狭山福音教会の聖書ショートメッセージ・レジメ・コラム・例話(キリスト教 )

大阪狭山市にあるプロテスタントキリスト教会。JEC狭山福音教会の牧師による聖書ショートメッセージ・コラム(説教 例話)。

メッセージコラム#1706-1(川崎 豊信師)

2017-06-22 20:44:18 | キリスト教

一群のライオンが、イスラム過激派の攻撃からクリスチャンを救う

 これはご自分の民を救うた)神の頻な介入の証しです。「中東のための聖書」の責任者であるポール・シニラジ牧師は、彼と他のクリスチャンが三頭のライオンによって死から救助されたと証ししています。
「奇跡が起こったのは今年のイースターの日でした( 2017年4月16日)。」

 シニラジ牧師は、大勢の元イスラム教徒にバプテスマ を授けた後、他のイスラム教徒の石打ちにあい、頭部に重傷を負い、友人の家で回復の時を過ごしていました。

 「突然、鉄棒などの武器で武装したイスラム教の過激派グループが、私たちの家に来ました」と同牧師は報告しています。
 
 シニラジ牧師は、これが自分の地上での終わりだと思いました。できることは一つしかありませんでした。祈ることです。
 
 その後、真に聖書的なことが起こったのです!「まったく意外なことに、ライオンが森から駆け抜けてきて、武装グループに向かって飛びかかり、一人の首を捕まえました。他の戦闘員がそのライオンを攻撃しようとしたとき、さらに二頭のライオンが出てきて、彼らに飛びかかりました。
 恐ろしさのあまり、武装した3人は逃げ出し、ライオンたちは私たちを残して、去って行きました!」と牧師は言いました。「同様に驚くべきことに、記録によれば、この森にライオンは生息していないのです」と彼は言いました。

CFNJニュース「鹿のように」https://www.bibleslmideast.eom/

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メッセージコラム#1702-2(... | トップ | メッセージコラム#1706-2(... »

キリスト教」カテゴリの最新記事