KOfyの「倍行く」人生

バイクで人生を“2倍”楽しみたい。勝手気ままな備忘録。

ポケットストーブでラーメン作りテスト

2017年03月21日 | キャンプ用品あれこれ
アマゾンで286円で購入したエスビットのポケットストーブもどき
ダイソーで購入したニチネンのパック燃料27gでインスタントラーメン作りのテストをしました。


   

   


燃焼時間が18分-20分あり、炊飯しているYouTube動画もあるので、
ラーメンは簡単に作れると思っていました。

100均のパック燃料27gを使用しメスティンで炊飯



メスティンに比べて雪平鍋の熱伝導が悪く、負荷も大きかったせいか
鍋の底に小さな泡ができる程度で、下記の温度の目安によると、
60-70℃程度しか上昇しなかったので、台所のガスコンロでラーメンを作りました。


■お湯の泡の量と温度の目安
・底から小さい泡が立ち始めるのが60℃位
・その泡が大分増えてくると70℃
・その泡が底面全体から出てきて、泡がすぐはじけるようになると80℃
・小さい泡だったのが、大きめの泡になってくるのが90℃
・その大きめの泡がぼこりぼこりと少し出始めたのが95℃
・大きい泡がぼこぼこ出る頃は沸騰して100℃


鍋の蓋のありなしで温度情報の影響はあると思います。
一方で、屋外なら風の影響を受けるので、もっと条件は厳しいと思います。

結果、コーヒーのお湯沸かし程度と考えておいた方がいいでしょう。


パック燃料の燃焼後は、小さな煤の塊になり、汚れ防止用のアルミテープは
裏が熱のためにお焦げ状態になったので、これの利用機会はまずないでしょう。


   
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月19日(日)のつぶやき | トップ | 3月20日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。