森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

サイエンス・カフェ おんせん県大分

2016年10月15日 | サイエンス・カフェ
今日のサイエンス・カフェは お水の専門家 炭本氏 再び  ということで温泉がテーマです。

参加者がとても少なくて 残念でしたけど お話はとても面白かったです。

まず各自のテーブルに配られたのは 汲んできたばかりの温泉水。  飲料可のもの。 この飲料可というのがミソ
「眠気覚ましにどうぞ」と 炭本氏 そうです。知ってる人は皆知ってる 塚野鉱泉の水です。
まじぃ~~   炭酸水に硫黄と鉄分が溶け込んで しょっぱいような生臭い水なのだ。 胃腸によいそうです。

まずは温泉のでき方から。
ここでもびっくり。温泉って地下のマグマにあっためられた地下水が出てくるのだけだと思っていた。
なんと 地面の下の方はあたたかいので(40度C) そこで雨水が地下水になり、暖められて出てくるのもあり。
もう一つは 「化石海水」  初めて聞きましたわ。
海水が地面の中に閉じ込められて そこをボーリングすると出てくる。 なんかやたら塩分濃度の濃い温泉だそうです。
大分にも一カ所あって 一般公開はしていないので 入れません。 でそこで何をしているかというと この塩水から塩を作って販売しているそうです。
こうなると 温泉と言えるのか 訳わかりません。
では 温泉とは というと 25度C以下でも いろいろ溶け込んでいたらOKなのね。 25度cって水やん。

大分には すべての種類の温泉が たくさんのお湯とともに湧き出ていて 日本一なので おんせん県って言ってもいいよね。
別府のように 隣の温泉では水質が違うとか よくあるのだけど
 ほかの県ではあまりなくて お湯が出ているのも一カ所でそこからみんな引いているので質も同じといのが 多いのだそうです。
すごい 自慢していいのねと 思ったのですが 炭本さんのお話はこれからがミソ
大分んしは 体にいいと聞くと温泉水を大量に飲んだり 治療のためにどんどん温泉につかったりしてますが これが要注意です。

大体温泉水の飲料は 一日に500mmリットルが限度。一回には150~200mlにしときなさいよ という指針があるそうです。
ましてや ヒ素やらラドン入りは 論外です。
また入浴の際 入ってはいけない人についても 決まりがあって 熱がある人 病気の人 とかまあ考えれば当然なのですが
温泉に入ったら 治る という考えはなんというか 当たり前の話にもなっていて病気だからこそ温泉に入るとなっています。

大分はあまりにも温泉が多くて 昔から利用してるので なんだか野放しだなあ 
弊害とかないのか少し心配になりました。 でもこれから寒くなるとやはり温泉であったまりたい。隣の2丁目(我が家は3丁目)にも
温泉があるので歩いていけるのだ。また入りに行こう。  成分分析表も貼ってあるはずだから ちゃんと読もう。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトとイヌがネアンデルター... | トップ | 農林水産祭 in別府 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。