森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

県民の森の観察会  春はそこまで

2017年03月06日 | 自然観察会
啓蟄の3月5日は県民の森で観察会です。 春見つかるかな。

春 はじめ                                         

コケがはがされています。 鳥たちが繁殖のための巣材としてコケを集め始めているのです。春ですねえ。
シジュウカラやサンショウクイの声がしました。

その2

ブンゴウメ 誰が食べたのかな。                                                         


誰も食べない タンキリマメの種 ということで皆で食べてみました。 とても固いのですが がりがりしてると 意外と香ばしくておいしかったです。

Sさんが見つけたホコリタケ なんと枯れ枝に生えてます。

地面に生えるのだとばかり思っていました。 押したらホコリ(胞子)は出ましたので 普通?のホコリタケみたい。


シカも食べないアセビの花。 こんなに可愛くてきれいなのにね。

この森にもグルメはいる。

早々と タケノコを食しているのは イノシシさん。さすがだねえ。ちゃんと皮を取ったら 食べるとこすごく少ないと思うけど 皮むいて食べてます。

池のヒキガエルの卵が オタマジャクシになりそうです。 引っ越し急がねば。 春は忙しいですねえ。

新入学 新社会人の皆様  おめでとうございます。  おヒキは明日引っ越します。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
                                               
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陣屋の村整備 春の陣 | トップ | ヒキガエルのお引越し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。