべてのものが購入前に実際に使ってみられるのならいいのですが、


そうはいかないものも多いですよね。


使ってもらう前に良さを分かってもらうにはどうしたらいいか?


やはり情報をこちらから発信していくしかないんです。


 


親戚で結婚相談所を営んでいる方がいるので例に出すと、


お客様に入会をしてもらうのが目的になりますよね。


でも、実際に相談所に入会するのってかなりハードルが高いですよね。


お金がどれだけかかるかわからないし、


何か必要なものがあるかわからないし、


お付き合いの経験が少ない人だとしたら、


どうすれば異性に好印象を持たれるかも知りたいだろうし、


お見合いになったときの段取りも知りたいだろうし・・・


こう考えてみると入会をしてもらうまでにお客様は色々なことを


悩んだり不安に思ったりするのです。


 


結婚相談所の場合、お試し入会というのもやりにくいですし、


仮にあったとしてもそこに申し込むハードルもけっこう高いんです。


料金だけで悩むわけではないですからね。


そんな時に、役立つ情報を自ら発信している相談所と、


料金表だけホームページに載せている相談所ならどちらが信頼できそうでしょうか?


やっぱり情報発信しているほうですよね!


 


だから、ビジネスにおいて情報発信はとても大事なんです。


情報発信は、お客様に自分の扱う商品の価値を感じてもらうためのもの。


情報発信=価値提供なのです。


価値を提供すればするほどお客様の悩みや不安は少なくなりますし、


申し込みまでのハードルも下げることができます。


 


ネットビジネスにおいても同じで、情報発信が決めてとなります。


アフィリエイトの場合だと、ネット上で商品を売ることになるので


実際にお試しできないことが多いですよね。


相手に価値がまったく伝わっていないのに、


「あれがいいんだ。これがいいんだ。」


と言っていても信用してもらえません。


 


それなら、


その商品によって解決されるものは何か?


どんな人に向いていて、どんな人には向いていないのか?


自分から購入したらどんなメリットがあるのか?


他の購入者はどんな結果を得ているのか?


などをお伝えすれば判断材料になりますよね!


 


これを上手にやっている人は案外少ないのです。


自分から情報をお伝えすることが相手のためになる、


ということを常に意識したいですね。


 


では、情報発信をするといっても実際にはどうすればいいのか?


それを次回にお話しします。


このブログはアフィリエイトに関してのブログなので


ネットビジネスの話、としてお話しますが、


リアルビジネスでもまったく変わりません。


同じ方法で大丈夫ですよ!


 


toukouuetop100
このまんがの拡大版は→まんが拡大


 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見栄っぱりがお金を失ってしまう理由

2016-11-24 06:59:22 | 日記

sizuroku


本田静六先生の、「私の財産告白」という良書があるのですが


この本の中ですごく気に入っている箇所があるので引用します。



「節倹がいかにもしみったれな、吝嗇(けち)であるかのように罵られやすい。


ここで、たいていの人には節倹の辛抱ができなくなり、また辛抱ができ難いことの口実になってしまう。


だが、今日の実際生活には、世間から吝嗇とわらわれつつ金を残すか、


あるいはまた世間から気前がよいとおだてられつつ一生ピイピイして過ごすか、


二つの中一つを選ばなければならない。」


「前者は初めケチン坊と罵られても、のちには実力の蓄積によって本当に気前のいい人になり切ることもできるが、


後者は気前のよさにおいても実はたいしたこともできぬくせに、


のちにはかえって、哀れなものよ、馬鹿よ、意気地なしよと罵られ、


ついには他人に迷惑をかけることが必須である」



財産を築くために、最初はどうしても元手が必要です。


そのために、節倹、節約をしなければいけない時期があるのですね。


出費を見直し、節約をすることがケチだという人がいるけれど、


実はただ消費の衝動を抑えきれていないだけ。


実際には、しっかりお金を残すことができるか、


お金を残すことができないかに二分されてしまう。


そして、お金を残しておらずに、浪費のクセを付けてしまっている人は


最後には蔑まれ、人に迷惑をかけるようになってしまう、ということだそうです。


あなたの周りの人のことを思い浮かべてどうでしょうか?


私の頭に浮かぶ人たちはほとんどこの言葉に当てはまっています。


 


見栄をはってお金を持っているように見せようとして、


出費を増やしてしまうと最終的には何も残せない人になってしまいます。


名誉欲というのは強いもののようで、見栄で人生を踏みはずしてしまう人も多いですよね。


例えば、ブランド品を、


「周りのみんなが持っているから」


のような理由で欲しがったりする女性も多いようですし、


女の子がいるクラブで、お金を使わされてしまう男性も


よく話に聞きます。


そんなことをしていても、本当に何も残せませんよね。


 


見栄を張りたくなる気持ちを抑えて将来を見据える、


それが大切だと改めて思いますね。


 


toukouuetop100
このまんがの拡大版は→まんが拡大


コメント
この記事をはてなブックマークに追加