KOfyの「倍行く」人生

バイクで人生を“2倍”楽しみたい。勝手気ままな備忘録。

8月22日(火)のつぶやき

2017年08月23日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アドベンチャーな新スクーター、ホンダX-ADV

2017年08月23日 | バイクあれこれ
低・中回転域で力強く扱いやすいことで知られるNC750系用エンジンをベースとした、
排気量745㏄の水冷並列ツインを搭載した街中からオフロードまで楽しめるコンセプトのホンダX-ADV。

シート下には容量21Lのラゲッジスペースで、フルフェイスヘルメット1個のみを収納。。。

このバイクに関して、大人のバイク時間モトライズで中野さんや福田さんが高い評価をしていました。

ネット情報を色々調べてみました。

Honda X-ADV 試乗 WEBミスター・バイク 3:16

※排気音や可変式スクリーンの操作が確認できます。



X-ADVの税込み価格は、120万円から124万円と高めの設定です。。
Suzuki スカイウェイブ650LXは税込みで111万円。
ヤマハT-MAX530は124万円から135万円。
NC750Xは税込74万円からDCT搭載のトップモデル92万円まで。
・1クラス上のCRF1000Lアフリカツインは税込138万円から149万円まで。


TMAX530やスカイウェイブ650と比べると同じ価格帯なんでしょうけど、
NC750XのDCT、Eパッケージをスクーター形にしただけで、
メーカー希望小売価格が30万円もupだと・・・???

NC750X-DCT、ローダウン、Eパッケージだとシート高、車重もほぼ同じで、
ラゲッジスペースも1L多い。

収納を重視したスクーターならSUZUKI スカイウェイブ650、走り重視ならヤマハのT-MAX、
お手軽なアドベンチャーツーリングならホンダ NC750Xを選択するでしょう。。。。

なんか中途半端なバイクと思うのですが。。。。



■参考情報
ホンダ X-ADV 試乗インプレ・レビュー:バイクブロス

<試乗インプレ>HONDA X-ADV(2017年):オートバイ & RIDE

アドベンチャー 系 バイク まとめ比較!(2014 - 2016):NAVER まとめ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加