狭山福音教会の聖書ショートメッセージ・レジメ・コラム・例話(キリスト教 )

大阪狭山市にあるプロテスタントキリスト教会。JEC狭山福音教会の牧師による聖書ショートメッセージ・コラム(説教 例話)。

メッセージコラム#168-4(川崎 豊信師)

2016-09-16 15:21:44 | キリスト教
赦しといやし


「中風の人に、『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて、寝床をたたんで歩け』と言うのと、どちらがやさしいか。人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるために。」こう言ってから、中風の人に、「あなたに言う。起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい」と言われた。すると彼は起き上がり、すぐに床を取り上げて、みなの見ている前を出て行った。」
マルコ 二:九~一二


 小さな男の子が、祖母のペットであるアヒルをある日殺してしまいました。偶然に、パチンコで飛ばした石がアヒルに当たって死んでしまったのです。

少年は、誰も見ていないと思ってアヒルの死骸を裏庭に埋めました。そして誰にも言いませんでした。
 その後に、少年は彼の妹が、実はすべて見ていたことを知ったのです。そして妹は、この事実を使って脅すようになりました。

 兄弟で皿を洗うように言われたとき、あるいはゴミを出しにゆくよう言われた時、、妹が耳元でささやくのです。「アヒルを思い出しなさい」。するとそのみじめな少年は、妹の分の仕事までするように仕向けられるのです。
 
 これではたまらないと、少年は祖母のところに行って最大の勇気を振り絞って、彼のした過失を告白しました。
すると驚くことに祖母は少年を抱いて、感謝を表わしたのです。「私はあの時、キッチンの窓から一部始終を見ていましたよ。あなたを赦しますよ。私は、あなたがいつか妹の脅迫に疲れ果てて私の所にやってくるかと待っていたのよ」。

 サタンは、わたしたちの罪を告発しますが、神はわたしたちの罪をゆるす方です。イエスは主であると信じて、悔い改めの祈りをすれば良いのです。するとサタンの居場所はなくなるのです。
ではイエスは本当に神であるのでしょうか。

 マルコ二章において、イエスは中風の人に、「起きなさい」という前に「あなたの罪は赦された」と言われました。いやす前に罪のゆるしを宣言したのです。

 イエスは神です。聖書にはこの事実がはっきりと書かれています。イエスは、中風の人をいやすことによってそれを証明したのです。
 
 「あなたの罪はゆるされた」の方が「起きて寝床をたたんで歩け」と言うことよりもたやすいのです。
 しかしその逆は、全能者でなければできません。イエスはこの証明のためにこの順序で行ったのです。
 しかも、罪のゆるしと、いやしの両方を、完全にやってのけたのです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メッセージコラム#168-3(川... | トップ | メッセージコラム#169-1(川... »

キリスト教」カテゴリの最新記事