KOfyの「倍行く」人生

バイクで人生を“2倍”楽しみたい。勝手気ままな備忘録。

グルメサイトの予約機能

2017年05月18日 | 世の中あれこれ
グルメサイトは食べログを筆頭に、ぐるなび、ホットペッパー、Rettyなど
群雄割拠になっています。
私は、主に登録店舗数の多さから食べログを使っていましたが、
食べログの点数評価に疑問を感じています。

メニューの紹介はぐるなびやホットペーパーが優れていると思いますが、
いかんせん、掲載店舗数の限界から検索に引っかからない場合があります。


今まで、幹事などをする際には、場所と料理のジャンルを決めて検索し、
予約する際には、直接お店に電話していました。

この方式だと、サイト運営者側としては単なる広告モデルで、
仲介手数料はほとんど見込めなく、専用の予約電話で若干の手数料を稼ぐしかないでしょう。

ところが、実際にサイト上のネット予約して分かったのですが、
これは、見事に仲介モデルとして、店側の負担も減らし、利用者も便利で、
サイト運営者もより多くの売上は見込める、三方良しの状態だと思いました。


以下は実際に利用した感想です。

1.電話だと、お店の担当者がなかなか電話口に出てこないことがありますが、
  ネットは自分のペースで関の空き状況の確認や人数、メニューの予約ができます。

2.予約した内容のリプライメールが着信し、予約に間違いがなかった確認ができます。(数分後)

3.店側から歓迎メッセージと予約内容確認のリンクが送信されてくる。(2時間後前後)

4.人数が1人減ったので、変更のメッセージをサイトのシステムを通じて送信。

5.リプライメールで送信メッセージの確認が直ちに送られてくる。

6.人数変更が完了したことをメールで報告がある。(15分後)

自由記述した内容を読み取って予約内容の変更につなげるのは、
AIの技術で自動対応しているのか、運営者の人間が一部対応しているのか不明だが、
少なくとも、加盟店サイドは情報の閲覧ができるようになっているが、
細かく対応する必要が無いようになっているみたいです。

とても便利で確実です。

利用した後は、例によって決め細かく、PRのメールが送られてくるのでしょうが。。。。



■参考情報

 ・飲食店が登録するおすすめのグルメサイトは?:グルメサイト徹底比較

 ・食べログVSぐるなび対決!どっちがいいか比較しました

 ・ぐるなびvs食べログ~グルメサイトの成長可能性をみる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月16日(火)のつぶやき | トップ | 5月17日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。