「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」 (新約聖書 ローマの信徒への手紙12章15節)

光が丘キリスト教会
東京都練馬区春日町4-37-26
練馬春日町徒歩8分・光が丘駅徒歩10分

チャリティー・ゴスペル・ライブへのお誘い

2013年10月30日 | 牧師日記
11月24日(日)の午後2時から4時の予定で、私たちの教会でチャリティー・ゴスペル・ライブが催されます。   昔のアニメ(覚えておられるでしょうか)「未来少年コナン」の主題歌を歌った山路ゆう子先生をお招きしてのライブです。   山路先生は現在、東北各地を慰問のために回っておられますが、お忙しい中お時間を割いていらしてくださいます。     先 . . . 本文を読む
コメント

きっと神様が君を見出す…Tell them (作者不詳)

2013年10月15日 | 牧師日記
  14年ほど前の話だ。 私は立って、神学の開講授業に列をなして入っていく大学の生徒たちを眺めていた。 その日は、私が初めてトミーに会った日だった。 彼は肩の下6インチにもなる髪を結んでいた。 私の彼に対する最初の印象はとても「奇妙」だった。 そう、とてもね。 トミーは結局、私の最大の試練となった。 彼は常に、無条件に神を愛することについて反抗的だったし、嘲笑っていた。 . . . 本文を読む
コメント

教師のための『コリントの信徒への手紙第一』13章

2013年10月09日 | 牧師日記
  たとえ、私が生徒たちに全てを完璧に教えられるとしても、彼ら一人一人を愛していなければ、誰もいない教室に向かって叫んだ方がましだ。 たとえ、私が全ての教育の問題を解決できるとても、もし愛がなければ、私の努力は無益だ。 たとえ、私があらゆる教材を買うことができ、そのために犠牲を払ったとしても、愛がなければ、一切は無駄である。 愛は、難しいと感じている生徒たちに何度でも繰り返し教え . . . 本文を読む
コメント (2)

親のための『コリントの信徒への手紙第一』13章

2013年10月07日 | 牧師日記
    家がきれいで、手入れが行き届いているとしても、もし愛がないなら、私は家事係に過ぎず、温かな家庭を築いているとは言えない。   家をワックスで磨き上げ、美しく飾ることを生きがいとしても、もし愛がないなら、子供は、清潔さは学んでも、敬神さを学ぶことはない。     愛は、子供との楽しいひとときのために埃は気にかけないでおくことも . . . 本文を読む
コメント

わたしは道である、ということ

2013年10月05日 | 牧師日記
イエスは道である。     道であるのはひとりの人である。     ということは、この道は、そこを歩いてどこかに行かなければならない道ではない。     この道は、道であると同時に目的地である。     この道に立った時、人は、問題の解決を見る。     (それを解けな . . . 本文を読む
コメント

物を作る目的

2013年10月03日 | 牧師日記
物を作るとき、作る人にはその目的は明らかです。     ペンは書くため、紙は記すためです。     作る人には明らかです。     作られた側には分からないでしょう。 「一本の木だったはずが、どうしてバラバラにされてペラペラにされたのか」なんて。         &nb . . . 本文を読む
コメント

Christian Proverbs

2013年10月02日 | 牧師日記
興味深い動画を発見しました。     YouTubeにアップされていたんですが、クリスチャンたちの格言を紹介しているものです。     ぜひご覧ください。 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=B9fXqCcqtQU     主を誇る、ということ以 . . . 本文を読む
コメント

楽観主義者と悲観主義者

2013年10月02日 | 牧師日記
  人々の世界観をよく理解するために、研究者が二人の子供たち、一人は悲観主義で、もう一人は楽観主義の子を別々の部屋に置いた。 悲観主義の子は、想像力に富んだおもちゃが一杯のカラフルな部屋に置かれ、楽観主義の子は馬糞に満ちた部屋に置かれた。 最初の子は、しばらくの間、部屋で遊んでいたが、すぐにおもちゃに飽きて、またすぐに壊れるといって、部屋から出たいと言った。 一方、若い楽観主義の . . . 本文を読む
コメント