ホッ・・と一服 (東洋雑談室より)

…なになに? ○○社員の雑談を覗いちゃおー
http://www.toyosogo.co.jp/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

滝巡り

2016-06-29 | 安・近・短 シリーズ

   
涼を求めて 山奥の滝に行ってきました。 
『 土々呂の滝 』 で 今までも何度も来ていますが 直近では2年前の夏に来ています。 こうしてみると ここに限らず よく同じところに来てますなぁ~。 


   
 
昨今 ニュースなどで山中で気になるのは 『 クマ & イノシシ 』。 しかし、此処 土々呂の滝では 『 マムシ 』 なのです。
遊歩道に 行くとこ行くとこに 『 マムシ注意!! 』 の貼り紙が・・・・。 
ちょっと、ちょっと、そんなにおるんですか? 地面に目を凝らして 出くわさないように進みます。


     
やがて滝に到着。連日の雨のせいか、水量も多く、轟音をとどろかせ 落差30mを一気に落下しております。 凄い迫力です。
水しぶきで すぐずぶ濡れになるのですが 今回は風がないためか大水量の割りに濡れません。



   
     
滝上に廻ると小さな神社があります。 山崖を見ると ”ギョッギョ、 へび! ” と 思いきや・・・・ 彫刻でした。 今まで何回も来ていますが 気がつきませんでした。 
守り神も変わったものばかり・・・ なんとなく御利益よりは 罰を受けそうです。

 
ここにはもう一つ、土々呂の滝の上流に落ちる滝があります。 十連寺の滝と 言うそうです。 上に十連寺というお寺があるからです。


 
しばし涼んだ後、 帰りは 道の駅にて 地元名物の 『 半田そうめん 』。 そうめんよりは太いが うどんよりは細いという代物。
周井を見回しても だれも食べていない。 でも、名物なんだから 食べんといかん という熱き思いから注文しました。
本当は 蕎麦がほしかったんですけど。

 
   
ついでに展望台も はじめて上がりました。 『 吉野川 』 の西端から東端まで 見渡せます。
日本三大暴れ川( 利根川(坂東太郎)、筑後川(筑紫次郎)、吉野川(四国三郎)の3つを指す )の一つのこの川は 昔は氾濫し地域を苦しめたようですが、近年はそれもないようです。




 


  
-------------------------------------------------------
高松市内の賃貸物件をお探しなら是非当社へ!
高松の不動産・賃貸のことなら 東洋総合開発
TEL:087-866-1040
HP:http://www.toyosogo.co.jp/
-------------------------------------------------------
  
 
 
 
 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花の季節 その2

2016-06-22 | 安・近・短 シリーズ

  
 紫雲出山の標高は、荘内半島の中で最も高い352m。 山頂展望台からの長めは抜群!! 天気のいい日には、南は四国山地、北は瀬戸の島々を見ることができます。

  ・・・・・・とは ネットにかかれた案内文ですが、現実は この日は又もやの あいにくの天気。


  
東方向に 雲の切れ目に うっすら見えるのが 以前訪ねた 『 粟島 』。
あの島 周囲をてくてくと歩きましたわ。 なかなか良かったでんなぁ・・・・
他の未踏の島々達にも ”早くおいで~” と呼ばれているようです。
 


  
ここ紫雲出山のアジサイは その花の大きさでは ピカイチです。
いままでも アジサイをあちこちで見ましたが おそらく一番大きいのではないでしょうか。
山頂の駐車場は 大勢の見学者の車で 満車状態。 駐車できるまで 暫く待たされました。
歩道沿いの アジサイの開花状況の感じからみて もう暫くは楽しめそうです。



          
 
この荘内半島は 浦島太郎で有名です。
浦島太郎が亀を助けたという伝説が残る丸山島があります。
丸山島は日本の夕陽百選にも選ばれている場所。 昼間であっても なかなか美しい景色です。
ちょうど 潮が引いて島を結ぶ遠浅の砂浜が現われて 一帯が地続きのロケーションとなっていました。


 


  
-------------------------------------------------------
高松市内の賃貸物件をお探しなら是非当社へ!
高松の不動産・賃貸のことなら 東洋総合開発
TEL:087-866-1040
HP:http://www.toyosogo.co.jp/
-------------------------------------------------------
  
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花の季節

2016-06-14 | 安・近・短 シリーズ

   
 ① 知る人ぞ知る 西植田 『 勝名寺 』 の紫陽花。 境内の裏斜面全体に咲いている。 結構地元では有名らしい。そこそこの人が訪れていました。

  
 ② 公渕公園のあじさい。ここはいつもタイミングがむつかしい。
いままで 早すぎて開花してない、遅すぎて枯れてしまった、が多い。
群生している紫陽花園ですが 今回訪問時の開花状況は まずまずよかったが なぜかいつも白色の花・・・ 青や赤に色づくことがあるのかな・・・と、疑問に思います。

 
道中なにか食べようということで 立ち寄ったセルフうどん店。 普段、あまりぶっかけは食べない私ですが・・・・この日は なにを思ったのか・・・

まず、カレーチャーハンの小皿を取ります。  このカレーチャーハン、食べにかかると 見かけによらず分量があるし 第一うどんに味が合わない。

うどんは 『 温玉肉ぶっかけの温かいの 』。 多少の汁が入って肉うどんとの違いがはっきりせず。 おまけに欲張って ねぎとわかめと生姜も載せて・・・ ぶっかけが ごちゃ混ぜのせいか なんともややこしい味になってしまった。
 いっそ、シンプルに肉うどんだけにすれば良かったと思った次第です。 シンプル イズ ベスト!

   
 ③ 大窪寺裏山のアジサイ園。 入園調査のため売店でカードをもらい現地の箱に投函して入場です。(カードは無料でくれます)
最近 時々マスコミで目にする大窪寺のあじさい園ですが、入場者の調査をしているということは 結果次第では ひょっとしてこのアジサイ園は なくなるかもしれません。
あじさい見学の折には 存続のためにも是非ここにも足を運んでみてください・・・・



 


  
-------------------------------------------------------
高松市内の賃貸物件をお探しなら是非当社へ!
高松の不動産・賃貸のことなら 東洋総合開発
TEL:087-866-1040
HP:http://www.toyosogo.co.jp/
-------------------------------------------------------
  
 

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第31回長尾ショウブまつり

2016-06-10 | 安・近・短 シリーズ

   

約15万本のハナショウブが宮池の周辺に紫・白・黄・ピンクと色とりどりに咲き誇り来場者の目を楽しませてくれます。
2回目が 6月12日(日)9:00~15:00(予定) に行われますので 1回目を見逃した方は ぜひ。 


 

恒例の さぬき舞人が 新曲でよさこい踊りを披露。 鍛錬されたよさこい踊りをご覧あれ! 


 
 


  
-------------------------------------------------------
高松市内の賃貸物件をお探しなら是非当社へ!
高松の不動産・賃貸のことなら 東洋総合開発
TEL:087-866-1040
HP:http://www.toyosogo.co.jp/
-------------------------------------------------------
  
 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あじ竜王山公園とは

2016-06-06 | 安・近・短 シリーズ


最近、『 あじ竜王山公園 』 と称するものが 新しく出来たらしい。
『 竜王山 』 と聞くと 塩江方面の讃岐山脈を思い浮かべますが 庵治半島にも同じ名前の山があるんですね。

   

では、ネットから説明文を載せておきましょう。

高松市立あじ竜王山公園は、庵治町建設計画に基づき、庵治町の竜王山に、平成28年4月20日にオープンしました。
「瀬戸の風景を体感できる公園」、「自然とのふれあいができる公園」、「アートと 遊べる公園」の3つのコンセプトを併せ持つ、魅力的な公園を目指して、平成18年から事業着手し、全体面積約22.5ヘクタールの内、約3ヘクタールに、 展望広場、合併記念広場、彫刻広場などを整備してまいりました。
また、山頂にある展望台ウォッチタワーは、現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」の新規アート作品となっております。

   
   
   
 
印刷した地図を片手に 行ってみましたが あいにくの天候で霧の中・・・・ 
なので、残念ながら 「 瀬戸の風景を体感できる公園 」 は体感できませんでした。 
これについてはまたの機会ということにしておきます。 

庵治石の地元ならではの公園で 石の作品がたくさん展示してありました。

   
   
   


登山時は 山の西側から 案内板に従って 道幅は狭いものの 迷うことなく行けました。
下山時は 東側へ抜けようとしたものの 倒伏しかけた樹木が幾度と無く道路をふさぎ、前進するのに難儀しました。 
東へ降りることは 止めておいたほうが無難です。
 
   

また晴天の時に 景色を見に出直したいものです。

 
 
 


  
-------------------------------------------------------
高松市内の賃貸物件をお探しなら是非当社へ!
高松の不動産・賃貸のことなら 東洋総合開発
TEL:087-866-1040
HP:http://www.toyosogo.co.jp/
-------------------------------------------------------
  
 
 


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加