「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」 (新約聖書 ローマの信徒への手紙12章15節)

光が丘キリスト教会
東京都練馬区春日町4-37-26
練馬春日町徒歩8分・光が丘駅徒歩10分

今週の説教「ぶどう園と農夫」(新約聖書・ルカによる福音書20章9節から19節)

2017年08月14日 | 今週の説教

【今週の予定】

●8/15(火)火曜礼拝(9:00-10:00)

●8/16(水)聖書を読む会(19:30-20:30)

●8/19(土)洗礼準備会(13:00-14:00)

●8/20(日)学び会(9:00-10:00)、礼拝(10:30—12:00)、ぶどう狩り(12:00-12:30)、中高生会(12:30-15:30)

★8/15(火)の説教:尾崎牧師

聖書・コリントの信徒への手紙第一12章31節後半から13章13節

説教題「愛がなければ」

★8/20(日)の説教:尾崎純牧師

聖書・ルカによる福音書20章20-26節

説教題「神のものは神に」

 

ルカによる福音書20章9-19節

9イエスは民衆にこのたとえを話し始められた。「ある人がぶどう園を作り、これを農夫たちに貸して長い旅に出た。10収穫の時になったので、ぶどう園の収穫を納めさせるために、僕を農夫たちのところへ送った。ところが、農夫たちはこの僕を袋だたきにして、何も持たせないで追い返した。11そこでまた、ほかの僕を送ったが、農夫たちはこの僕をも袋だたきにし、侮辱して何も持たせないで追い返した。12更に三人目の僕を送ったが、これにも傷を負わせてほうり出した。13そこで、ぶどう園の主人は言った。『どうしようか。わたしの愛する息子を送ってみよう。この子ならたぶん敬ってくれるだろう。』14農夫たちは息子を見て、互いに論じ合った。『これは跡取りだ。殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。』15そして、息子をぶどう園の外にほうり出して、殺してしまった。さて、ぶどう園の主人は農夫たちをどうするだろうか。16戻って来て、この農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えるにちがいない。」彼らはこれを聞いて、「そんなことがあってはなりません」と言った。17イエスは彼らを見つめて言われた。「それでは、こう書いてあるのは、何の意味か。

『家を建てる者の捨てた石、

これが隅の親石となった。』

18その石の上に落ちる者はだれでも打ち砕かれ、その石がだれかの上に落ちれば、その人は押しつぶされてしまう。」19そのとき、律法学者たちや祭司長たちは、イエスが自分たちに当てつけてこのたとえを話されたと気づいたので、イエスに手を下そうとしたが、民衆を恐れた。

→説教原稿・音声

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「思い悩むな」  | トップ | 今週の説教「愛がなければ」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今週の説教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。